50代の女性が肌荒れしやすいワケは!?オススメの化粧品成分

「年を重ねるごとにどんどん肌荒れが深刻になっていく…」
そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

特に50代の肌荒れは治りにくく、一度治っても繰り返しやすい厄介なもの!
では、そんな50代はどのような対処法をとっていけば良いのでしょうか。

今回は50代女性が知っておくべき肌荒れの原因とその対処法についてまとめていきたいと思います◎

まずは肌荒れの要因を見極めるべし!

私たちのお肌は年代ごとに状態が変化します。

生まれた時はシミ一つないモチモチぷりぷり肌、そして思春期になると成長ホルモンの影響で皮脂分泌が増え、それによってニキビが出始める。

20代になると皮脂バランスこそ整うものの、今度は乾燥がちょっとずつ気になり始める。

そして30代からはシミや小ジワが徐々に出はじめ、40代50代は乾燥が加速し、ハリが失われたり深いシワが出来てしまったりとエイジングサインが目に見えてあらわれる…。

あくまでも個人差はありますが、20代に入ると少しずつお肌が衰え始め、更年期に差し掛かる40代~50代はその衰えがどんどん表面化してしまいます。

特に50代の女性は、ホルモンバランスの乱れによって、ひどい乾燥やひどい肌荒れといった深刻な肌トラブルに見舞われやすい傾向にあります。

女性ホルモンが肌に与える影響に関しては次回詳しく書きますが、その他にも家庭内でのストレスや仕事上のストレスなど、50代女性は肌荒れを引き起こす要因が盛りだくさんな年代。

これではお肌の調子が安定しないのも無理はありません。

ですが、だからと言って肌荒れの改善が不可能だというワケではありません。

どんなにひどい肌荒れでも、その要因を一つずつ潰していけば、綺麗な肌を取り戻すことも十分に可能です◎

とにもかくにも大切なのは「なぜ肌荒れが起こっているのか」を突き止めること。

肌荒れの原因によって対処法が変わってくるため、しっかり肌荒れの要因を探っていくことが重要になってきます。

肌が荒れているからと、肌荒れに効くと謳う化粧品を使うだけでは不十分!
まずは自分のお肌の状態を見極めることから始めましょう◎

50代女性が肌荒れしやすいワケは女性ホルモンにあり?!


はじめに「女性ホルモンにどのような働きがあるのか」という点について書いていきましょう◎

まず女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、エストロゲンには女性らしい身体をつくり、子宮に作用し、妊娠に備えて子宮内膜を厚くする作用があります。

対してプロゲステロンは、受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態に整え、妊娠後は妊娠を継続させる働きを担っています。

が、しかしこの二つのホルモンは、お肌の状態を大きく左右するホルモンでもあるんですね(*´∀`*)b

エストロゲンは『美のホルモン』とも呼ばれるホルモンで、肌の潤いに重要な角層の水分を保持する役割や、真皮層のコラーゲンやエラスチンを合成する役割、さらにたるみやシワを予防する働きなどがあり、プロゲステロンには皮脂の分泌を促進する作用があるのです。

生理前にニキビが出来やすい人が多いのは、まさにこのプロゲステロンが皮脂の分泌量を増やすため。

プロゲステロンは、排卵後~生理前までの“高温期”に分泌される
ホルモンですから、分泌量が増えるこの時期に肌荒れが起こりやすくなってしまうワケです◎

しかし皮脂分泌そのものが減少する50代では、このプロゲステロンの減少が大きなダメージになってしまいます。

皮脂が不足することで、肌が乾燥しやすくなり、その結果バリア機能が低下する。

バリア機能が低下すると、ちょっとした刺激でも敏感に反応するようになってしまいますし、お肌を守る力が弱まるため、当然肌荒れが起こりやすくなってしまいます。

エストロゲンが減少すると、保湿機能が低下し、ハリや弾力も失われてしまう。
プロゲステロンが減少すると、皮脂分泌が減って、肌が乾燥しバリア機能が低下してしまう。

このように女性ホルモンは私たちの肌にも計り知れない影響を与えているのです。

40代~50代はこの女性ホルモンが急激に減少する悩ましい年代。

特に閉経前後の50代は、ホルモンバランスを整える食品を積極的にとり、ホルモン減少の原因となる睡眠不足やストレスから離れた生活を送るよう心がけたいですね◎

女性ホルモンを減らさないための対策法とは?


女性ホルモンの減少そのものを食い止めることはできませんが、必要以上に減らさないよう対策をとることは可能です。

たとえば、食生活の乱れやストレス、睡眠不足、体の冷え。
これらはすべて女性ホルモンの低下を招くNG習慣です。

栄養バランスが悪いとエストロゲンの材料が不足するため、エストロゲンの低下につながりますし、ストレスが大きいと自律神経が崩れやすくなり、ホルモンの量が低下します。

また、寝不足も女性ホルモンの分泌を低下させる可能性があり、体が冷えて血行不良になってもホルモンバランスの乱れを招きます。

当然のことながら、これらの要因はスキンケアでどうこうなるものではありません。

生活習慣の乱れは生活習慣を見直すことでしか解決しませんからね(^_-)-☆

また、ホルモンバランスを整える食べ物を積極的に摂っていくことも大切です◎

<50代必見!ホルモンバランスを整える食品>
★大豆食品(豆腐や納豆、豆乳など)
イソフラボンはまさにホルモンバランスが乱れがちな50代が意識して摂っておくべき栄養素!
大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをしてくれます。

★マグロやカツオ
マグロやカツオに多く含まれるビタミンB6にはエストロゲンの代謝に働きかけ 、ホルモンバランスを整える作用があります。

★ナッツ類
アーモンドなどのナッツ類に含まれるビタミンEには、脳下垂体や卵巣に働きかけてホルモン分泌をコントロ ールする作用があります。
また、高い抗酸化作用によって美肌効果も期待できます。

★ココナッツオイル
ココナッツオイルに含まれるラウリン酸はホルモンの生成に重要働きをする栄養素です。

ただしイソフラボンを過剰に摂取すると、逆にホルモンバランスが崩れる可能性があるため、摂取量には注意するようにしましょう。

乾燥や肌荒れとなると、どうしてもスキンケアにばかり意識が向いてしまいがち。

ですが50代以降の方は、よりインナーケアが重要になってきますので、スキンケアだけでなく生活習慣にも目を向けるよう心がけてくださいね♪

肌荒れしやすい50代が選ぶべき化粧品成分とは?


50代は肌乾燥を感じやすく、シワやシミといったエイジングサインも気になる年代。

そのため、それらの肌トラブルに積極的にアプローチする“攻めのケア”を行っていく必要があります。

保湿効果の高い化粧品を取り入れることはもちろんですが、メラニン色素を還元する作用のある『ビタミンC誘導体』や『ハイドロキノン』といった美白成分をはじめ、コラーゲンの生成をサポートする『FGF』や『プラセンタ』、『レチノール』といった成分が入っている化粧品がオススメです。

ただし、肌荒れしている時はなるべく刺激が少ない化粧品をチョイスするのが◎。

基本的にハイドロキノンは刺激が強いため、肌荒れを起こしている時の使用はオススメできません。

ビタミンC誘導体も種類によっては刺激が強く、さらに高濃度のものは肌への刺激も高まるリスクがあるため、慎重に選んでいく必要があります。

またレチノールもやや刺激を感じやすい成分ですので、使うときはパッチテストをしてから使用することが大切◎

やはり、効果が見込めるものはそれなりのリスクがあるため、注意して使い始めなければなりません。

50代にオススメの成分はやはり『セラミド』。

セラミドは刺激性の少ない成分であるとともに、保湿効果やバリア機能の強化など、肌荒れ改善に役立つ優秀な成分です。

ですがセラミドにも様々な種類があり、人間の皮膚に含まれるセラミドとほぼ同等の化学構造を持つ『ヒト型セラミド』や、石油原料から化学合成された『合成(疑似)セラミド』など、配合されている成分によって少なからず効果に差が出てくるため、こちらもしっかり確認していくことが大切。

高い効果が期待できるものほど高価になってしまいますが、50代以降の方はより高い効果が見込める『ヒト型セラミド』が使用された化粧品を選ぶことをオススメします。
*ヒト型セラミド…セラミド2、セラミド3、セラミドAP、セラミドNPなど

こんな肌荒れ要因にも注意しよう◎

今回はホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れが肌に与える影響についてまとめましたが、物理的なダメージも肌トラブルを引き起こす要因のひとつです。

物理的なダメージとは…紫外線ダメージや手と皮膚の間で起こる摩擦、クレンジング剤や洗顔料の刺激といったもの。

これらも肌に負担をかけ、バリア機能の低下→肌荒れを引き起こす要因になりますので、UVケアを徹底する、肌に負担をかけないようお手入れをする、といったことも気を配るようにしましょう◎