シュワルツコフ シャンプーの効果は!?悪い口コミ・評価はある?

1903年の創業以来、サロン専用のヘアケア製品を世に送り出してきたシュワルツコフ。

ビオロジーはそんなシュワルツコフが満を持して開発した初の一般向けヘアケアシリーズです。

ビオロジーの販売が始まってから早半年。
今回は、そんなシュワルツコフ発のヘアケアシリーズ『ビオロジー』についてまとめていきたいと思います♪

さすがシュワルツコフ?ビオロジーのオススメポイントまとめ◎

シュワルツコフは、私にとっても馴染みのあるヘアケアブランド。

20代の頃、特にヘアケアに力を入れているわけでもなく、それでいてカラーし放題で荒れ果てた私の髪を救ってくれたのが…このシュワルツコフでした?

年齢が年齢だっただけに好き勝手していたら、もうバッサバサの“THEダメージヘア”に…。

そもそも『ビオロジー=一般向け商品』ということですが、これまでも楽天などでは買うことができ、もちろん取扱いのあるサロンでも購入することが出来たんですね♪

おかげさまで今は髪が健康になったので市販品で済ませていますが、最近またパーマをかけ始めたことでダメージが気になるようになり、以前お世話になったシュワルツコフに注目した私。

なんと!!
サロン専売品ではなく一般向けのヘアケアブランドが立ち上がっているではありませんか(笑)

しかもサロン専売品を作ってきたシュワルツコフとは思えないこのリーズナブルさ。

もちろんLUXやパンテーンなどと比べるとお値段はやや高めですが、最近はLUXでもお高めのものがありますからね。

決して高すぎるということはありません。

ちなみにビオロジーのシャンプーは250mlで¥1,300円弱。
コンディショナーも同価格で、オイル美容液は80mlで¥2,000円弱。

これなら年齢を問わず購入できるのではないでしょうか。

そして香りも素晴らしい。
賛否両論あるようですが、市販シャンプーとは思えない深みのある香りで個人的にはどストライクでした(´∀`)?

また、効果もかなり期待できる予感。

私はまだオイルとミストした使ったことがないので、ビオロジー渾身のシャンプー&コンディショナーについては効果に関する評価ができかねますが、美容業界注目の微生物『サーマスサーモフィルス』が配合されているというのは、非常に興味を惹かれるポイント◎

砂漠に自生する樹木から保湿効果に優れた成分が抽出できるように、過酷な環境(深海)で生きる微生物も凄まじい生命力を持っているのだそう。

ビオロジーのシャンプー等ヘアケア製品には、このサーマスサーモフィルスの培養液から抽出されたエキスが配合されているのです。

さて、お次はそんなビオロジーの評価についてまとめていきたいと思います◎

実際にアットコスメに投稿されている口コミも紹介していきますので、評価が気になる人はチェックしてみてくださいね♪

>>ビオロジーの詳細はこちらから

【@コスメ】ビオロジーシリーズの評価を徹底調査!

まず、ビオロジーシリーズのラインナップから。

ビオロジーはシャンプー~アウトバストリートメントまで、しっとりした柔らかい髪がお好みの方向けの『リペアライン』と、軽い質感のサラサラした髪がお好みの方向けの『アクアライン』が販売されています。

詳細はと言うと…シャンプー・コンディショナー・マスク・トリートメントブースター・ミスト、そして髪質を問わず使えるオイルセラムです。

そして各アイテムの評価はというと…

【ビオロジーシリーズの評価】

*シャンプー・コンディショナー*
アクアライン:★5.3
リペアライン:★4.6

*マスク*
アクアライン:★6.2
リペアライン:★5.0

*ミスト*
アクアライン:★5.0
リペアライン: -

*ブースター*
アクアライン:★5.7
リペアライン:★5.9

*オイルセラム:★6.0

とこのような感じ◎

ざっと口コミに目を通したところ、悪い評価はほとんどなく全体的に高い評価を得ているのですが、どちらかと言うと「アクアラインの方が人気高し」といったところでしょうか。

ちなみにビオロジーのシャンプー&コンディショナーの口コミを重点的に見てみると、香りの好みが分かれるかも…という印象はアリ。

前回も書いているように私はどストライクの香りだったので、好きな人は好きだと思うのですが、言ってみれば香水のような香りです。

要は“ちょっとキツめ”なんですね(´∀`;)

実際にアットコスメにも「もっと自然系の香りだったらリピートするのに」「ヨーロッパの化粧品にありそうな香り」「フレグランスっぽくて重くて強め」といった口コミがチラホラ。

香りが悪いというワケではないのですが、自然な香りがお好みの方はやや抵抗があるかもしれません。

ただしその効果は使用者のお墨付き。

*洗い上がりの手触りがツルツルで、ドライヤー後はふわふわサラサラになる。
*しっとりツヤ感が出て天使の輪ができることもしばしば。
*髪がサラサラになってドライヤーだけでまとまるようになった!

など大満足の口コミが多く投稿されていました。

とは言え、いくら評判が良いものでも、実際に使ってみないと髪に合うかどうかは分からないもの。

ビオロジーのシャンプー&コンディショナーは、割と髪質を選ばず使用できそうですが、後々後悔しないためにもいきなり現品サイズの定価購入は避けた方が無難かもしれませんね。

>>ビオロジーの詳細はこちらから

いつものケアでサロンの仕上がりが手に入る!

お次はビオロジーのシャンプー&コンディショナーの使い方について。

こういったちょっとお高めのヘアケア製品は、使い方に一工夫あるものが多いですよね(´∀`;)

「時間をかけてケアするのが好き?」という女子力の高い方にとっては問題ないのもしれませんが、ズボラ派の私としては使い方が面倒だと手が出しにくいもの。

ということで、ビオロジーのシャンプーとコンディショナーの使用方法を調べてみましたが…これはいわゆる市販シャンプーと同じく『髪を濡らす→泡立てて洗う→しっかりすすぐ』の3STEPでOKでした(∩´∀`)∩

コンディショナーも『軽く水気をとる→髪になじませる→よくすすぐ』の3STEPでOK◎

これはヘアケア製品に限らず基礎化粧品にも言えることですが“無理なく続けられるかどうか”という点は本当に重要。

いくら効果が期待できるものでも、コツがいるものや使い方が面倒なものは、なかなか使い続けるのが難しいものです。

あれこれ工夫をしなくても、一定の効果を発揮してくれる。
ビオロジーシリーズは私のようなズボラな女性向きのアイテムとも言えそうですね♪

【ビオロジー】アクア&リペアシャンプーの成分を分析してみた◎

最後にビオロジー アクアシャンプーとリペアシャンプーの成分についてまとめていきましょう◎

まず成分を解析する前に両製品の成分をチェック↓↓

<ビオロジー アクアシャンプー>
水、コカミドプロピルベタイン、ココイルイセチオン酸Na、グリセリン、ヤシ油アルキルグルコシド、安息香酸Na、PEG‐40水添ヒマシ油、ヤシ油脂肪酸PEG‐7グリセリル、ポリクオタニウム‐22、クエン酸、パンテノール、サーマスサーモフィルス培養物、トリオレイン酸PEG/PPG‐120/10トリメチロールプロパン、ココジモニウムヒドロキシプロピル、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コムギタンパク、カラフトコンブエキス、加水分解ケラチン(羊毛)、カミツレ花エキス、ソルビン酸K、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉/茎エキス、β‐グルカン、乳酸、香料

<ビオロジー リペアシャンプー>
水、ラウレス硫酸Na、ココアンホジ酢酸2Na、ヤシ油脂肪酸PEG‐7グリセリル、塩化Na、クエン酸、PEG‐12ジメチコン、ジステアリン酸グリコール、安息香酸Na、ポリクオタニウム‐10、ラウレス‐2、ラウレス‐4、水添ヒマシ油、PG、コカミドプロピルベタイン、パンテノール、オレイン酸PEG‐55PG、酸化チタン、サーマスサーモフィルス培養物、グリセリン、水酸化Na、アンズ核油、ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コムギタンパク、カラフトコンブエキス、加水分解ケラチン(羊毛)、PEG‐40水添ヒマシ油、キイチゴ果汁、クランベリー果汁、ザクロ果汁、トリデセス‐9、ペンチレングリコール、ダマスクバラ花油、ニオイテンジクアオイエキス、ビサボロール、香料

それでは早速成分を解析していますが…これは最初から「ムムム」ですね。

何がムムムなのかと言うと、リペアシャンプーの“洗浄成分”です。

アクアシャンプーには含まれていない『ラウレス硫酸Na』が、なぜかリペアシャンプーにだけ配合されている。

しかも水の次に多く含まれている…。

ラウレス硫酸Naは、多くの市販シャンプーに使用されている洗浄成分なのですが、コレは洗浄力&脱脂力が非常に強いため、頭皮が弱い人や乾燥肌の人にはあまりオススメできない成分なんですね(◎_◎;)

解析早々、いきなりの展開に驚きです(笑)

とは言え「絶対に使わない方が良い!」というワケではありません。

現在市販シャンプーを問題なく使えている人であれば、皮膚トラブル等が起こる可能性は低いでしょう。

ただしビオロジーシリーズは、一般的な市販シャンプーよりもお高めなので、どうせならそれなりの成分が入っていて欲しいところ◎

そういう意味ではアクアシャンプーの方がオススメ度は高いです。

アクアシャンプーに配合されている『コカミドプロピルベタイン』は、洗浄力がマイルドで刺激性が低く、ベビーシャンプーにも用いられている洗浄成分。

もう一つの『ココイルイセチオン酸Na』は、それなりの洗浄力がありながら、人体への悪影響はほとんどない、どちらかと言えばマイルド寄りの洗浄成分です。

洗浄力があまり強くないため、整髪料を付けている人はしっかりすすぐ、二度洗いするといった工夫が必要かもしれませんが、頭皮ダメージの少なさで言えばアクアシャンプーの方が優秀。

両シャンプーともサーマスサーモフィルス培養成分を始め、ケラチンや植物エキスなど美髪成分が含まれていますが、洗浄成分だけを見るならアクアシャンプーに軍配が上がるでしょう◎

【初回半額特典!】ビオロジーシリーズはお試し商品も充実♪

ビオロジーシリーズは、シャンプー&コンディショナー各5日分が入った『ミニサイズセット』や、使い切りタイプの『パウチセット』、初回半額の『トライアルセット』などお試しに便利な商品がいくつか販売されています。

ミニサイズセットやパウチセットは、バラエティーショップや楽天、Amazonといったネット通販サイトで、トライアルセットはシュワルツコフの公式キャンペーンサイト&楽天、yahoo!ショッピングで購入することが可能◎

ただしトライアルセットは、楽天やyahoo!ショッピングで買うと別途送料がかかってしまうので、送料無料の公式サイトで買われることをオススメします(^_-)-☆

>>ビオロジーの公式サイトはこちらから