つまり毛穴の原因や対策は?【ケアに大事なのは〇〇と〇〇】

小鼻にポツポツと居座る角栓や毛穴の黒ずみ。

「今まさにつまり毛穴の改善法を探している!」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、つまり毛穴の原因や正しいアプローチ法、注意すべきポイントなど、毛穴トラブルの基礎知識をまとめていきたいと思います♪

洗顔料じゃ落ちない!角栓の主成分は意外な“アレ”だった◎

そもそも毛穴に詰まる“角栓”の正体は何なのか?
まずはその点を理解する必要があります◎

『角栓は皮脂が固まったもの』
そんなイメージをお持ちの方も少なくないかと思いますが…これは少し違います。

確かに角栓には皮脂も含まれているのですが、約7割半分以上を占めているのが“タンパク質”とされており、残りの3割が皮脂で出来ているのです。

この“角栓の正体”を正しく理解していないと間違った対策をしかねないので、『角栓=タンパク質汚れ』というポイントはしっかりと覚えておくようにしましょう◎

そしてお次は角栓がなぜできるのか、という点について。

つまり毛穴の原因である“角栓”は、皮脂の過剰分泌+新陳代謝によって発生した古い皮膚やメイク汚れなどが混ざり合って作られます。

つまり何かしらの理由で毛穴から分泌される皮脂が多くなったり、ターンオーバーがスムーズに行われず、古い角質がお肌の残るといった複数の要因が積み重なって発生するのです。

…とこのようにつまり毛穴の原因を知れば、やるべきケアが少しづつ見えてくるハズ。

角栓の正体やつまり毛穴の原因を間違って解釈していると、対策どころか余計に毛穴トラブルを悪化させる可能性もあるので、正しい知識をもってケアをするようにしましょう◎

次回は“毛穴の黒ずみ”が起こる原因について。

黒ずみもケアの仕方を間違えると逆効果になる可能性大なので、正しい知識を頭に入れてから対策するようご注意くださいね!

知っておくべき!毛穴の黒ずみはどうして出来るの?

毛穴の黒ずみは、角栓が空気によって酸化することで発生します。

出来たばかりの角栓は黒くないのですが時間が経過すると黒く目立つ角栓となり、ひどくなるといわゆる「いちご鼻」と呼ばれる黒いポツポツに変化してしまうのです。

また産毛が黒ずみの原因になっていることもあり、毛穴の皮脂汚れが酸化して色素沈着することで黒ずんでしまう場合もあります。

と、このように毛穴の黒ずみには複数の原因が考えられるので、スキンケアで改善を試みる前に自分がどのタイプなのかをしっかりと見極めることが大切◎

角栓によるつまり毛穴の場合はザラザラとした手触りになりますし、丁寧にシェービングすることで改善される場合は産毛が原因です。

色素沈着による黒ずみは表面がつるつるしていたり、やや毛穴がくぼんでいるケースが多いので、一度鏡の前でじっくりチェックしてみると良いでしょう。

ちなみに…色素沈着による黒ずみの場合は通常のスキンケアでは改善が困難です。

この場合は“美白ケア”を取り入れて、色素沈着にアプローチする事が必要◎

つまり毛穴→酸化して起こる黒ずみは洗顔や保湿ケアを工夫することで改善が見込めますが、つまり毛穴以外が原因になっている方は対処法が異なってくるので、まずはご自身の黒ずみの原因を見極めることから始めるようにしましょう。

お次はつまり毛穴を改善するスキンケア法について♪
簡単な対策法ばかりですので、是非今日から実践してみてくださいね(^_-)-☆

やっぱり大事!つまり毛穴解消に効果的な洗顔法とは?

つまり毛穴を解消するために最も力を入れたいのが…『洗顔』です。

角栓の原因を見ても分かるように、キレイな毛穴をキープすることがつまり毛穴解消の一番の近道◎

ですが、いかんせん角栓の主成分はタンパク質なため、残念ながら通常の洗顔料では落とすことが出来ません×

汗や皮脂なら洗顔料でも落とせますが、角栓になってしまうと落とせないのです( ノД`)

ではどうすれば良いのか…。
そこで頼りになるのが酵素洗顔やクレイ洗顔です。

酵素洗顔にはタンパク質汚れを取り除いてくれる『タンパク質分解酵素』が配合されており、クレイ洗顔に含まれる『クレイ』には、古い角質や角栓を吸着・吸収する作用があります。

ただしいずれも洗浄力が強めなため毎日ではなく週1~2回程度の使用にとどめておくのが◎。
(毎日使えるものもあります)

皮脂を取り過ぎてお肌が乾燥すると、必要以上に皮脂が分泌されるようになってしまうので、使用頻度にはくれぐれもご注意くださいね(^_-)-☆

ちなみに…熱すぎるお湯で洗顔したりゴシゴシ力を入れて洗うといった行為も、お肌を乾燥させ過剰な皮脂分泌を招く原因になってしまいます。

つまり毛穴は「しっかり洗えば洗うほど解消に近づく」というものではないので、あくまでもやさしいケアを心掛けるようにしましょう◎

意外な盲点!保湿不足が毛穴トラブルの原因に?!

つまり毛穴の原因である“皮脂の過剰分泌”を避けるためには『保湿』に力を入れることも大切!

前回少し触れていますが、皮脂を取り過ぎや保湿不足は過剰に皮脂を分泌させる原因になってしまいます。

そもそも皮脂は何のために分泌されるのか。

実は皮脂には肌表面から水分が蒸発するのを防ぐ役割があり、皮脂を取り過ぎたり肌の水分が不足して乾燥すると、それ以上の水分蒸発を防ぐためにたくさんの皮脂が分泌されるようになってしまうのです。

またお肌のうるおいが十分でないと角質が硬く厚くなり、皮脂が詰まりやすくなる…というデメリットも。

皮脂が詰まりやすくなれば、つまり毛穴が起こりやすくなるのも当然のことですよね。

洗顔で毛穴の汚れをキレイにした後は、間髪入れずに保湿ケアを!

特に皮脂分泌をコントロールする作用のあるビタミンC誘導体が配合された化粧水や、コラーゲン・ヒアルロン酸など潤い成分が配合されている化粧水はつまり毛穴に効果的です。

もちろん市販のリーズナブルな基礎化粧品で問題なく、むしろ惜しみなく使える市販コスメの方が気兼ねなく使えて良いかもしれません。

市販であれ何であれどんなに効果があるコスメでも、ケチケチ使ってしまっては十分な効果が得られないので、たっぷり使えるアイテムを選ぶことをオススメします◎

*化粧水だけでは潤いを留めておくことが出来ないので、水分を与えた後は乳液やクリームなどで蓋を!

蒸しタオルが詰まり毛穴に効果的だと言われる理由とは?

つまり毛穴の解消に効果的だとされている『蒸しタオル』。

蒸しタオルは「熱」と「蒸気」の力で毛穴を開かせるとともに、角質を柔らかくして毛穴に溜まった汚れや角栓を浮き上がらせやすくする作用があるため、洗顔と組み合わせて行うことで高い効果が期待できます◎

また蒸しタオルで毛穴を開いてあげると、洗顔後に使用する化粧水や美容液の浸透がUPする、という乾燥肌さんに嬉しいメリットも。

さらに皮下組織の血流を促し、肌の代謝を高める効果があるため、エイジングケアにも一役買ってくれます。

そんな蒸しタオルの準備手順はというと…フェイスタオルを水に浸して軽く絞り、おしぼりのようにクルクルっと巻いて500W(600W)の電子レンジで30秒~1分加熱するだけ♪

洗顔後に使用する場合は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿性の高い成分が配合されているアイテムを使うとより効果的です。

ビタミンC誘導体が入っている基礎化粧品の使用もオススメですが、乾燥肌さんや敏感肌さんは刺激を感じる場合があるので、お肌が弱っているときはセラミドなど刺激の少ない美容成分を選ぶのがオススメ◎

乾燥肌の時は乳液やクリームもセラミドが配合されている製品をチョイスすると良いでしょう。

最後に…剥がすタイプの毛穴パックや角栓を無理やり押し出す行為は、つまり毛穴に効果があるどころかつまり毛穴を悪化させてしまう可能性があります。

特に角栓を無理に押し出そうすると、周りの皮膚が傷つき、角質が硬くなったり黒ずんだりと様々なリスクがありますので、絶対にしないようにしましょう。

“洗顔”と“保湿”で毛穴トラブルに決別!

いかがでしたか?

つまり毛穴は“取り除くケア”だけでなく“補うケア”も大切だという事が分かっていただけたでしょうか。

キレイな毛穴をキープすることも大事ですが、それと同じくらいしっかりと保湿をすることも大事◎

保湿不足は毛穴トラブルだけでなく、シワやたるみ、バリア機能の低下など様々なトラブルの要因になってしまいますので、毎日きちんと行うよう心がけてくださいね(^_-)-☆

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。