【20代~30代に急増中?】目元のシワは他人事じゃない!

目元のシワが目立ち始める30代。

今まさに目元の薄いシワを発見してうろたえている30代の方も少なくないのではないでしょうか?

【20代~30代に急増中】目元のシワは他人事じゃない!

まさか30代で目元にシワができるなんて…とガッカリ感を隠せない人もいらっしゃることかと思いますが、目元のシワは20代で出始めるケースも少なくありません。

深いシワは、それなりの年月を経て刻まれていくため、若い世代で起こることはほぼありませんが、薄いシワ、いわゆる小ジワやちりめんジワと呼ばれるものは20代~30代でも比較的多く発生し、決して他人事ではないのです。

そもそも目元は年齢に関わらずシワが発生しやすい要注意パーツ!

普段何気なく行っているお手入れがシワの原因となっている可能性もあるため、正しいお手入れの仕方をきちんと身につけ、お肌に負担をかけないスキンケアを実践していく必要があります。

20代~30代であらわれる小ジワであれば、お手入れ次第でなくすことも可能◎

次回は目元ジワの原因と注意点についてまとめていきますので、小ジワにお悩みの方は是非チェックしてみてくださいね(^_-)-☆

そもそも…目元にシワができる原因は?

目元にシワが出来やすい理由は大きく分けて二つ。

一つ目は皮膚や皮下脂肪が薄いこと、そしてもう一つは頻繁に動かすパーツであることです。

まず一つ目の「皮膚や皮下脂肪が薄い」という点についてですが…そもそも皆さんは目元の皮膚がどのくらいの厚さなのかをご存知でしょうか?

目元の皮膚は、顔の他の部分に比べても薄く、頬の1/10ほどの厚さしかないと言われているんですよ~(◎o◎;)

皮膚が薄いということは、様々なダメージを受けやすく、乾燥しやすいということ!

さらに皮下脂肪が少ないことも相まって、他のパーツに比べて非常に乾燥しやすいのです。

乾燥は目元にシワを作る最大の要因!

今後シワを進行させないためにもしっかりと保湿ケアを行うようにしましょう。

そして二つ目の理由である「頻繁に動かすパーツ」について。

これは、まばたきをしたり、目を動かすとそれだけで皮膚の伸縮が起こり、何もしなくても肌に負担がかかってしまうんですね(x_x;)

その上、目を酷使して眼精疲労になると、眼球だけでなく目の周りにまで血行不良が引き起こされ、血行が悪くなって肌代謝が低下。

肌代謝が低下するとうるおいを保つ働きが弱くなってしまうため、結果的に十分な水分をキープできなくなり、小さなシワが発生してしまう、というワケです。

いかがですか?
こうして小ジワの原因を見ると、20代~30代でも無縁でいられないのは納得ですよね。

むしろ、まだ20代だから30代だからと油断していると、将来取り返しがつかない肌トラブルに発展してしまう可能性も…。

目元のシワを侮るなかれ。

20代、30代のうちから乾燥と目の疲れ対策を積極的に行い、ハリのある元気な目元を維持できるよう努めましょう◎

出来てしまった目元のシワは改善できるの?

「一度できたシワはどうにもならないの?」

このような不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが…ご安心ください(ノ∀`)?

乾燥が原因で引き起こされた薄いシワであれば、スキンケア次第で改善される場合があります。

では何をすれば良いのか。
答えはいたってシンプルです。

乾燥によって引き起こされたシワは保湿で改善すべし!!
いつも以上に丁寧な保湿を心がけ、たっぷりの潤いを与えてあげましょう。

また、この時に通常のスキンケアアイテムに加えて、目元専用の美容液やクリームを取り入れると、より効率的にケアすることができ、目元のシワに有効です。

これは目元に特化したスキンケア製品が、皮膚の薄い目元に使用することを前提として作られていたり、刺激が抑えられていたり、浸透しやすいといった工夫がなされているため。

中には、美白成分が配合されているアイテムもあるので、目の周りのくすみにお悩みの方は、美白効果がプラスされている製品を選ぶのも良いでしょう。

ただし、目元に塗る際に強い力を加えてしまっては、せっかくの効果も台無し。

これは目元専用コスメに限ったことではありませんが、お手入れをするときは、肌に負担がかからないようソフトタッチで行うようにしましょう◎

スキンケアを見直して目元のシワを予防しよう!

目元のシワを予防するためには、乾燥対策に加えて紫外線対策が必須!

紫外線はシワを作り出す大きな要因の一つ。
しっかりと予防のケアをしていくことも大切です。

また、乾燥対策という点で言うと、これは普段のお手入れのやり方が非常に重要になってきます。

しっかりとアイメイクを施していると、落とすときに専用のリムーバーでゴシゴシとこすってしまいがちですが、これは絶対にNG!

皮膚が薄い目元のメイクを落とすときは、出来るだけ力を加えずに、じっくりとリムーバーをなじませてから軽く拭き取るようにしましょう。

もちろん、洗顔をする時、洗顔後に水気を拭き取る時などもゴシゴシこすらないようご注意を◎

目の周りはやさしく撫でるように洗い、タオルで拭く際も、軽く抑える感覚で水気を取ってあげると良いでしょう。

何はともあれ、目の周りの皮膚はとってもデリケート!

いかに目元がダメージを受けやすい場所なのか、シワが出来やすい場所なのかをしっかりと頭に入れて、スキンケアをしてあげてくださいね(^_-)-☆