敏感肌は〇〇に要注意?酵素洗顔を使う時に気を付けたいこと

顔のくすみや毛穴の黒ずみに効果的だと注目されている『酵素洗顔』♪

アットコスメの洗顔ランキングでも、suisaiやオバジ、ファンケルの洗顔パウダーなど酵素洗顔が数多くランクインしていて、その人気の高さが伺えますよね(´艸`*)

くすみ・黒ずみに!酵素洗顔でクリアな肌を取り戻せ☆

でも…残念ながら「敏感肌の人は酵素洗顔が合わない」という意見もないワケではなく、これは敏感肌のワタシとしても無視できない情報!

ということで今回は、酵素洗顔の特徴、そして酵素洗顔を敏感肌の人が使用して良いのかどうかという点についてまとめていきたいと思います◎

今まさに酵素洗顔を使ってみようと考えている敏感肌さんは要チェック!

余計な肌トラブルを作らないためにも、是非使用する前にご覧になってみてくださいね(^_-)-☆

酵素洗顔ってどんなもの?

まず最初に酵素洗顔がどのようなものなのか、という点について◎

酵素洗顔とは、植物性の酵素を配合して作られた洗顔料のことを言い、具体的には青パパイヤ由来のパパイン酵素やパイナップル由来のプロメライン(パイン酵素)、天然酵母由来の酵素プロテアーゼといった成分が配合された洗顔料のことを言います。

そしてこれらの酵素がなぜ肌に良いのかというと…、パパイン酵素やプロメラインなどには、タンパク質を分解する作用があると言われているのです(*´∀`*)b

そもそも、私たちの毛穴に詰まる角栓や不要な角質は“タンパク質”で出来ています。

あまり「角栓や角質=タンパク質が主成分」というイメージが浸透していないのでピンとこないかもしれませんが、実は角栓の7割はタンパク質で出来ていて、これは普通の洗顔料では落とすことができないのです。

そこでタンパク質を分解する作用のある植物性酵素配合の酵素洗顔が注目されている、というワケなんですね~(ΦωΦ)?

角栓が毛穴に詰まったままだと、その詰まった角栓が空気に触れて酸化し、黒ずみやすくなりますし、古い角質が肌表面に残ったままだと、くすんで見えたり、化粧水等の浸透を妨げてしまう。

古い角質が残っているせいで乾燥が改善されない、というケースもあるほど、古い角質の蓄積はお肌にとってよろしくないことだと言われています。

確かに、せっかく乾燥をどうにかしようとお高い基礎化粧品を使っても、角質が邪魔してしまっては本末転倒ですよね(^-^;

と、このように角栓や古い角質が肌に与えるデメリットを考えれば、酵素洗顔が注目されている事にも納得できるハズ◎

が、しかし、やはりそれだけの効果が期待できる酵素洗顔には、敏感肌さんにとって耳が痛~い実情もあり…、次回は敏感肌が知っておくべき酵素洗顔の注意点についてお伝えしますので、激しい乾燥にお悩みの方や敏感肌の方は次回分もチェックしてみてくださいね☆

敏感肌さんは使用頻度に注意が必要!

角栓除去に効果的な酵素洗顔。
古い角質もクリアにしてくれる酵素洗顔。

これはくすみや毛穴の角栓に悩んでいる人にしてみれば是非とも取り入れたいところですが…ここで注意したいのが、酵素洗顔の洗浄力です。

そう、これは酵素洗顔のみならず、「古い角質を除去する」と謳うピーリングにも言えることなのですが、やはりこの手のアイテムは必要な角質も少なからず取り除いてしまうのが実情です。

敏感肌は要注意?

そのため、うるおい不足の乾燥肌さんや角質層が健康な状態ではない敏感肌さんが使うと、より乾燥したり敏感肌に傾いたりといったリスクがあると言われているんですね~( ノД`)

ただし、これは使い方を工夫することで回避することができます。

そもそも酵素洗顔は“毎日”使用するものではなく“定期的”に使うもの。

中には毎日の使用OKとしている製品もありますが、それでも1日2回使用すると、乾燥したりつっぱったりといったリスクが出てくると言われています。

当然、乾燥肌の人や敏感肌の人が1日2回使うと、肌への負担が大きくなってしまうワケで…、ズバリ敏感肌の人が酵素洗顔を行うベストな頻度は『週に1回以下』です。

また、肌荒れしている時の使用も避けるのが賢明。

肌荒れを起こしている時に必要以上の負担をかけてしまうと、それが原因で肌荒れが悪化する可能性もありますので、ニキビが出来ているときなどの使用は控えることをオススメします。

酵素洗顔の後は徹底保湿が必須!

酵素洗顔を使った後は保湿ケアにも力を入れる事が大切!
これは酵素洗顔を使用する上で一番大切なポイントだと言えるかもしれません。

だって角質を取り除くということは、お肌が無防備な状態になるということですもの(ΦωΦ)!!

そんな無防備状態のお肌をシンプル保湿で済ませてしまっては…乾燥しやすくなったり、刺激に弱くなってしまうのは当然のことですよね( ノД`)

そこで!!

酵素洗顔後の保湿ケアにオススメされているのがフェイスパックです◎

フェイスパックと言っても、市販のパックを購入する必要はなく、手持ちのコットンに普段使っている化粧水を染み込ませた、お手製フェイスパックでOK!

このパック(以下コットンパック)はお金もかからず、時間もかけずにいつものお手入れをパワーアップさせることができるので、皆さんも是非実践してみてくださいね☆

【コットンパックのやり方】

①コットンに水または化粧水をヒタヒタになるくらいに染み込ませる。
(水を含ませた場合は、しぼってから化粧水をたっぷり含ませる)
②化粧水を含ませたコットンを2枚~5枚くらいに割きおでこや頬、目元、口元に貼り付ける。
③2分~5分(化粧水のタイプによって異なる)ほどしたらコットンを剥がし、乳液やクリームで肌を整える。

いかがでしょうか♪
とっても簡単ですよね(^_-)-☆

ただしコットンパックにも一つだけ注意点があり…

『エタノール』が配合されている化粧水は避けるのが◎です。

特に乾燥肌さんや敏感肌さんは、うるおい不足になったり、刺激を感じるなど肌トラブルが起こる可能性が否定できないなので、出来るだけお肌にやさしいものを使用することをオススメします。

最後に、、酵素洗顔と一口に言っても、敏感肌向けに開発されたお肌にやさしい製品から洗浄力が強く、敏感肌さんに不向きなものまで様々あります。

代表的な酵素洗顔ブランド“パパウオッシュ”は、無料のサンプルセットをお取り寄せすることもできるので、まずはタダで試せるものから使ってみるのも一つの手かもしれませんね♪