50代・40代のスキンケア!しわやたるみを作らないためには?

50代になると“しわ”や“たるみ”の悩みが深刻になってくるもの。

「昔はもっとハリがあったのに…」とガッカリしている人も多いのではないでしょうか。

【表情がシワの原因?】知っておくべきシワ・たるみの原因とは!

しわやたるみは化粧品で潤いを補ったり、コラーゲンの生成をサポートする成分を取り入れることでも改善が期待できますが、もうひとつもっと根本的なところも抑えておきたいところ◎

それは『表情』です。

しわもたるみも作らない、または改善するためには表情に注意することが大切◎

何を隠そう、眉間やおでこのしわは表情によって出来てしまうケースが多く、その癖が染みついて深くなってしまう場合があるのです。

またたるみも同様に表情が乏しく、表情筋が衰えることで皮膚を支えられなくなり下がってきてしまう…。

そう、『表情』というものはしわやたるみに大きく影響する非常に重要なポイントなのです。

もちろん、しわやたるみは肌乾燥やコラーゲン不足も関係してきます。

40代・50代になるとコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといったハリを支える成分がガクンと減ってしまいますし、角層の水分を保持する働きを持つ女性ホルモン(エストロゲン)の分泌も50代になると急激に減少してしまいます。

こういったことも年齢肌を加速させる原因になりますが、表情を意識することもとっても大切なこと◎

化粧品でお手入れすることだけがエイジングケアとは思わずに、しわやたるみを作らないよう顔の動かし方にも注意したいところですね(^_-)-☆

【知っておきたい!】シワが出来やすい人ってどんな人?

シミが出来やすい人とシミになりにくい人がいるように、しわが出来やすい人としわが出来にくい人もいます。

しわが出来やすい人は…

★乾燥しやすい。
★敏感肌である。
★紫外線対策をしっかり行っていない。

もちろん遺伝的に肌が丈夫かそうでないかという点も少なからず影響してきますが、大半は“お肌をどのようにケアしてきたか”で決まります。

そもそもしわは、乾燥やコラーゲンとエラスチンの減少、表情筋の衰えなどが原因で引き起こされるもの。

表情筋は表情を豊かにするよう心がけたり、顔のエクササイズをすることで鍛えることができますが、乾燥やコラーゲン・エラスチンの減少を避けるためにはスキンケアが不可欠です◎

特に注意すべきは紫外線。

紫外線を浴びても、すぐにしわが出来たりシミが出来たりするわけではないため危機感を持ちにくいのですが、浴びた紫外線は真皮にあるコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、数年後数十年後のお肌に確実に影響を与えます。

「紫外線対策をしっかりしてこなかった人=しわが出来やすい」というのも紫外線の影響を考えれば当然のこと。

また敏感肌になると、バリア機能が低下することで紫外線が肌内部に侵入しやすくなり、シミやしわが出来やすくなってしまうので保湿も徹底して行うことが大切です。

30代以降の方は、コラーゲンやエラスチンの生成を促す成分が入った化粧品を取り入れるのもしわを作らないための有効な手段ですよ(^_-)-☆