【あさイチで話題!】“クミンドリンク”の効果と作り方まとめ!

NHKの朝の情報番組『あさイチ』で紹介され、話題になっているクミンドリンク。

カレーのスパイスとして用いられることの多いクミンですが、9月26日の放送では、このクミンに“抗糖化作用がある”という情報が発信され、そのアンチエイジング効果に注目が集中!

そもそも糖化とは…
体の中で増え過ぎた糖がタンパク質と結合すると『AGEs』という老化物質に変化し、この現象を『糖化』といいます。

AGEsが増えると…
肌 →シワやたるみが起こりやすくなる。
血管→動脈硬化が起こりやすくなる。
骨 →骨粗鬆症が起こりやすくなる。
目 →網膜症が起こりやすくなる。
脳 →認知症を発症しやすくなる。

そう、つまりAGEsは様々な老化症状の元となる物質なんですね(◎_◎;)

そしてあさイチで紹介されたクミンには、糖の吸収を抑えるだけでなく、AGEsの生成そのものを抑制する作用がある、と。

同志社大学の生命医科学部教授 八木先生によると、クミンを摂取することでAGEsの生成量が半分以下の55%減に抑えられたという実験結果もあるのだそうです。

ちなみに、あさイチで紹介されていたクミンドリンクの作り方がコチラ↓↓

<用意するもの>

●クミンパウダー → ティースプーン1/2杯 
●塩・黒こしょう → 各少々
●レモン汁 → 1/2個分
●水 → 200mL
*クミンシードを使う場合は、ミルなどで細かくしておく。

<作り方>

★グラスに材料をすべて入れて、混ぜるだけ◎
水を炭酸水に変えてもGOOD♪

材料もシンプルで作り方も簡単ですよね(^_-)-☆

まだまだあらゆる可能性を秘めている『クミン』。
今後の研究に期待ですね♪