ダイエットによる”肌荒れ”の原因と改善方法は?【※必見】

ダイエット中に肌荒れを起こしてしまったら?
それは“栄養不足”のサインかもしれません。

ダイエットを始めるとどうしても食事量を減らしてしまうものですよね。

それ自体は決して悪いことではありませんし、食事量を減らさなければダイエットが成功しにくいというのも実際のところです。

肝心なのは「減らしすぎていないか」という点と、「栄養がきちんと摂れているか」という点です。

テレビや雑誌のダイエット特集を見ていると、○○ダイエットという特定の食材だけを食べるダイエット法が紹介されていますが、あの手のダイエットはオススメできません。

少し考えれば分かることですが、○○ダイエットと呼ばれるものは基本的に栄養が偏ってしまいますよね。

そんな無謀なダイエットをしてしまえば、肌荒れを起こしてしまうのも無理もありません。

もし今そんなダイエット法を実践しているのであれば、すぐに改善する必要があります。

キレイに痩せるためには、栄養素をバランスよく補給すること!

特に美肌作りに欠かせない「タンパク質」、「ビタミン群」、「ミネラル」、「鉄分」をしっかりと補うようにしましょう◎

タンパク質は脂質が高く高カロリーなイメージがありますが、鶏の胸肉やさささみなどヘルシーで高タンパクな食材もたくさんあります。

卵にもタンパク質がたくさんの含まれており、尚且つビタミンBも豊富に含まれている優秀な食材です。

また主食である炭水化物を一切摂らないのも太りやすい体を作る原因となってしまうため、炭水化物抜きダイエットを実践している人は改善することをオススメします。

偏った食生活は肌荒れだけでなく、ダイエットを成功から遠ざけてしまう行為です。

適度に体を動かし、バランス良く栄養素を摂る。
冷えや便秘もダイエットと肌荒れの大敵ですから、冷たい飲み物が好きな人はなるべくホットドリンクを飲むよう改善していきましょう◎

騙されないで!○○だけダイエットにはワナがある!?

“「スリムになってキレイになりたい!」
女性なら誰もがそんな願望を持っているものではないでしょうか♪

痩せている=美しいというのはちょっと偏った見方でもありますが、お腹周りがぶよぶよだったり、太ももがパンパンなのはお世辞にも美しいとは言えないですよね(^_^;)

でも「間違ったダイエットは身を滅ぼす!」というのはダイエットをするにあたって絶対に頭に入れておきたいポイント。

痩せたいからといって無理な食事制限をしたり、野菜だけ、お肉だけ、といったバランスの悪い食生活を送ってしまうのは禁物です◎

あくまでも大事なのは“バランスのいい食生活を送ること”!

炭水化物とタンパク質、脂質はもちろんですが、ビタミンやミネラル、食物繊維なども栄養素もしっかりと摂っていくようにしましょう♪

偏った食生活の何がイケナイのかと言うと…脂肪ではなく筋肉が減ってしまったり、肌荒れの原因となってしまう場合があるからなのです。

ダイエットを始めてから肌荒れ症状が出るようになった…という方は栄養不足が原因かもしれません。

肌荒れというと、ストレスや基礎化粧品との相性が悪いなどの原因が頭に浮かびがちですが、間違ったダイエットも立派な肌荒れの原因のひとつだということは覚えておきたいもの。

また、ダイエット中は便秘になりやすいものですが、これも肌トラブルを起こす原因のひとつです。

野菜や果物、海藻類など食物繊維の豊富な食材を積極的に摂り、便秘対策もとりながらダイエットを実践していきましょう(^_-)-☆

意外と知らない!糖質制限が冷えの原因になりうるって本当?!

「肌は内臓の鏡」と言われているように、内臓の不調はお肌に顕著に現れるもの!

特にダイエットを始めてからニキビなどの肌荒れ症状が出るようになった…という人は注意が必要です。

ダイエットをしているとどうしても食べる量を減らしたり、炭水化物を敬遠してしまいがちですよね。

最近では“糖質制限ダイエット”が注目されていることもあり、炭水化物を減らしたり抜いたりしたダイエット法を取り入れている人も少なくないのではないでしょうか?

ですが、これこそが冷えの原因となっている場合があるのです!

そもそも糖質は身体を動かすエネルギー源となり、さらに体の熱を作るために必要なものでもあります。

その糖質を制限してしまうことはすなわち、熱を作り出すもとが身体から無くなるということ!

これでは体が冷えてしまうのも無理もないことですよね。

また糖質制限の落とし穴は意外なところにも潜んでいます。

それは筋肉量が減る危険性がある、というポイント◎

ダイエットのカギとなる基礎代謝を上げるためには、筋肉を付けることがとても大切なことですが、糖質をカットしすぎると足りない糖質を補充しようとカラダ自らが筋肉のアミノ酸に分解して糖を作りだすことになってしまうのです。

筋肉量が減ってしまえば基礎代謝が落ち、これも冷えにつながってしまいます。

もちろんカラダを冷やす食べ物も内臓の冷えを招く原因のひとつです。

コールドドリンクばかり飲んでしまっては胃に負担をかけることになってしまうので、なるべく温かい飲み物を飲むようにしましょう◎

肌荒れを改善するためには、バランス良く栄養を摂ることと冷えの原因となる食べ物を避けることが非常に重要になってきます。

もちろんニキビを改善するためのスキンケアを行うことも大切なことですが、カラダの内側のケアを怠っていては治るものも治らないのが実際のところです。

ニキビや乾燥といった肌荒れにお悩みの方は、今一度食生活の見直してみてくださいね(^_-)-☆

肌荒れニキビに効く!ニキビに効果的な食べ物はコレ!

体内環境がお肌に与える影響は想像以上に大きく、バランスの悪い食生活は肌荒れに直結するアブナイ行為です。

特に多くの人が頭を悩ませる“ニキビ”は栄養不足が原因で起こる場合が多く、スキンケアだけでなく食事面にも気を配っていくことが大切!

ここではニキビに良い食べ物と悪い食べ物をまとめていきましょう♪

【ニキビに良い栄養素・食べ物】

●ビタミンB2/B6
*ニキビの原因となる脂質の代謝を促進させ、皮脂分泌を抑える。
[卵・魚類・大豆・チーズ・アーモンド・牛乳・緑黄色野菜]

●ビタミンA
*皮膚の乾燥や色素沈着を防ぎ、粘膜を健康な状態に保つ働きがある。
[鶏、豚レバー・バター・しそ・パセリ]

●ビタミンC
*抗酸化作用が強い美肌に欠かせない物質。
ビタミンBと一緒に取ることで効果がUPする。
[いちご・キウイフルーツ・柿・赤ピーマン]

●亜鉛
*傷の治癒やお肌のターンオーバーを正常に行うために必要不可欠なミネラルの一種。
[牡蠣・レバー・牛肉・たまご・チーズ]  

逆にニキビに悪い食べ物は、糖分や脂質がスナック菓子やファストフード、菓子パンなどです。

最近ではパンケーキやフレンチトーストといった生クリームやバターたっぷりのスイーツも多くありますが、これらの食べ物もニキビのことを考えれば決して良いものではありません。

また、コーヒーもミネラルやビタミンの吸収を阻害してしまうため、飲むタイミングには注意したいもの。

サプリメントなどでビタミンやミネラルを補給した後2時間ほどはカフェインの摂取を我慢するにしましょう◎

ダイエットをしている人も知らず知らずの間に栄養が偏り、それによって肌荒れが起きている場合があります。

ダイエット中の肌荒れを予防するためには、カロリーが低いかという点にこだわるのではなく、栄養バランスに気を配ることが大切です。

過度な食事制限やカロリー制限をするのではなく、バランスの良い食事をとるようにしましょう♪

低体温に要注意!痩せ体質を作りたいなら体温を上げよう!

みなさんは自分の平熱が何度なのかをご存知でしょうか?

「低体温は体に良くない!」という言葉を耳にすることもあるかと思いますが、実はこれはダイエットを効率よく成功させるためにも共通して言えること◎

何を隠そう私たちの体は、内臓温度が1℃低くなるだけで基礎代謝が約12%~15%も下がると言われているんですよ~!

ちなみに理想的な内臓温度は37.2℃~38℃とされており、この温度をキープするためには最低でも36,5℃程度の体温が必要と言われています。

ですから、単純に考えて体温が35℃台の人は36℃台の人と比べて基礎代謝能力が10%以上も低いことになってしまうのです。

私自身、数年前までは平熱が35℃台で万年冷え性の人間でしたが、心機一転改善を目指して漢方を飲んだり軽い運動を習慣付けたところ、今では見事に36度半ばを保てるようになりました。

もちろん、体温を上げるのは簡単なことではありませんし、長い目で取り組む必要があります。

ですが平熱が上がってからは、冷えが改善されてカラダの調子が良くなり、ダイエット効果がUPしたのは明らかに実感としてあるんですよね♪

毎日体温を測ることは、婦人科系の疾患の早期発見にもつながります。
自分の平熱を知らない人はこの機会に測る習慣をつけてみてはいかがでしょうか(^_-)-☆