【女性版】ニキビ対策コスメの選び方とおすすめは!?市販&通販

思春期ニキビが落ち着いたと思ったら、今度は大人ニキビに悩まされるようになってしまった…。

そんな辛~い日々を送っている方も少なくないのではないでしょうか?

シミならコンシーラーやファンデーションで隠れてくれるけど、凹凸したニキビはメイク用品を駆使しても少なからず目立ってしまうもの。

今回はそんな大人ニキビにお悩みの方が知っておくべき、“ニキビ対策コスメの選び方”についてまとめていきたいと思います。

大人ニキビに効果的な化粧水の選び方とオススメ化粧水


まずはニキビ用化粧品を選ぶ際のポイントをいくつか紹介しておきましょう。

★肌のバリア機能をサポートする成分をチョイスしよう!

大人ニキビが出来るお肌は、バリア機能が低下し、デリケートな状態にあります。

逆に言えば、バリア機能がきちんと働いてくれていれば、ニキビの出来ない健やかな肌をキープすることが出来るのです。
そのため、大人ニキビに悩んでいる女性は『ビタミンC誘導体』『ミネラルオイル』など乾燥肌のバリア機能を高め、尚且つニキビの増加を防いでくれる化粧品を選ぶのが◎です。

★油分の与えすぎはNG×

化粧水だけではせっかく与えた潤いが逃げていってしまうので、適度な油分も必要です。

が、油分を与えすぎるとアクネ菌の増殖を招いてしまう可能性があるので、さっぱりめの化粧品を使用するのがオススメ。

化粧水をつけた後に、ベタベタとクリームを塗りたくるのは避けるようにしましょう。

★肌に負担がかかる(刺激が強い)ものは避けるべし!

上述のように、ニキビが出来る肌はデリケートな状態にあるため、それまで使っていた基礎化粧品で刺激を感じることも考えられます。

その場合は無理して使い続けるのではなく、シンプルな成分で作られたお肌にやさしい化粧品に切り替えるのが◎。

香料や着色料、防腐剤や紫外線吸収剤が配合されていないものを選ぶと良いでしょう。

【市販のニキビケア製品で人気なのはコレ!】

<ハトムギ配合の製品>

ニキビにはやっぱりハトムギ!
アットコスメのニキビケアランキングで堂々の1位を獲得しているのが、ナチュリエの『ハトムギ化粧水』です。

ドラッグストアなどで広く市販されており、お値段が非常にリーズナブルなのもこのアイテムの素晴らしいところ。

アルビオンのスキンコンディショナーもニキビケアに効果アリと多くの女性から絶大な人気を誇るハトムギ配合化粧水です。

<オードムーゲの薬用ローション>

こちらもアットコスメのニキビケアランキングで8位にランクインする人気者。
こちらの薬用ローションは拭き取り化粧水で、ニキビの炎症を鎮める効果が期待できます。
ニキビの原因菌を殺菌する作用を持つイソプロピルメチルフェノールと抗炎症作用を持つグリチルリチン酸配合のオードムーゲ薬用ローション。

洗顔後のプラスワンアイテムとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

<ルナメアAC スキンコンディショナー>

富士フィルムが手掛けるルナメアACもニキビに悩む女性たちの支持を集める一品。

こちらのブランドは私の家族も使っていますが、確かにこれを使うようになってからニキビが出来にくくなり、たとえ出来てしまってもそこまで悪化することがなくなったような気がします。

ルナメアACはトライアルセット(1,080円)もお取り寄せできるので、気になった人は一度お試し品を購入するのも◎。
*市販もアリ。

トライアルセットなら化粧水だけでなく、メイク落とし+洗顔料+ジェルクリームも試せるので、ライン使い派の方にもオススメですよ(^_-)-☆

大人ニキビに効果的な洗顔料の選び方とオススメ洗顔料

お次は大人ニキビに悩む女性が知っておくべきニキビ洗顔料の対策選び方についてです。

まず、ニキビを予防・改善するためには“洗いすぎないこと”に気を付ける必要があります。

ニキビが出来ると「肌が脂っぽいからしっかり洗わないと…」と思ってしまいがちですが、大人ニキビの原因は“脂”ではなく“乾燥”。

洗浄力の強すぎる洗顔料を使ったり、日に何度も洗顔をしてしまうと、必要な皮脂まで取り除いてしまい、ニキビが出来やすい環境を作ってしまうので、皮脂の取りすぎ&洗いすぎには注意するようにしましょう◎

また『泡立ちが良いかどうか』という点も重要なポイントです。

泡立ちが悪いものを使ってしまうと、肌と手指の間で摩擦が起こりやすくなり、肌に負担がかかってしまうので、弾力のある泡が作れる洗顔料を選ぶことをオススメします。

【オススメの洗顔料はコレ!】

<ルナメアAC ファイバーフォーム>

またしてもルナメアACの登場!
こちらの洗顔料はとにかく泡の質が良く、クッション性に優れています。
また、ファイバーフォームには肌にダメージを与えない糸状の植物繊維(ファイバースクラブ)が配合されているため、毛穴の奥の汚れの除去にも効果テキメン◎
こちらの製品は前回紹介したトライアルセットに入っているので、気になる女性陣は一度お取り寄せしてみて!

[kanrenc id=”241″]

<オルビス 薬用クリアウォッシュ>

薬用クリアシリーズはオルビスのニキビケアライン。
全商品に肌荒れを防ぐ効果のある『紫根エキス』や抗炎症作用を持つ『グリチルリチン酸2k』を配合したニキビケアに特化したブランドです。

そしてこちらもルナメアACと同様、市販・通販どちらでも購入可能。
万が一肌に合わなかった場合の30日間返品保証が付いているトコロもオススメポイントの一つです。

[kanrenc id=”442″]

<ファーストクラッシュ>

この製品は洗顔と保湿を1本で済ませられる何ともユニークな一品。

元々は思春期ニキビに悩む若い世代向けに開発された商品ですが、「お肌にやさしい!」「スキンケアの手間が省ける!」と、オトナ女子からも高い人気を得ています。

ただしこちらの商品は通販限定
楽天やAmazonといった通販サイトでは購入できますが、店頭販売は行われていないので不便さは否めないかもしれません。

[kanrenc id=”265″]

【体験談】自分に合う基礎化粧品がニキビ肌を変える!


ここでちょっと個人的なお話を。

実は私も大人ニキビに悩んでいた一人なんですよね(^^;
大量に出来てしまったり、特別ニキビができやすい体質…というワケではなかったのですが、1ヶ月のうち半分は必ず一つや二つニキビが出来ていました。

が、今ではすっかり落ち着きまして。

「何が改善のカギになったのかしら」と考えたところ、やはり肌に合う基礎化粧品に出会えたこと、という答えにたどり着きました。

ちなみに私がダメだったのは、ニベアクリーム(青缶)のコッテリ塗り。
薄く塗る分には問題ありませんが、コッテリ塗りを止めただけでもニキビが出来にくくなりました。

そして、特にニキビに効果を感じたのはアルビオンのスキンコンディショナー。

オススメの化粧水編でも少し触れていますが、さすがお高いこともあり、ニキビ予防に効果テキメンでした。

匂いに抵抗がある人もいるかもしれませんし、もしかしたら刺激を感じる人もいるかもしれませんが、私のニキビにはかなり効果を発揮してくれた一品です。

また、SK-Ⅱの R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジもニキビが出来なくて◎。

クリームはどうしてもニキビができやすいものが多く、出来れば使いたくないのが本音でしたが、乳液ということもあってか R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジはニキビが出来ることなく使えています。

ただし、SK-Ⅱもアルビオン同様お高いのが難点(笑)

ですが、特にスキンコンディショナーは大人ニキビができやすい女性に是非ともオススメしたい化粧水です。

アルビオンもSK-Ⅱもカウンターに行けばサンプルをもらえるので、試してみるのも一つの手かもしれませんね♪

▼店舗を探すなら(外部サイト)
SK-II 全国店舗検索 | SK-II(SK2/エスケーツー)公式

日頃の生活習慣の見直しも

最後に…便秘の女性や睡眠不足の方は、それが原因でニキビが出来ている可能性もあります。

特に女性は便秘になりやすいもの。
ニキビができやすい人は、スキンケアだけでなく、あらゆる角度からニキビ対策を行っていくことをオススメします。

皮膚科でニキビ治療をするのも◎

ニキビが治らないときは、皮膚科を受診するのもひとつの手段。

「ニキビごときで皮膚科に…」なんて思う必要はありません。

皮膚科では外用薬や内服薬を処方してもらうことになりますが、やはり専門家の力を借りれば治りも早くなりますし、悪化するのを防ぐことも出来ます。

ニキビの初期段階である白ニキビを自分で潰している人も、本来であれば皮膚科で処置してもらうのが◎。

下手に潰すとニキビ跡になってしまい、消えなくなる可能性も十分にあります。

ニキビは跡を残さないことが大切

ニキビ跡は一度出来てしまうと簡単には治らないもの。

女性であればメイクで隠すことも出来ますが…隠さなくても良いように、跡を残さないことの方が重要です。

ニキビが治らないと、そのストレスでさらに治りが悪くなってしまうことも考えられます。

治らない治らないと抱え込まずに、出来てしまったときは思い切って皮膚科を受診しましょう◎

ストレスは女性ホルモンにも悪影響を及ぼします。
女性ホルモンのバランスが乱れると、お肌にも悪い影響が出てしまいますので、なるべくストレスを抱えないよう心がけましょう(^_-)-☆

ニキビの原因は意外なところにも…

ニキビは、洗顔料のすすぎ残しやシャンプー、コンディショナーのすすぎ残し、整髪剤が触れることなどが原因で発生する場合もあります。

基礎化粧品を変えたり生活習慣を改善しても良い効果が得られない場合は、ヘアケア製品や香水などが原因になっていないかを今一度見直すことをオススメします。