dプログラムVSアヤナス【試しやすい敏感肌コスメはどっち?】

刺激なく使える基礎化粧品になかなか出会えないのが敏感肌のツライところ。

敏感肌化粧水と銘打って販売されているものでも、いざ使ってみたらピリピリ刺激を感じたり、赤くなってしまったり…
といった経験がある方も多いのではないでしょうか?

評判が良い敏感肌化粧水と言うと、ポーラのアヤナスや資生堂のdプログラムですね♪

いずれの敏感肌化粧水も口コミサイトでの評価が高く、実際にお世話になっている敏感肌さんがとても多くいらっしゃいます。

dプログラムVSアヤナス│試しやすい敏感肌用コスメはどっち?

ちなみにこの2つのブランドに大きな差は価格差はありませんが、アヤナスは通販限定ということで、不便さは否めない感じ。

ただしアヤナスは、1品からでも送料無料、30日間の返金保証など敏感肌さんでも試しやすいようサービスが充実しています◎

アヤナスのみ返金保証あり◎

また、アヤナスもdプログラムもトライアルセットの販売がありますが、こちらもアヤナスは返金保証付き、dプログラムは保証なしとアヤナスのサービスに軍配。

ドラッグストアなどで実際に手にとって見られるというのはdプログラムのメリットですが、肌トラブルが起こりやすい方にはやはり返金保証のあるアヤナスの方がおすすめです。

とにもかくにもお肌が弱っているときは、サンプルやトライアルセットで試してみてから現品を購入するのが賢明◎

あと『敏感肌におすすめ』と書かれているものでも、刺激となりうる成分がたっぷり使われているものもありませんので、口コミや成分表示をしっかり確認してから買われることをおすすめします。

【アヤナス】トライアルセットの口コミをまとめてみた♪

今回は年齢肌に悩む敏感肌さんから絶大な支持を得ているアヤナスのクチコミを紹介していきたいと思います♪

ここではトライアルセットをお試しした人の口コミをまとめておきますので、購入を考えている方は是非チェックしてみてくださいね(ノ∀`)

【アヤナス/トライアルセットの口コミ】

①一番最初に使った時「これ‥もしかして凄いかも‥」と思ってしまうほど、これまでの化粧品とは何かが違いました。
翌日起きた時にお肌がスベスベでピンッと引き締まり、たるみに効いてる感じがしました。
心なしか小顔になったような気さえします。
刺激も一切ありませんでした。

②超敏感肌でくすみやうっすらあったシワ…、それに輪をかけて体質的なものもあっていつも肌荒れがひどかったのですが、アヤナスさんのおかげでとても綺麗な肌になりました。
いつも頬の部分が赤く、荒れていたところも今ではとても綺麗です。
おかげで化粧ノリもとても良くなり、お肌もふっくら。
うっすらできていたほうれい線も全く目立たなくなりました。

③出産してから敏感肌になってニキビが出続け、こちらのトライアルセットをお試ししてみたところ、すぐに肌が復活しました!
それまでの基礎化粧品では保湿力が足りていなかったのかもしれません。
どのアイテムもテクスチャーがトロッとしていて、手からこぼれないのも好きです。

④使用前にできていたニキビも酷くならずに治り、使用し始めて4日目に彼氏から「肌が綺麗になったね」と褒められました。

⑤超乾燥肌の私には大ヒットでした!
毎年冬になると皮剥けで悩むので、色々な保湿系のスキンケアをお試ししているのですが、アヤナスは大正解。
まずローションがすごくトロっとしていて、肌にのせた瞬間すぐに浸透。
この感覚に感動しました。
乳液のようなエッセンスも浸透力抜群です。
さらにこのあと使うクリーム。
私はこれが一番のお気に入りでした。
このクリームを付けた翌日は、本当にお肌がふっくらします。
あまりのふっくら加減に初日はびっくりしました(笑)

⑥使い始めは良かったので、現品を購入するつもりでしたが、1週間ほど経った頃からこれまで感じたことのない猛烈な乾燥に襲われました。
ノンアルコールで、低刺激だと思って購入し、使用感も良かったもの、何らかの成分が合わなかったみたいです。

⑦化粧水はとろみのあるテクスチャで敏感肌でもしみることはありませんでした。
ただ、保湿力が少し物足りない感じでした。
美容液、クリームに関してはしっかりと潤い、使い始めてニキビが減ったので良かったです。

【敏感肌は老けやすい!】意外と知らないその理由とは?

『敏感肌はお肌の老化スピードを加速させる原因になる!』
これはなかなかショッキングですよね(ーー;)

一度敏感肌に傾くとそうそう簡単には元に戻ってくれないのに、老け原因の要素にまでなってしまうとは…。

でもなぜ敏感肌が肌老化の原因となってしまうのか。

これはお肌のバリア機能が低下することで、年齢肌の原因となる紫外線などのトラブル要因をお肌の内部に侵入させやすくなってしまうためです。

またバリア機能が低下すると、化粧水や美容液等で与えた潤いや美容成分をキープすることができず、蒸散しやすくなってしまうというデメリットもあるのです。

こうして見ていくと、いかに敏感肌が無防備な状態にあるのかというのを痛感させられますよね(ノД`)

ポーラ・オルビスグループ発の敏感肌専用ブランド“ディセンシア”によると、同年代の健康肌さんと敏感肌さんでは見た目年齢に11歳もの差が生まれるという衝撃の報告も発表されています。

将来後悔しないためにも、きちんとお肌のお手入れをして、健康肌を取り戻す(キープする)努力をしておきたいところですね♪

ちなみに、敏感肌専用の化粧品というとお肌にやさしいばかりで(これも十分大事なことですが…)、美白やエイジングケアには力不足というイメージもありますが、最近ではエイジングケアや美白ケアを兼ねた敏感肌用基礎化粧品も数多く販売されています。

この手の基礎化粧品は、トライアルセットが販売されていたり返金保証が付いているものも多いので、本気の敏感肌対策に取り組みたい方はそういったものを試してみるのもひとつの手段ですよ(^_-)-☆

スキンケアだけじゃ不十分!敏感肌を立て直す対策法とは?

敏感肌を改善するためにはお肌にやさしい基礎化粧品を使うだけでは不十分!

生活習慣やお手入れの方法など、細かいところにも気を配っていく必要があります◎

こう言ってしまうと「手がかかりそう…」とゲンナリしてしまうかもしれませんが、注意すべきポイントはいたって基本的なことばかり。

例えば食事を摂る際に栄養バランスに気をつける、お肌の修復・再生がきちんと行われるよう睡眠時間をしっかり確保する、日焼け止めを塗ってUV対策をするなど、基本的なことを押さえておくだけで大きな違いが出てきます。

またお肌の状態がイマイチなときは、ヘアスタイルにも気を配っておきたいところ。

とにもかくにもバリア機能が低下した敏感肌は、少しの刺激でもトラブルの原因になってしまうので、出来る限り皮膚に負担がかからないよう気をつけることが大切です◎

髪の毛が顔に当たると痒みなどが起こりやすくなるので、髪に当たらないよう一つにまとめておく、クリップなどで止めておくといった対策をとるようにしましょう。

ちなみに、髪に塗付した整髪料が刺激になって肌トラブルが起こるケースも少なくないので、お肌が弱っているときは整髪料の使用を避けると良いでしょう。

最後に…腕や足など顔以外のパーツの敏感肌対策に有効なのが『摩擦の少ない衣類選びをする』というポイントです。

科学繊維が使われている衣類は摩擦が強く、痒みが起こりやすくなるので、敏感肌さんはコットンやシルクなど自然素材の衣類を選ぶよう心がけましょう◎