ファンデーションを“成分”で選ぶ前に知っておきたいこと!

「この成分が入っているファンデーションは危険!」

このような情報を目にしたことがある人も少なくないことでしょう。

最近ではこういった「〇〇は危険!」的な言葉で不安を煽り、「安全なこの商品がオススメ」などと巧みに誘導するサイトが多いため、何を信じていいのか分からなくなってしまいますよね(x_x;)

化粧品の成分にこだわりすぎるのも考えもの?


そもそも、本当にそこまで成分にこだわって選ばなければいけないのか…。

なろうと思えばいくらでも神経質になれてしまうワケですが、それがストレスになってしまっては本末転倒、そのストレスがお肌の調子を狂わせることだって十分に考えられます。

結論から言うと、世の中で敬遠されがちなタール系色素やら防腐剤やらといった成分は、ほぼ全てのファンデーションに含まれています。

もちろん、これらの成分は本来肌に必要なものではないので、入っていないに越したことはありませんが、ファンデーションの酸化を防いだり、仕上がりを良くするためには、これらの添加物が不可欠なのが実情。

防腐剤が入っていない化粧品を使う方がよっぽど危険が多いとも言えます。
(リキッドファンデなど油分が多いコスメは酸化しやすく、酸化したコスメは肌に悪いため。)

また、防腐剤などは安全性を確保するために、配合量の上限がきちんと定められており、健常肌の人であれば問題なく使えるようきちんと配慮をなされています。

もともとお肌が弱い人や、花粉・乾燥する時期に肌荒れを起こしやすい人などは、成分にこだわって選ぶことが大切ですが、神経質になりすぎるのも考えもの。

安全性が高いと言われているミネラルファンデーションも、金属アレルギーの人は合わないケースが少なくないなど、人によって合う合わないは異なるので、「この成分は安全、危険」と決めつけずに自分に合ったアイテム選びをすることをオススメします◎

解析サイトを鵜?みにするのは考えもの?

ファンデーションをはじめ、様々な化粧品の成分を評価する『解析サイト』。
これもなかなかに厄介なものです。

そもそも化粧品のパッケージに記載されている成分を見るだけで、その化粧品のすべてが分かるのか。

答えは「NO」です。

というのも、化粧品のパッケージを見ると成分の名称しか書かれておらず、どの成分がどれだけ配合されているのか、つまり“配合量”については一切明らかにされていませんよね?

成分は〇〇が大切

しかし、化粧品を解析する上で一番重要になってくるのは、明らかにされていない部分、配合量です。

最近ではちふれが名称に加えて分量を表示するようになりましたが、ここまで開示されてはじめて正しい解析ができるというもの。

解析サイトの情報をもとにファンデーションや基礎化粧品を選んでいる人も少なくないかと思いますが、解析サイトの意見は参考程度に、あくまでも“そのファンデーションが自分の肌に合うかどうか”という点を軸にして選んでいくことをオススメします。