【油断禁物?】30代の女性は“ボディケア”に力を入れるべし!

腕や脚のハリツヤが衰え始める30代。

「20代の頃は特に気にならなかったのに、30代に突入してから肌質に変化を感じるようになった…」

なんていう女性も少なくないのではないでしょうか。

それもそのハズ!
顔のお肌が30代に入って変わり始めるように、腕や脚のエイジングサインが出始めるのもこの年代なのです(ΦωΦ)

だからこそ然るべき年齢にさしかかったらボディケアに力を入れていくことが大切!!

【油断禁物!】30代はボディケアに力を入れるべし◎

特にノースリーブやショートパンツを着用していたにも関わらず、きちんと紫外線対策を行ってこなかった女性は要注意です。

これまでに浴びてきた紫外線は着実にお肌にダメージを与え、シワやシミ、たるみなどといった形で現れます。

また元々お肌に備わっている保湿成分も少しずつ減少してしまうため、余計にこれらのエイジングサインを加速(-ω-`;)

過去に浴びた紫外線をゼロにすることはできませんが、しっかりとボディケアを行うことで、肌のうるおいを取り戻したり、老化スピードを遅らせることは可能です◎

腕や脚は意外と見られているもの!

自信を持って肌見せするためにも、30代以降の女性はしっかりとボディケアに取り組んでいきましょうね(^_-)-☆

【まさに万能?】マルチに使える美容オイルの活用法まとめ!

美容オイルは、マッサージをするときの潤滑油として使用するだけでなく、フェイシャルケアやボディケアなど様々な用途で活躍する優秀なアイテム♪

美容オイルの使用例を挙げると…

★クレンジング代わりに。
★ファンデに混ぜてメイク持ちアップ♪
★化粧水前のブースターとして。
★湯舟に入れて乾燥肌対策に◎
★妊娠線の予防に。

と、このようにあらゆる局面で活躍(^_-)-☆

フェイシャルケアのみならずボディケアにも使えるので、1本は持っておきたいところです◎

ただし美容オイルは種類によって特徴が異なるので、自分の求める効果に合うものをチョイスすることが大切。

オイルごとの特徴を簡単にまとめると…

<オリーブオイル>
オリーブオイルの主成分『オレイン酸』は人間の皮脂に最も多く含まれており、バランスのとれた肌を作ったり、肌にうるおいとツヤを与えるために必要な成分。
乾燥からお肌を守ったり、保湿力を高めてくれる働きがある。

<ココナッツオイル>
保湿効果のあるビタミンEや、肌細胞を劣化させる『活性酸素』を除去してくれるポリフェノールなどを含んでおり、美肌やエイジングケア効果が期待できる。
さらに肌代謝を促進する中鎖脂肪酸や肌荒れ予防に効果的なラウリン酸も含まれている。

<ホホバオイル>
ホホバオイルの主成分『ワックスエステル』には、肌の水分が蒸発するのを防ぐ働きがあり、肌のうるおいキープに有効。
また角質を柔らかくするため、毛穴に詰まった汚れを排出しやすくなる。
さらに安全性が高い、酸化しにくいというメリットも。

<椿オイル>
肌に潤いを与える『オレイン酸』が主成分。
肌への浸透率も高く、肌の保湿をキープしながら乾燥を防いでくれる。
空気に触れても酸化せず、尚且つ固まりにくいので使いやすい。

他にもグレープシードオイルやスクワランオイル、マカダミアナッツオイル、ヘンプオイルなどがあります。

こちらでは簡単な説明となってしまいましたが、オイルの種類によってテクスチャーの硬さや伸びの良さなども異なってきます。

またフェイシャルケアとボディケアで使い分ける…といった使い方も◎ですので、ご自身の肌質や求める効果に合わせてお気に入りのオイルを探してみてくださいね♪

効果が出にくい太もも太りは“リンパマッサージ”で解消!

運動や食事制限を頑張ってもなかなか効果が出てくれない『太もも』。
その理由として考えられるのが、むくみやセルライトです。

そもそもセルライトとは、水分や老廃物が蓄積されることで肥大化した“脂肪細胞”のコト。

このセルライトがひどくなると、周りのコラーゲン線維と癒着し、固くなった脂肪同士がくっついて塊になり、凸凹した状態が見て分かるようになってしまいます。

そしてセルライトが蓄積されると肥大化した脂肪細胞が毛細血管を圧迫し、血の巡りが悪化!

血液の循環が悪くなることで足の末端まで栄養が行きわたりにくくなり、新陳代謝も悪化!!

その結果、老廃物が溜まりやすくなり、ますますむくみやセルライトがひどくなってしまう…と負のスパイラル引き起こしてしまうのです(◎_◎;)

ハリのない“たる~ん”とした太ももの根本原因がむくみにあるとは…ちょっとビックリですよね。

足は重力によって水分が溜まりやすくむくみが起こりやすいパーツですし、心臓から一番遠い場所にあるため血液を押し戻しにくく、リンパが滞って老廃物が溜まりやすくもあります。

このような理由から太もも太りの解消にむくみやセルライトのケアが重要だと言われているワケですね(^_-)-☆

では太ももを引き締めるためにはどのようなボディケアが有効なのか。
その答えはズバリ!『リンパマッサージ』です。

リンパマッサージは老廃物の排出を促す作用があるため、太もも太りの解消にうってつけ♪

お風呂上りなど体が温まった状態で行うとより一層効果的です。

またこの時に保湿力の高いオイルやジェルを使えば、引き締め効果だけでなく太もものハリツヤをUPさせるなど嬉しい効果も◎

もちろんお肌にかかる負担を軽減するという意味でも、何かしらのボディケア製品を塗ってからマッサージしたいところですね(*´∀`*)b

最近ではボディケアアイテムも進化していて、引き締め効果が高い製品や保湿効果が高いもの、温感タイプのものなど、エステサロン顔負けの商品が次々に販売されています。

運動をしても食事制限をしても太もも痩せが実感できない方は、1日1回のリンパマッサージですっきりハリツヤ美脚を取り戻してみてはいかがでしょうか(´艸`*)

【乾燥】敏感肌が注意すべき入浴&ボディケアの注意点【痒み】

乾燥や痒み、ヒリヒリ感などお肌に関する悩みごとが多い敏感肌。
特に空気が乾燥する冬場は、より一層悩みが深刻になる時期ですよね。

でももしかしたらその肌悩みの原因は、間違った入浴法やボディケアによって起こっているのかも!

ということで、今回は敏感肌さんが注意すべき入浴&ボディケアについてまとめていきたいと思います◎

【入浴時の注意点】
★湯舟の温度は低めに設定!
熱すぎるお湯に入ると、お肌のバリア機能に不可欠な皮脂が奪われてしまうため、38度~41度程度のぬるま湯入浴がオススメ。

またお湯につかる時間が長すぎると乾燥しやすくなってしまうので、5分~10分程度にとどめておくようにしましょう。

★タオルやスポンジは使わない。
ナイロンタオルやボディスポンジなどはお肌を傷つけ、皮膚に負担がかかってしまいます。

そのためカラダを洗う際は、洗浄剤をよく泡立てて“手”で撫でるようにして洗うのが◎。

元々皮脂が少ない人や、皮脂分泌の少ない部分(お腹や腰など)は毎日洗浄剤を使わなくてもOKです。

★入浴剤が敏感肌の原因になっているケースも。
入浴剤の中には敏感肌さんにとって刺激が強すぎるものもあります。

入浴剤を選ぶときは、界面活性剤不使用のものや天然由来成分のみを使用したものなどを選び、尚且つセラミドやスクワランといった保湿成分が含まれているものをチョイスするようにしましょう。

【ボディケアの注意点】

★摩擦は厳禁!
フェイシャルケアと同様に、ボディケアにおいても摩擦はご法度です。
せっかく洗うときに“お肌にやさしく”を心がけていても、ボディケアで負担をかけてしまっては元も子もありません。

クリームなどを塗るときは顔に塗るときと同じようにあくまでもやさしくが鉄則ですよ。

★入浴後は時間勝負!
お風呂上りはあっという間に乾燥が進行してしまうため、遅くとも5分以内にクリームやオイルなどで保湿をするのがマスト。

時短のためにボディケアグッズを洗面所に置いておくのも良いでしょう。

【女性が喜ぶ!】出産祝いに何をあげると喜ばれる?

異性へのプレゼント選びに比べて、より一層神経を使う同性へのプレセント選び。

私も最近友人の出産を控え、何をプレゼントするか情報収集に奔走しています。

一般的に主流なのはやはりベビー用品ですよね。

確かに私自身も最初はベビー用品を贈るつもりでリサーチしていましたが、出産経験のある姉から「私用のヘアケア製品をもらって感動した」という意見を聞き、急遽ママ用の美容ケアグッズに路線変更しました。

今のところ候補にあるのは、フットマッサージャーや美顔器といった美容家電にヘアケアやボディケア、スキンケアのいずれか。

美容家電は個人的に欲しかったということもあって候補に入れてみました(笑)

ただ、いかんせん美容家電は忙しい新米ママさんがもらっても使う時間がないだろうなぁ…ということで却下気味。

結婚祝いなら十分アリだったのですが、今回は出産祝いということでやや劣勢です。

ということで最有力なのは、姉推奨のヘアケア製品かボディケア製品◎

産後は頭皮が敏感になりやすく抜け毛も増えるようなので、ヘアケア製品はかなり有力ですし、疲れたママを癒してくれるリラックス効果抜群のボディケア製品も捨てがたい。

何はともあれいつ産まれておかしくないようなので、出来るだけ早く決めないとね(´∀`;)

女性へのプレゼントにお悩みの方は、アクセサリーや食べ物だけでなく、美容グッズも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか♪