30代の肌荒れ・大人ニキビの原因とは!?【※実体験あり】

肌荒れが起こりやすい30代。

「20代の頃は肌荒れと無縁だったのに、最近頻繁に肌荒れに悩まされる…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな肌荒れと決別するためには、とにもかくにも“肌荒れの原因を探ること”が何より大切!

アナタの肌荒れ要因をしっかり突き止めて、以前の美肌を取り戻しましょう!

【知っておくべき!】30代が肌荒れしやすい原因とは?


30代は“お肌の曲がり角”を迎える年代。

この言葉通り、30代には肌荒れを起こしやすい要因がたくさん潜んでいます。

例えば皮脂量の減少。
多く分泌されても困ってしまう“皮脂”ですが、この皮脂はお肌の潤いをキープする上で不可欠なものです。

皮脂の分泌量は20代をピークに減少しはじめ、その後は少しずつ減少の一途をたどります。

30代はそこまでガクンと皮脂が減ってしまうワケではありませんが、間違ったスキンケアをしていたり、肌に負担のかかる化粧品を使っていると、30代でも皮脂不足に悩まされる可能性は大!

皮脂不足にならないためにも正しい方法でお手入れをしていく必要があります◎

また、家事や育児、仕事のストレスを受けやすいのも30代が肌荒れに悩まされやすい要因の一つ。

『ストレス=体に悪い』というのはもはや常識ですが、ストレスはお肌にも悪影響を及ぼします。

大きいストレスを受けると体内では大量の活性酵素(フリーラジカル)が発生してしまい、この活性酵素が細胞の炎症を引き起こしてしまうのですΣ( ̄ロ ̄lll)

さらにストレスはホルモンバランスを崩れさせる要因でもあり、ホルモンバランスの乱れも乾燥やニキビといった肌荒れを招きます。

他にも食生活の乱れや睡眠不足、冷えなど肌荒れ要因は身近なトコロにたくさん!

たかが生活習慣と思っている方は、それこそが肌荒れの原因となっているのかもしれません。

30代の大人ニキビはこんな原因で引き起こされる!


次に30代のニキビについて。

30代のニキビはいわゆる『大人ニキビ』呼ばれるもので、思春期ニキビとはそのメカニズムが異なります。

思春期ニキビはホルモンの影響で皮脂分泌が活発になり、それによってニキビが出来やすくなる。

その一方で30代に起こりやすい大人ニキビは、肌が乾燥することで毛穴が細くなり、皮脂が詰まりやすくなって肌荒れが引き起こされる。

まずはこの違いをしっかり理解しておく必要があります◎

そして、もう一つ。
大人ニキビには女性ホルモンも大きく影響してきます。

女性ホルモンの一種である『プロゲステロン』には、皮脂分泌を活発にし、肌の水分量を低下させる作用があるんですね~(ノД`)

「生理前に決まってニキビが出来る!」という方は、女性ホルモンが影響しているのかもしれません。

プロゲステロンが分泌される期間は、よりたっぷりとお肌に水分を与えてあげるのが◎。

そうしないと乾燥して余計に毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが出来やすくなってしまいますからね(ΦωΦ)!

ちなみに…私は、生理周期に関係なく洗浄力の強い洗顔料を使うと大人ニキビが出来ます。

「洗浄力の強い洗顔料は肌荒れの原因!」とよく言われていますが、これは本当の話。

気まぐれで洗顔料を変え、洗った後いつもより突っ張るかな?と思った数日後に小さな顎ニキビがポツポツと発生しはじめました。

一度治まって再チャレンジした時も同じように肌荒れが起こったので、あのニキビは間違いなく洗顔料によるものだと確信。

肌に合う化粧品を使うことも立派なニキビ予防の一つです。

季節が変わると様々なアイテムが各化粧品メーカーから販売されますが、お肌が安定している時は無駄に化粧品を変えないことも大事◎

出来る限り肌に負担がかからないよう化粧品選びにも注意したいですね。

重度な乾燥や大人ニキビは皮膚科を受診するのも一つの手◎


肌荒れを修復・再生する機能は、加齢と共に衰えていきます。

若い頃は傷の治りが早かったのに、年を重ねると簡単に治らない。
これはまさにその機能の衰えによるものです。

そのため肌荒れが起こった時は、自分で何とかしようとせずに、皮膚科を受診するのも一つの手段!

「乾燥やニキビで皮膚科を受診するのは気が引ける…」と思っている方もいるかもしれませんが、肌荒れを皮膚科で治療するのはまったくおかしなことではありませんし、セルフケアよりも断然治りが早くなります。

特にニキビは早い段階で皮膚科を受診するのが◎。

ニキビが重症化するとニキビ跡として残りやすくなり、30代ともなると一度出来たニキビ跡が簡単にはなくなりません。

肌表面が凸凹になる、いわゆるクレーター肌になってしまった場合は治らない可能性も大です。

ちなみに私自身も、30代になってニキビ跡の数々に頭を悩ませる1人。
ニキビは何とか治ってくれても、ニキビ跡はそうそう簡単に治らないですね~(-ω-`;)

皮膚科を受診した場合は内服薬や外用薬が処方されますが、やはりそれらの医薬品には市販されている化粧品やサプリメント以上の効果が期待できますので、早く治したい方は思い切って専門家の手を借りると良いでしょう。

*30代だけでなく20代の方もニキビが重症化する前に皮膚科を受診することをオススメします。

30代のスキンケアもやっぱり注目すべきは『保湿』!


最後は30代のスキンケアについてです。

これは30代に限ったことではありませんが、やはりとにもかくにも重要になってくるのが『保湿』です。

保湿不足のデメリットは…

●肌表面を守るために皮脂が過剰に分泌される。
●毛穴が細くなり、皮脂が詰まりやすくなる。
●↑によって大人ニキビが出来やすくなる。
●小ジワができる。
●たるみ毛穴など毛穴が開く原因になる。
●バリア機能が低下し、敏感肌になる。

と、分かりやすいところだけでもこのようなデメリットが!

ただし“保湿”と一口に言っても、ニキビが出来ている場合は少し気を付けてスキンケアをする必要があります。

というのも、保湿というと化粧水をつけて油分のあるクリームで蓋をして…というのが一般的ですが、ニキビが出来ている時に油分の多いクリームを使うと、その油分がアクネ菌のエサになって症状が悪化してしまう可能性があるのですΣ( ̄ロ ̄lll)

適度な油分は必要ですが、こってりクリームの塗りすぎは避けた方が無難◎
ニキビが出来ている時は、油分が少ないジェルタイプのものを選ぶと良いでしょう。

また30代は乾燥だけでなく、シミやシワといったエイジングサインが出始めるお年頃でもあります。

これらのサインを発見した時はそのまま放置せず、美白成分やワンランク保湿力の高い成分が入ったスキンケアアイテムに切り替えることをオススメします◎

皮脂の落としすぎにもご注意を◎


前回は保湿の重要性について書きましたが、肌本来の潤いを取りすぎないことも大切です。

熱いお湯で洗顔をしたり、肌を擦ってしまったり。
これらは必要な皮脂を取り、肌乾燥を招く要因になってしまいますので、スキンケアのやり方にも十分に注意するようにしましょう◎