そうだったの!?【”敏感肌ニキビ”の意外な落とし穴!】

敏感肌さんがニキビケアをするうえで注意したポイントをまとめました。
“ニキビ肌を効率良く改善してくれる“ニキビケア専用アイテム”。
ですが、ニキビケアに特化して作られている化粧品も、肌タイプによっては余計にニキビを悪化させてしまう可能性があります。

一般的にニキビケアアイテムに多いのは、脂性肌向けに作られているものです。

例えば、この脂性肌向けのアイテムを乾燥肌、敏感肌専用さんが使用するとうるおいが足らず悪化してしまうケースがあります。

また逆に、敏感肌や乾燥肌専用のアイテムを脂性肌の方が使用する行為も、ニキビの悪化を引き起こす可能性があるのです。

ニキビは肌タイプによって原因と対処法が異なります。

そのため、まずは自分の肌タイプを見極め、しっかりとお肌に合った製品を選ぶことが重要です◎

日常のスキンケアにおいては、脂性肌、乾燥肌、敏感肌のいずれの肌タイプも「刺激を与えないこと」と「徹底した保湿」をしてあげることが大切です。

特に脂性肌さんは、保湿をすることでさらなる脂性肌を招くというイメージがある方が多く、十分に保湿を行っていない方が多い傾向にありますが、これはまったくの逆効果。

油分の少ないアイテムをチョイスし、しっかりとお肌にうるおいを与えてあげるようにしましょう(*^_^*)

生活習慣次第で肌荒れが治る!?

美肌を保つための生活習慣についてまとめています。
“ここでは敏感肌に良い食事と悪い食事について書いていきたいと思います。

そもそも日本人は元々、必要以上に食べない“粗食文化”のおかげで、肌トラブルが少ない民族でした。

「肌トラブルに悩まされる人が増えているのは、欧米化した食事が原因!」とすべてを押し付けるのは少し無理がありますが、日本人の食生活の変化が少なからずお肌の状態に関係しているのも事実です。

せっせと基礎化粧品を選ぶことも大切なことですが、それと同じくらい、いやそれ以上に食事面に気を配ることも重要なことなのです◎

【敏感肌さんに良くない食べ物は?】
ラーメンやパスタといった炭水化物や、脂質の多いお肉などは栄養バランスが摂りにくい食材です。
こういったものは、お肌の生成に必要な栄養素が不足している場合が多く、敏感肌さんは注意したいところ。

また血行を低下させてしまう冷たい食べ物や飲み物もお肌の代謝が悪くなってしまうため、摂り過ぎには注意が必要です。

さらにカフェインやお酒も、摂り過ぎてしなうと必要なビタミンやミネラルを排出してしまったり、血管を収縮させてしまう作用があるため、肌トラブルの原因となります。

コーヒーやお酒を嗜む習慣がある方は、適量に抑えておくようにしましょう。

【やっぱりお肌にはビタミン!】
特に皮膚や粘膜を生成したり、傷ついた肌の再生を助ける「ビタミンA」と、コラーゲンの生成をサポートしながら肌の老化を防いでくれる「ビタミンC」は積極的に摂りたい栄養素です。

ピーマンやパプリカ、芽キャベツ、パセリ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、アセロラ、キウイフルーツ、いちごといったフルーツ類、じゃがいもやさつまいもなどの芋類にはビタミン類が豊富に含まれているのでそれらを意識した食事を取り入れることオススメします(*^_^*)”