顔の産毛剃りのタイミングはいつ?洗顔前がNGなワケとは

皆さんは顔の産毛処理を定期的に行っていますか?

ここでは口の周りに生えるヒゲも“産毛”として捉えていきますが、やはり口の周りが産毛でモサモサしていると、ちょっとお恥ずかしいものですよね(^-^;

もしかして…その乾燥・くすみは産毛のせいかも?!

おそらく、男性女性問わず、大半の方が定期的に処理されていることと思います。

また、産毛は口の周り以外、例えばおでこや頬、こめかみのあたりなどにも少なからず生えていますが、こちらは目立ちにくいため、処理されていない方も多いハズ。

実際にカミソリで有名な某企業の調査によると、「一度も処理したことがない」と答えた人が14%もいたのだそうです。

しかし、この産毛は剃っておいて損はナシ。

実は顔剃りには、スキンケア効果を高めたり、メイクの仕上がりを良くする効果があると言われているのです◎

というのも、皮膚科医のドクターによると、顔専用のカミソリで産毛処理をしたところ、『肌の水分量・油分量が上昇し、みずみずしくシワの少ない肌になった』、『肌全体が明るくなり、きめ細やかな透明感のある肌になった』、『毛穴が目立たなくなった』といったメリットがあることが分かったのだそう。

つまり適切なケアをすると、くすみや保湿力、再生力が改善されることが明らかになったのです。

お肌の状態が良くなれば、メイクの仕上がりも変わるもの。

くすみやうるおい不足に悩んでいる人は、適切な顔剃りが脱却の糸口になるかもしれません◎

ただし、一つ注意したいのが「顔剃りは洗顔前、洗顔中、洗顔後、いつ行ってもOKというワケではない」という点。

洗顔前にお手入れをしている人も多い事かと思いますが、実は洗顔前の顔剃りは皮膚を傷つけやすいためNGとされているのです。

次回は、その理由とオススメのタイミングについてまとめていきますので、是非そちらも併せてご覧になってみてくださいね(^_-)-☆

産毛を剃るベストタイミングはいつ?!

洗顔前に顔の産毛剃りをやってはいけない理由。

それは、乾燥した状態で産毛剃りを行うと、肌を傷つけてしまうためです。

産毛剃りは、たとえ乾燥していない状態で行っても、少なからず肌の角質をはがし、お肌にダメージを与えてしまうもの。

出来る限り肌へのダメージを少なくするために、お肌を柔らかくしておく必要があるのです。

肌を柔らかくする方法としては、蒸しタオルやスチーマーが有効◎

これらの方法が面倒な場合は、少し汗をかくぐらい湯船につかった後、処理すると良いでしょう。

また、顔に汚れが付いた状態で行うのも適切ではなく、これも洗顔前の産毛剃りを避けるべき理由の一つです。

朝や夜など、いついつこのタイミングで、というほどハッキリとした指定はありませんが、いつお手入れをするにしても“お肌が柔らかくなってから”、“清潔な状態”で行うよう心がけてくださいね♪