アテニア スキンレタッチャーの使い方は!?【ブログでも話題】

アテニア スキンレタッチャーの口コミを見ると「白くなりすぎる」「白浮きする」という声がチラホラ見受けられますが、正直これは使う量に問題アリだと思います(ΦωΦ)

こちらの下地は透明や半透明ではなく、真っ白のテクスチャーなので、量をたっぷり使ってしまうと、確かに口コミにある“白浮き現象”が起こってしまうことも。

白浮きするって本当?スキンレタッチャーを使いこなすコツとは◎

ただ、アテニアの公式サイトで推奨されている『パール粒大』の使用量を守り、丁寧に伸ばしていけば白くなりすぎることはないハズです。

使い方のコツがいる、と言ってしまえばそうとも言えますが、下地は使い方が仕上がりを左右するアイテムなので、面倒だと思わずに丁寧に塗っていくことをオススメします。

ちなみにアテニア スキンレタッチャーはSPF25 PA+++とUVカット効果も兼ねていますが、手持ちの日焼け止めと併用する…という使い方ももちろんOK。

日焼け止めをプラスする場合の正しい使い方は、日焼け止め→アテニア スキンレタッチャーですので、順番を守って使用するようにしましょう♪

アテニア スキンレタッチャーは、自身のブログでオススメの使い方を紹介している方も多く、アテニアの公式サイトでは美YouTuber・海野さんのメイクアップムービーもチェックすることが出来ます。

ブログもムービーも非常に参考になるので、まだチェックしていない方はブログ等の情報もご覧になってみてくださいね(^_-)-☆

VoCEランキング1位!スキンレタッチャーの口コミまとめ?

2017年6月度のVOCE(ヴォーチェ)月間ランキング『化粧下地部門』で見事1位に輝いたアテニア スキンレタッチャー。

VOCE(ヴォーチェ)ウェブサイトの編集長を務める三好さんも

「一度使うとやみつきになって手放せない、奇跡の下地」

と絶賛するこちらの下地ですが、やはりそれだけでなく、アットコスメの評判も気になるところですよね(ノ∀`)

ということで、ここでは実際にアットコスメに投稿されているアテニア スキンレタッチャーの評判をまとめていきたいと思います◎

アテニア スキンレタッチャーを使用した人の口コミはいかに…?
VOCE(ヴォーチェ)を見て気になっていた方も是非こちらをチェックしてみてくださいね!

【スキンレタッチャーの評判】

悪い評価

⑥ファンデーションの密着度を高める効果はあったのかな、と思います。
夕方になっても、汗をかいても、ぴったりと崩れない点は非常に良かったです!
ただ、香りが独特で、個人的には絵の具かと思うほどでした。
塗った後も、絵の具をつけているようなにおいが気になり…一日中落ち着きませんでした。
⑦レフ効果でシミやくすみを光でとばす効果があるということで期待して購入!
しかしテクスチャーがこれまで使っていたものより固めで、そのせいか顔に伸ばしにくく、さらに夕方になるとテカリが…。
確かにワントーン明るくなりますが、固くて伸ばしにくいのでリピはありません。
⑧修正能力に期待して現品購入しました!!
が…まあ、そんな魔法みたいな事は起こりませんでした(笑)
普通に良い感じの日焼け止め、といった印象です。

良い評価

①効果も何も調べずに新商品だということで購入(笑)
白いクリームで伸びが良く、重ねて付けても厚ぼったくなりません。
レフ版効果とのことですが、それはよく分からない…。
ただ、いつものファンデが明るく見えるので、そういうことなんだろうと思います。
他メーカーのファンデーションも綺麗につきますし、崩れにくいし、肌がキレイに見えます。
②購入品じゃない方の口コミは本当に当てにならないですね。
タダでもらってガッツリ使ってるから白くなるのでは?と思ってしまいます。
これまで下地はクレドポーを使っていましたが、お安いのでこちらを試してみました。
しっかり保湿をしていれば乾燥しないし、太陽光の下でも耐えれるぐらいのフラットな仕上がりになります。
適量を使えば白くなりませんし、ナチュラリーです。
③かなり気に入っています!
これまではアテニアのクリアアップベースを使っていましたが、夏前に試しに購入してみました。
厚くないけど、カバー力はこちらの方があると思います。
ファンデーションもこちらの方が崩れず、キメもずっと整っていました。
④化粧下地やファンデーションでかぶれやすい私でも問題なく使えました!
白い絵の具のような見た目なのに、いざお肌に塗ると白浮きせずになじんでくれます。
テカリにくくもなりますし、SPF25 PA+++なので夏場も大活躍。
よほどいい下地が見つからない限りこちらをリピしたいです。
⑤興味はありましたが、真っ白だし…とあまり期待せずに買いました。
結果、思ったより白浮きもせず 、むしろ自然に肌を明るく補正してくれました。
最近敏感肌で肌荒れが激しかったのですが、これは問題なく使えています。

レフ板下地?毛穴・小じわの凸凹はスキンレタッチャーで瞬間補正

毛穴の凸凹や小じわの溝をつるんとしたフラット肌に見せるためには“光”を味方につけることが必要不可欠!

ただ単純に下地で埋めようとすると厚塗りになること必至、さらにお肌にとっても良くありません。

でもどうすれば光を味方にできるのか?

そこで頼りになるのが、紹介中のアテニア スキンレタッチャーです◎

アテニア スキンレタッチャーは、光を強く反射する超微細なスキンレタッチ粒子を配合した新感覚の肌質修正下地。

小じわはもちろん、毛穴にまで入り込めるほど細かな粒子が光を反射し、お肌のアラを作り出す凸凹をなめらかな均一肌に瞬時に修正。

さらに粒子が光を反射することでお肌の明るさ自体も補正され、自然な明るさとツヤ感、透明感を与えてくれます。

またアテニア スキンレタッチャーは、余計な皮脂を吸着するオイルロック機能も備わっているので、ヨレや化粧崩れが起こりやすい方でも安心◎

「時間が経つと毛穴や小じわを中心にメイクが崩れてくる…」という方には特にオススメの一品です。

アラを隠そうとすればするほど厚塗り感が出て、化粧崩れもしやすくなってしまうもの。

お肌の凸凹にお悩みの方は『しっかり埋める』ではなく『光で飛ばす』で化粧下地を選んでみてはいかがでしょうか♪

ほうれい線改善の第一歩は表情筋を鍛えることだった!

ある程度の年代にさしかかるとジワリジワリと現われはじめる『ほうれい線』

不思議とほうれい線があると、それだけでなんとなくお肌全体がたるんでいるように見えてしまい、老けた印象を与える原因になってしまいますよね。

20代30代など若い年代でうっすら現れるほうれい線は、保湿ケアをしっかり行うことで改善することもできますが、40代50代に突入すると簡単には戻らなくなってしまうので、しっかりと保湿をして予防に努めることが大切です◎

そして、ほうれい線を作らないまたは改善していくためには、スキンケアだけでなく表情筋のトレーニングも並行して行っておきたいところ。

保湿やお肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチン生成をサポートするケアをしつつ、その土台となる筋肉を鍛えておくことも大切です。

筋力の衰えが原因でお尻が垂れてきてしまうのと同じように、顔も表情筋が衰えるとたるんでしまい、徐々にほうれい線が現われてしまいます。

シミ=メラニン色素の過剰生成と原因が分かりやすいので対処もしやすいですが、ほうれい線ができる原因はひとつではありません。

年齢を重ねても若々しいお肌でいるために、あらゆる角度からケアをして老け見え要素を減らしていきたいですね♪