アスロング シャンプー“トクトクコース”のメリット・デメリット

「アスロングシャンプー&トリートメントのトクトクコースキャンペーンは本当にメリットだけなのか?」

今回はこの特典の利用を検討している人のために、トクトクコースキャンペーンのメリット・デメリットを分析していきたいと思います◎

オトクに買いたいけど、損はしたくない!
そんな方は要チェックですよ(^_-)-☆

アスロング|モニターキャンペーンのメリットとデメリットまとめ

【どれだけオトクになるの?】

まずアスロングシャンプー&トリートメントのセットを普通に買った場合とトクトクコースキャンペーンを利用した場合の価格差を見てみましょう。

コース別価格
<通常購入>
¥9,980- + 送料600円

<トクトクコース>
¥3,980- (初回お届け分)
¥5,980- (2回目以降お届け分)

*全て税抜価格です。
*トクトクコースは全国一律送料無料です。

こうして見るとトクトクコースがいかにオトクなのかが分かりますよね♪
価格差だけを見るとメリットだらけに見えますが…実はトクトクコースにはこんな注意点も↓↓

【4回の継続が条件!】

トクトクコースに申し込むと「最低4回(4か月)以上の継続が必須」という条件が付いており、1~3回目途中で解約をした場合は解約違約金として、通常価格との差額が発生してしまいます。

そのため4か月以上続けるつもりで購入する場合であれば、特にデメリットはありませんが、お試し感覚で・・・という方には正直不向きかもしれませんね(◎∀◎;)

【肌に合わなかった場合は解約できる?】

公式通販サイト「解約について」という項目を見てみると、このような記載がありました。

『原則「お肌に合わなかった」等のご理由であった場合でもご解約・ご返品はお受けできません』

つまりこちらのシャンプーやトリートメントで肌荒れが起こった場合でも、途中解約は一切できないということですね。

ですがその後にこんな記載が↓↓

『しかしながら、お客様にお肌のトラブルをご証明頂ける場合に限り特別対応を取らせて頂くことが可能です。』

ということはつまり…?肌トラブルを証明できれば途中で解約することも可能”となっているみたい。

ちなみに証明する方法はというと…

①トラブルを起こした箇所のお写真をお送り頂く
②医師の診断書をご提出頂く
③上記に準ずるお願いをさせて頂く

と公式サイトに記載されています。

これらを窓口(support-as@lit-p.com)に送り、承認されるとトクトクコースを違約金なしで途中解約できる、というワケですね◎

かなり徹底していますが、こういった定期コースは「肌に合わなかった」とズルして解約する人が多いのかもしれませんね(^^;)

確かに転売目的で定期コースを悪用する人も少なくないようなので、そういったいたずらを防止するためにも必要な対策なのかもしれません。

とは言え、きちんと証明できれば解約できるというのは、安心材料になるのではないでしょうか♪

>>アスロングシャンプーの公式サイトはこちらです

知っておくべき!ヘアダメージを招くNG習慣とは?


パサつきやゴワつき、切れ毛や抜け毛といったトラブルに悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか?

「毎日トリートメントをしているのになかなか髪質が改善されない…」

そんな方が今すべきことは、トリートメントよりも?正しい洗い方”や?正しい乾かし方”を身に付けることかもしれません。

そう、実は普段何気なくやっているこんな習慣こそがヘアダメージを加速させる原因なのです!

>>ヘアダメージとヘアカラーの関係についてのまとめ記事はこちら

①頭皮を強い力で擦って洗っている。
②熱いお湯で髪を洗う。
③コンディショナーを頭皮にも塗付している。
④すすぎを適当に済ませている。
⑤タオルドライをするときにダイナミックにゴシゴシ拭いている。
⑥ドライヤーは使わず自然乾燥。

ざっと主なヘアダメージの原因をまとめてみましたが、これらは全て髪が傷むものばかり!

特に⑤の自然乾燥には要注意です。

これからの時期は暑くてドライヤーが億劫になりがちですが、濡れたままの状態だとキューティクルが開きっぱなしになり、髪内部の水分が放出されてパサつきが加速してしまいます。

またキューティクルが開いたままだと、髪のツヤが失われてしまいますし、まとまりも悪くなってしまいます。

そして何より怖いのは・・・髪を乾かさずに寝るとニオイやすくなる、というポイント!

女性としてこれは避けたいところですよね(^^;)

ヘアトラブルは髪だけの問題ではなく、頭皮環境も大きく影響してきます。

畑で野菜を育てるときに、土壌が良い状態でなければ質の良い作物が育たないのと同じで、髪を重点的にケアするのではなく、土壌となる頭皮もしっかりと労わってあげなければいけないのです◎

もちろん紫外線も頭皮や髪ダメージの原因となってしまうため、日傘や帽子等の紫外線対策もマスト!

髪の毛の悩みをお持ちの方は、今一度ご自身のヘアケア方法を見直して改善を試みてくださいね(^_-)-☆

↓公式サイトはこちら↓

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。