フルベリ(FruBerry)は薬局(販売店)で購入できる!?

今回はフルベリの市販情報や特徴についてまとめていきたいと思います^^
興味のある方はご覧になって下さいね♪

フルベリは薬局などの販売店で買えるの?

フルベリ(FruBerry)は、薬局やバラエティーショップといった市販の販売店では購入できない「通販限定」のサプリメントです。

最近では、薬局やバラエティーショップといった販売店でもサプリメントの品揃えが充実し、様々なメーカーのサプリが売られていますが、残念ながら現段階では薬局等の販売店でフルベリ(FruBerry)を入手することはできないようです。。

フルベリ薬局

ですがご安心を。
フルベリ(FruBerry)の公式通販サイトでは、お得に続けられる特典が設けられているのです(*´∀`*)♪

実はフルベリ(FruBerry)の公式通販サイトには、初回分が実質無料で手に入る定期コースがあり、こちらから申し込むと1回目が680円、2回目以降が4,298円と普通に買うよりもぐーんとお得に入手することが可能!

ちなみにフルベリ(FruBerry)の通常価格は¥6,139円なのですが・・・このお値段と比べると定期コースがどれだけリーズナブルなのかが分かりますよね(^_-)-☆

さらに2回目以降も送料無料で届けてくれて余計な出費も抑えられるし、毎月自動的に届けてくれるから買い忘れる心配もないしでまさに一石二鳥♪

定期コースは最低4回の継続が条件となるのでお試し感覚では利用できませんが、ある程度の期間続けるつもりであれば断然定期コースがオススメです◎

フルベリ(FruBerry)の購入を考えている方は、定期コースも選択肢のひとつとして考慮してみてはいかがでしょうか♪

>>初回分が実質無料?フルベリの公式通販サイトはこちら

フルベリのダイエット効果は?人気のワケ

ダイエット痩せる

ダイエット大国アメリカで年間250万袋の売り上げを誇るダイエットサポートサプリメント「フルベリ(FruBerry)」

このサプリメントは、アンジェリーナ・ジョリーをはじめとする多くのハリウッドセレブが注目する「アフリカンマンゴー」を配合したサプリメントで、その効果は数々の研究機関お墨付き!

そもそもアフリカンマンゴーという素材にいち早く目をつけたのは「ドクター・オズ・ショー」という情報番組に出演しているアメリカで大人気の現役のドクター。

その効果を自らの経験で証明すべく、ドクターオズ本人がアフリカンマンゴーをダイエットに活用し、なんと1ヶ月でマイナス5,6キロの減量に成功したんだとか◎

そんなアフリカンマンゴーの気になるダイエット効果は、大きく分けて2つ。

1つ目は食欲を抑えるホルモン

「レプチン」を活性化する作用がある

という点。
そしてもう1つは

脂肪燃焼ホルモン「アディポネクチン」を活性化する効果が期待できる

という点です。

そもそも太りやすい人は、食欲抑制ホルモン「レプチン」が脳に届かず、その結果お腹が空いていないにも関わらず食欲が湧いたり過食に繋がってしまうと言われています。

ですが食べたいままに食べていては太ってしまうのも当然のこと!
その食欲をコントロールしてくれる作用がある、と近年アメリカで注目されているがこのアフリカンマンゴーなのです♪

ドクターが自らの経験からダイエットに効果アリと太鼓判を押す「アフリカンマンゴー」。

ついつい食べ”がやめられない人は、アフリカンマンゴーがギュッと凝縮されたフルベリ(FruBerry)の力を借りてみては(^_-)-☆?

今ならフルベリ(FruBerry)は、初回分に限り実質無料で(送料640円+税のみ負担)購入できるキャンペーンも実施中ですよ♪

効果的な飲み方は?注意したいポイント!

ここではフルベリ(FruBerry)の飲み方について分かりやすくまとめていきたいと思います♪

効果的な飲み方や注意すべきポイントにも触れていきますので、是非チェックしていってくださいね(^_-)-☆

【推奨摂取量は1日3粒!】
フルベリ(FruBerry)の摂取目安量は1日3粒です。

そして気になるこのサプリの飲み方ですが・・・これは「必ずいついつ飲むように」という決まりはありません。

そもそもフルベリはサプリメント(健康補助食品)ですので、いつ飲むという決まりを作ってはいけないのです(。・ω・。)

ですが、効果的な飲み方というものはあります◎

フルベリ(FruBerry)に配合されているアフリカンマンゴーの食欲抑制作用。
この作用を考えると、食前に飲むのがベストだと考えられます。

単純に考えて食後に飲んで満腹感を得ようとしても時すでに遅しですよね(笑)

ですので、食欲を抑える作用を得るために食前の摂取をオススメします。

公式サイトにも「1日3回食前に飲むのが理想的」と書かれていますので、面倒でない限り3回に分けて食前に摂取するのが良いでしょう。

【お腹が緩くなることもある?!】
フルベリ(FruBerry)を飲み始めたことでお腹が緩くなるケースもあるようです。
その場合は、1日3粒を1~2粒に減らして様子を見るようにしましょう。

また1度に3粒を摂取している人は数回に分けて飲むといった工夫をするのも◎。

なかなか改善されない場合は、コールセンターに問い合わせてみると安心かもしれませんね(*^_^*)

【水で飲まなければいけない?】
基本的にサプリメントは水やぬるま湯で飲むように言われていますが…フルベリ(FruBerry)は、お茶やコーヒーで飲んでもOKのスグレモノ!

飲み物に気を遣わなくて良いという点も嬉しいポイントではないでしょうか♪

フルベリに”副作用”の心配はある!?

サプリメントは副作用が心配・・・。
このような不安をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?

ということで、ここではそんな方のためにフルベリ(FruBerry)の副作用についてまとめていきたいと思います。

【食品アレルギーがある人は成分チェックが必須!】
サプリメントにはアレルギーを起こす可能性のある原料が使用されているケースが多いため、事前に原材料を確認しておく必要があります。

特にフルベリ(FruBerry)のような様々な原料が使われているサプリメントを使用するときは、十分注意するようにしましょう◎

<フルベリ(FruBerry):全成分>
還元麦芽糖水飴、デキストリン、大麦若葉末、キャンドルブッシュエキス末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、 デキストリン)、アフリカマンゴノキエキス、穀物発酵エキス末(穀物発酵エキス、マルトデキストリン)、コレウ スフォルスコリエキス末、植物発酵エキス末(デキストリン、糖類、野菜類、果実類、根菜類、穀類、海藻類、ナッツ類、キノコ類等)、アサイーエキス末、ドラゴンフルーツエキス末、リンゴンベリーエキス末、ベリー混合エキス (ワイルドブルーベリーエキス、ストロベリーエキス、クランベリーエキス、ワイルドビルベリーエキス、エルダー ベリーエキス、ラズベリー種子エキス)、マキベリー果汁粉末、カムカム果汁粉末、アセロラパウダー(アセロラ、 食物繊維)、フラクトオリゴ糖、フルーツエキス(オレンジ、グレープフルーツ、レッドオレンジ、ガラナエキス、 マルトデキストリン)/セルロース、ステアリン酸カルシウム、香料(クランベリー、カシス)、貝カルシウム、 (一部に小麦・乳成分・落花生・りんご・大豆・キウイフルーツ・バナナ・もも・オレンジ・やまいも・ごま・カシューナッツを含む)

【該当者はドクターに相談しよう】
フルベリ(FruBerry)の公式サイトによると、下記に該当する人は事前に医師に相談するよう喚起されています。

*妊娠中または授乳中の方
*医薬品を服用している方
*疾病などで治療中の方
*食物アレルギーのある方

【不安な点はフリーダイヤルに問い合わせを◎】
フルベリ(FruBerry)について不安な点や疑問点がある場合は、コールセンターに問い合わせることが可能です。

フルベリ(FruBerry)お問い合わせ窓口
0120-229-315
(9:00~18:00/土9:00~17:00/日祝休み)

副作用等の疑問だけでなく、ダイエットに関する相談にも対応してくれるので、初めてダイエットにチャレンジする方も安心ですね(^_-)-☆

よく噛む&よく寝るだけで痩せる?豆知識

「ダイエットは運動なくして成功しない!」
そんなイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、実はもっと重要なポイントが隠れているのです。

それは”食べ方”です。
よく「野菜から食べると痩せる」というようなことを耳にしますが、食べ方というのは本当に大事!

食べ方=習慣ですから、最初は少し違和感があるかもしれませんが、ツラい運動に励むよりもよっぽどストレスなく頑張れると思いませんか(^_-)-☆?

まず、食事をする上で大切なのは「よく?むこと」です。
満腹中枢を刺激して満腹感を得られるというのも良く聞くキーワードだと思いますが、これは私も体験済み。

本当に満腹になりやすくなります。

私自身10代の頃は噛む回数なんて考えたこともなく、食べたいだけ食べていましたが…おかげで体型はぽっちゃり丸々っとしていました(笑)

でも、ダイエットを決意して噛む回数を増やしたらところ、無理なく食事量が減って今ではあのころに比べて5キロの減量に成功!

しかもよく噛むようになったところ、お通じの調子も良くなるというオマケもついてきました◎

確かに最初は噛むのが億劫で「すぐ次のおかずを食べたい!」という欲求に駆られましたが、これはもう慣れの問題。

今ではしっかり噛まないと飲みこむ気にならないくらい、よく噛むことが身についています。

そして睡眠。
これも大事です。

とある研究結果によると睡眠時間が5時間以上の人に比べて、5時間未満の人は肥満になりやすいという結果が出ているのです!

これは食欲を抑制する「レプチン」と、食欲を増進させる「グレリン」というホルモンが関係しているのですが、睡眠時間が短い人ほどグレリンが多く、レプチンが少ないことが研究によって明らかにされているのです。

当たり前に行っている行動に隠されているダイエットのカギ。
「始めるのが億劫でなかなかダイエットを始められない…」という方は、この2つの生活習慣から変えてみてはいかがでしょうか(^_-)-☆

↓フルベリ公式サイト↓