肌の“乾燥”に悩む方は必見!【摂っておきたい栄養素2選】

秋から冬にかけて、肌の乾燥に悩む方は多いと思います。

私自身もそうで、夏場は洗顔だけでも乾燥に悩むことはないのですが、
11月~の乾燥時期になるととにかく酷かったです。。

どのくらいの酷かったかと言うと、口や鼻の周り、頬に粉を吹くくらいの症状でした。
(口周りの乾燥は特に目立ちます)

この記事を読まれているということは、

「肌の乾燥を抑えるために体の内側からケアをしたい」

とおもわれてるのではないでしょうか?
今回はそんな肌乾燥に悩む方のために、

「肌の乾燥をケアするために摂取しておきたい栄養素」

についてお話ししていきたいと思います。

もちろん、洗顔料の見直しなど外的なことで乾燥が改善できる場合も多いのですが、
今回は“インナーケア”に着目した情報をお届けしたいと思います。

肌の乾燥にお悩みの方は是非ご覧になって下さいね。

肌乾燥に悩む方必見!潤いケアができる栄養素2つ!


さて、それでは早速見ていきましょう。

①ビタミンA


乾燥にお悩みの方が摂っておきたい栄養素の1つ目が“ビタミンA”です。
食べ物では主にレバーや緑黄色野菜、豆類に含まれています。

なぜビタミンAが乾燥にオススメなの?

それはターンオーバーを整える(調整する)働きがあるからです。
(ターンオーバーとは“肌の新陳代謝”のことです。)

肌が正常な状態だとターンオーバーが28日周期で行われるのですが、
これが病気になったり、年齢を重ねたりすると乱れてしまいます。
(乱れる=遅くなるor早くなる)

ターンオーバーが乱れた状態では、肌がみずみずしくすこやかな状態とはいえません。
それを整えるのがビタミンAの役割という訳です。

ビタミンAを含む主な食べ物

食べ物含有量(100g)
鶏肉(レバー)14000
うなぎ(かば焼)1500
牛肉(レバー)1100
モロヘイヤ840
にんじん720
パセリ620
ほうれん草(ゆで)350
にら290
小松菜230
チンゲン菜170
ミニトマト80

鶏肉(レバー)が圧倒的な含有量を誇ります。

ただ、なかなか鳥レバーを摂るのは難しいですよね..
手軽なものとしてはにんじんほうれん草でしょうか。

日頃の食卓にプラスαとして摂っておきたいところです。

②鉄分


乾燥ケアにおすすめな栄養素の2つ目は鉄分です。
鉄分と言えば、不足すると貧血の原因になるとも言われていますよね。

その他にも、イライラや集中力の低下を招くリスク場合もあります。
上記のような症状出ている方は、もしかしたら鉄分が不足しているかもしれません。

レバーなどに多く含まれる栄養素です。

なぜ鉄分が乾燥にオススメなの?

上ではターンオーバーが乱れると肌がみずみずしい状態を保てないとのお話しをしました。
ターンオーバーが乱れる理由は加齢や病気の他、血行不良によって代謝が悪くなることでも起こります。

そこで鉄分の出番です。この栄養素には血行を促す働きがあります。
したがってターンオーバーの乱れを防ぎ、潤った肌を保てるという訳です。

鉄分を含む主な食べ物

食べ物含有量(100g)
鶏肉(レバー)9.0mg
パセリ7.5mg
たまごの卵黄6.0mg
あゆ(焼き)5.5mg
しじみ5.3mg
ほっき貝4.4mg
あさり3.8mg
がんもどき3.6mg
納豆3.3mg
枝豆2.7mg
かつお1.9mg

一人暮らしのメンズにとってはなかなか摂りにくい食材も多そうですが、
コンビニなど置いていて手軽にとれるものもあります。

納豆はオススメですね。
小腹が空いた時に食べるとそこそこ満腹感がありますし、
何より美容だけでなく健康にも良いとされています。

私自身も冷蔵庫にはかかさず常備しています。

なかなか食事で摂れない場合は〇〇もオススメ!


「肌の乾燥にはビタミンAと鉄分が良いのは分かった。でもなかなか摂取するのが難しい..」

という方もいるでしょう。
そんな方にオススメなのが“サプリメントで摂取する”という方法です。

これは本当にオススメです。もちろん私もこの方法でビタミンAと鉄分を摂取しています。
私が考える利点は以下の2つです。

【メリット①】料理の手間を省く(時短)ことができる


朝から晩まで働いている方は、
なかなか料理をすることは難しいでしょう。

そんな方にとって“手軽に摂取できる”という面では、この上なくメリットがあると思います。

【メリット②】いつでも摂取できる


また、いつでも摂れるということも大きなメリットでしょう。
医薬品と違って一日の摂取量を守れば、特に「いつ摂らなければならい」といったことは決められていません。

私の場合は朝食後に摂っていますが、基本は朝昼晩といつ摂取しても問題がありません。

オススメのサプリメントはコレ


私が今飲んでるサプリメントはアサヒさんの「ディアナチュラ 鉄×マルチビタミン」です。
以前はCMも結構やっていましたよね。

店頭でも似たようなサプリが並んでいるかと思いますが、なぜこのサプリメントを買ったかというと、
“鉄とビタミンが摂取できる”とまさに乾燥ケアにピッタリのサプリだったからです。

実際にこのサプリを飲み始めてから、あまり乾燥しなくなった気がします。
(必ずしも、このサプリだけのお陰だけとは限りませんが)

上記ディアナチュラのパッケージにもビタミンAの働きとして、

皮膚や粘膜の健康維持を助ける

との記載がありますね。

飲み始めて3ヵ月程度が経過していますが、日中は特に乾燥してるといった感じがありません。
去年の11月と比較すると差は歴然です。

店頭で買える

今回私がディアナチュラを購入したのは大手スーパーの「イオン」のサプリメントコーナーでした。
大手の商品なので、おそらく多くの販売店で売っているかと思います。
ドラッグストアに寄った際には是非みてみて下さい。

ネットでも買える

大手のネット通販でも販売しているようです。
私が見たところAmazonや楽天、ヤフーショッピングで取扱いがありました。
※Amazonではベストセラーとなっていました

店頭に行く暇がない、ついで買いなどしたい方は通販をご利用下さい。

サプリメントを摂取する場合の注意点


一般的に女性の場合は「妊娠中(または妊娠を希望する)方の過剰摂取は控える」であったり、
乳幼児または小児の場合は「摂取しない」といった注意点があげられます。

男女共通なのは、

注意
〇摂取量(メーカーが定める)を必ず守る
〇アレルギーの症状が出る(またはアレルギーのある原材料が使われている)場合は控える

といったことなどがあげられます。
“摂取量を守る”という項目については特に注意しておきましょう。

なぜなら、多量摂取により著しく効果が出るということはないためです。

むしろ、過剰摂取によるリスク(健康被害など)を大きくしてしまうことにつながるので、
メーカーが記載している「摂取上の注意」は、必ず守って飲むようにしましょう。

「肌の乾燥対策にオススメの栄養素」まとめ


いかがでしたでしょうか?
当記事をまとめると、

①乾燥ケアにおすすめの栄養素は「ビタミンA」と「鉄分」
②食事で栄養素を摂取できない場合はサプリメントでもOK

といった結論です。

「乾燥対策するために自分に合った洗顔を探そう!」
「保湿成分を配合した良い美容液を使おう!」

といった考え方ももちろん大事ですが、インナーケア(食事や睡眠)とアウターケア(化粧品による保湿)は車の両輪です。
普段から食事も気を付けて、良いスキンケアライフを送りましょう!