【知らないと怖い!】収れん化粧水の“正しい使い方”とは?

毛穴の引き締めに効果的だと言われている『収れん化粧水』。

一般的な化粧水とは異なり、収れん作用(毛穴を引き締める作用)を持つ成分が配合されている化粧水のことを“収れん化粧水”と呼びますが…、実はこの収れん化粧水には知っておくべき注意点がいくつかあることをご存知でしょうか?

【知らないと怖い!】収れん化粧水の正しい使い方とは?

使い方を間違えれば、毛穴が小さくなるどころか肌にダメージを与えてしまう可能性も!

そこで今回は“収れん化粧水の注意点”についてまとめていきますので、使用を検討している方は是非チェックしてみてくださいね♪

【使う順番にご注意を◎】

普通の化粧水は洗顔後すぐに使うのが基本。
しかし、収れん化粧水に関しては使用する順番が異なってきます。

これは一般的な化粧水が肌を保湿する目的で作られているのに対して、収れん化粧水は肌のキメを整えたり、皮脂分泌を抑える目的で作られているため。

そう、そもそもの特徴として、収れん化粧水は保湿をしたり美容成分を与える目的で作られたものではないのです。

保湿が大切〇

そのため収れん作用を持つ化粧水を使用するときは、洗顔した後に保湿効果のある化粧水や美容液、クリームなどでたっぷりの潤いと美容成分を与え、お手入れの最後に使用するのが◎。

うるおいが足りない状態で収れん作用を発揮してしまうと、これが肌乾燥の原因となり、さらなる毛穴トラブルを招く危険性があるので、使用する順番はきちんと守るようにしましょう。

乾燥肌・敏感肌の人は注意が必要!

収れん作用を持つ成分にはどのようなものがあるのか?

お肌にやさしい成分をイメージしている人も少なくないかもしれませんが、収れん作用を持つ代表的な成分は『アルコール』や『メントール』といった比較的刺激が強い成分です。

これらの成分には揮発作用によって肌をクールダウンさせ、毛穴を収縮させる働きがあるのですが…、ここで一つ気をつけたいのが、乾燥肌や敏感肌の人の使用です。

お肌の毛穴が気になる人にとってはありがたい存在である収れん化粧水も、アルコールやメントールが配合されているとなればやはり肌へのダメージが心配になるもの。

乾燥肌さんや敏感肌さんが収れん作用のあるアイテムを使用すると、ピリピリとした刺激を感じる可能性も捨てきれませんし、場合によっては乾燥が悪化することも考えられます。

オイリー肌や皮脂が多い混合肌の人は、収れん化粧水が毛穴対策に役立つと言われていますが、潤い不足の乾燥肌の人や、刺激にデリケートな敏感肌の人は、パッチテストをして安全に使用できることを確認してから使い始めるようにしましょう◎

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。