アルガンオイルの効果や使い方!【スゴイと言われるワケは?】

様々な美容効果が得られると注目を集めている「アルガンオイル」。

アルガンオイルは、モロッコ南西部にのみ生息するアルガンツリーの実の種子から抽出された植物オイルです。

近年、ホホバオイルやローズヒップオイルをはじめとする美容オイルをスキンケアやボディケアに取り入れる女性が増え、様々な植物油が話題にのぼっていますが、中でもアルガンオイルは注目度が非常に高く、その効果の高さから使い続ける人が後を絶ちません◎

そんなアルガンオイルの最大の特徴は、「ビタミンE」を多く含んでいるという点です。

ビタミンEといえば…、お肌の老化を防ぐ“抗酸化作用”をもつエイジングケアに効果的な成分!

アルガンオイルには、このビタミンEが美容オイルの発端となったオリーブオイルに比べ、2~3倍も多く含まれているのです。

また、アルガンオイルは肌なじみが良いのも人気の秘密です。

私たち人間の皮脂には、オレイン酸が41%含まれているのですが、このアルガンオイルには45%の比率でオレイン酸が含まれており、人の皮膚と比率が近いことからお肌になじみやすいという特徴があるのです。

スキンケアに取り入れても良し、ボディケアに使っても良し、さらに髪のパサつき改善にも使える「アルガンオイル」。

マルチな活躍をしてくれるのも嬉しいポイントと言えますね(^_-)-☆

アルガンオイルは化粧下地にも使える万能美容オイル!

アルガンオイルが多くの女性から支持される理由の1つ、それは「化粧下地としても使える」というポイントです◎

オイルを塗って外に出るなんて…と思う方も多いかと思いますが、アルガンオイルは抗酸化作用をもつビタミンEが豊富に含まれているため、酸化からお肌を守ってくれるのです♪

つまりアルガンオイルを塗ると、日焼けをするどころか紫外線によるダメージを防いでくれるというワケなんです(^_-)-☆

さらに、アルガンオイルは人間の皮膚となじみやすい性質であるため、ブースターとしての使い方もオススメです。

ブースターとしての使い方はいたって簡単◎
洗顔後のお肌に適量のアルガンオイルを伸ばし、その後はいつもどおりのスキンケアを行うだけでOKです。

アルガンオイルをプラスすると化粧水の浸透がぐんとUPするので、お肌の乾燥が気になる方には特にオススメです(^_-)-☆

もちろんパサついた髪に栄養を与える目的で使うも良し、頭皮クレンジングに利用するも良し、アロマのキャリアオイルとして使うも良し、と様々な使い方ができるので、1つ持っておくととても便利!

アルガンオイルは食用のものも販売されており、こちらも健康に良い影響をもたらしてくれますが、あくまでも「食用油」と「美容油」は別ものなので、両用するのは避けるようにしましょう。

アルガンオイルが健康に効果的なワケとは?

栄養価が高いアルガンオイルは、食用油として利用するのもオススメです。

特に生活習慣病が気になる方や、便秘がちな方にはオススメ◎

なぜなら「モロッコの黄金」と呼ばれるアルガンオイルには、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールだけを下げる“オレイン酸”が多く含まれているのです♪

高血圧や心臓疾患、脳疾患に糖尿病…、これらの病気は悪玉コレステロールが増え続けることで発症するリスクが高まると言われていますが、アルガンオイルに含まれているオレイン酸には、血中のコレステロールのバランスを整える作用があるため、生活習慣病の予防に適しているのです。

またオレイン酸は、蠕動運動を活発にしてお通じを改善する作用があり、整腸作用も期待できます。

食用のアルガンオイルを摂取する場合は、小さじ1杯をそのまま飲むのが一番手っ取り早い方法です。

もちろんドレッシングに使用したり、パンに付けて食べて食べるのもOK◎

ちなみにアルガンオイルは炒め物などをする際の調理油として使うこともできますが、栄養成分をそのまま摂取したいのであれば、熱を加えない調理法がオススメです。

そのまま塗っても食用としても使えるアルガンオイル。
ですが、あくまでもアルガンオイルは「油」なので、摂り過ぎには注意するよう気をつけてくださいね(^_-)-☆

アルガンオイルで簡単美容ケアを始めよう♪

女性に嬉しい美容効果がたっぷり詰まったアルガンオイル。
今回は、そんなアルガンオイルの美容ケア方法を紹介していきたいと思います♪

肌なじみが良く、高い抗酸化作用をもつアルガンオイル!
どのケア方法も簡単なものばかりなので、是非毎日のケアに取り入れてみてくださいね♪

①化粧下地として
ビタミンEを豊富に含み、高い抗酸化作用をもつアルガンオイルは化粧下地として使用することができます。

紫外線ダメージからお肌を守るだけでなく、ファンデーションとの密着度を高めてくれるのもアルガンオイルをオススメする理由のひとつ◎

化粧下地として取り入れる際は、日焼け止めと併用して使うと良いでしょう。

②ブースターとして
肌への浸透力が高いアルガンオイルは、そのあとに使用する基礎化粧品の水分や栄養を一緒に引き込んでくれるため、より高い美容効果が期待できます。

一般的に“オイル”と言うとベタベタして化粧水が入りにくくなる気がしますが、アルガンオイルはまったくの別物!

またアルガンオイルをお肌に塗付したあと、蒸しタオルをのせて行うオイルパックも、肌がふっくら柔らかになってオススメですよ(^_-)-☆

③ヘアケアに
タオルドライした髪にアルガンオイルをなじませ、乾かすだけでOK◎
パサつきなどのヘアダメージが気になる人は是非一度試してみて!

市販のアウトバストリートメントを使うと肌トラブルが起こる…という人にもオススメです♪

④マッサージオイルとして
そのままアルガンオイルでマッサージするのももちろんOKですが、お気に入りの精油とブレンドして使うのもオススメ。

その時の気分にマッチした精油とブレンドして、極上のリラックスタイムを過ごしてみては?

【アルガンオイルの特徴まとめ】

オリーブオイルやホホバオイル、ローズヒップオイルにマカダミアナッツオイルなど、美容に効果的なオイルがどんどん出てきますが、これらのオイルは、それぞれ含まれている成分や期待できる効果に違いがあり、手触りや肌なじみの良さも異なります。

そのため、自分がどのような目的で使用するかによって、その人に適したオイルは変わってくるのです。

ちなみに代表的な美容オイルのひとつであるアルガンオイルは、抗酸化作用をもつ「ビタミンE」や、コレステロールを下げる効果が期待できる「オレイン酸」が多く含まれており、アンチエイジングに適したオイルと言えます。

オレイン酸が豊富に含まれていることで有名なオリーブオイルと比較するとその比率は劣りますが、アルガンオイルにはオリーブオイルの2~3倍ものビタミンEが含まれているため、お肌の老化が気になる女性には特にオススメです。

またアルガンオイルは、味にクセがなくサラッとしているため、料理の味付けの邪魔にならない、というメリットもあります。

このように植物オイルと一口にいっても、成分の比率や香り、手触り、向いている肌質などそれぞれ違いがあり、自分に合ったものを見つけていくことが大切です◎

植物オイルを取り入れる際は、そのオイルの特徴や効能を調べてから使い始めるとより高い効果を得ることができるでしょう。