ゴールデンベリーの”効能”がスゴイ!?食べ方にオススメは?

新たなスーパーフードとして話題になっている「ゴールデンベリー」。

テレビ番組でゴールデンベリーを含めたスーパーフード特集が放送された後、通販サイトで売り切れが続出したこの食品。

ゴールデンベリーとは一体どのようなもので、どのような効能が期待できるのしょうか?

今回は、そんな今大注目のゴールデンベリーについてまとめていきたいと思います♪

【ゴールデンベリーの正体は意外なあの植物!】
インカベリーやピチュベリーとも呼ばれるゴールデンベリー。

このスーパーフードの正体は、日本でもよく目にする「ほおずき」の実を乾燥させたものです。

日本でゴールデンベリーが広く知られることになったのはつい最近のことですが、南米では何千年もの間、健康食品として愛され続け、現在でもごくごく一般的に親しまれている食品なのです。

【栄養価と効能】
ゴールデンベリーは、スーパーフードと呼ぶに相応しい非常に栄養価の高い食品です。

中でも食物繊維はレタス30個分にものぼり、他にもミネラルやアンチエイジングに欠かせないビタミンA、B、Dが非常に豊富に含まれています。

このことからゴールデンベリーは、腸内環境の改善や生活習慣病の予防に役立つと言われており、さらにビタミンBの一種であるイノシトールが豊富に含まれていることから、精神の昂ぶりを抑える効能が期待できると言われています。

精神的な面への効能が期待できるスーパーフードって、とても珍しいですよね(*^_^*)

ゴールデンベリーは100g/53kcalとカロリーも低いので、ダイエット中の方にもオススメ◎

ネット通販サイトでも購入することができるので、興味がある方はお試ししてみてはいかがでしょうか(^_-)-☆

ゴールデンベリーはどこで買えるの?!食べ方は?

ゴールデンベリーは成城石井やカルディといった輸入食品を扱うお店で購入することができます。

まだまだ「どこのスーパーでも買える!」と言えるほど販売店が多いワケではありませんが、その人気に比例して徐々に広がりを見せているようですね(*^_^*)

またゴールデンベリーは、楽天やAmazonといったネット通販サイトでも入手することができます◎

むしろこちらの方が、お値段的にも経済的+家まで届けてくれるということでオススメ度は高いと言えます♪

ちなみにネット通販サイトを見ると分かるのですが、ゴールデンベリーには全く手を加えられていないものと、食べやすいようにパインの果汁に漬け込まれたものが販売されています。

「無添加」、「砂糖不使用」と記載があるものでも、パイン100%の果汁に漬け込まれている商品が多くあるので、そのままのゴールデンベリーを味わいたい方は購入するときにしっかりチェックすることをオススメします◎

もちろん食べやすい方がいいのであればパイン漬けを選ぶのもOK。

パイン果汁に漬けてあるからといってゴールデンベリーの栄養価が下がってしまうわけではないので、好みに合わせてチョイスすると良いでしょう。

ヨーグルトに入れる食べ方も良し。
牛乳や豆乳とミキサーにかける食べ方も良し。
シリアルに混ぜる食べ方も良し◎

ゴールデンベリーは酸味と甘みのある使いやすい食材なので、色々な食べ方を試して自分だけのお気に入りを見つけてくださいね(^_-)-☆

スーパーフード「ゴールデンベリー」の副作用とは?!

様々な栄養素をその実に凝縮させたゴールデンベリー。

ですが、ゴールデンベリーは食べ過ぎてしまうと下記のような副作用を起こす可能性があると言われています。

①ビタミンAの過剰摂取による胎児への影響
ビタミンAは胎児の成長に欠かせない栄養素である一方で、過剰に摂取すると赤ちゃんの先天異常が起こる確率が高まるとされています。

②ビタミンEの過剰による骨粗しょう症
これまでビタミンEの過剰摂取による副作用は、吐き気や下痢、肝機能障害、筋力の低下といったものが挙げられていましたが、慶応大学の研究グループによると、新たに「骨粗しょう症のリスクが高まる」ことが明らかにされています。

このように、本来体にとって必要な栄養素であっても、多く摂りすぎることで悪影響を及ぼす可能性があることを忘れてはいけません。

特に最近ではサプリメントで手軽に栄養素を補給できるようになっているので、そういったものと重複して過剰摂取になっていないかという点には十分注意することが大切です◎

また副作用とまでは言えませんが、ゴールデンベリーは食物繊維を非常に多く含んでいるため、お腹が弱い方は量を調整しながら食べることをオススメします。

ゴールデンベリーの目安摂取量は1日40粒程度です。
目安とされている量をしっかりと守り、健康維持に役立てましょう(^_-)-☆

噂のゴールデンベリージュースの作り方♪

ゴールデンベリーはそのまま食べても甘酸っぱくて美味しいのですが…ヨーグルトに入れたり、シリアルに混ぜて食べるのもオススメです♪

ゴールデンベリーには食物繊維が非常に豊富に含まれているので、お腹の調子を整えるためにも毎日積極的に摂っておきたいもの◎

ちなみに「世界一受けたい授業」でゴールデンベリーが紹介された際に話題になったドリンクのレシピがコチラです↓↓。

*ゴールデンベリー 20g
*  牛乳     200ml

これをガーッとミキサーにかけるだけ♪

このゴールデンベリードリンクを1日2回、2日間摂取しただけで、ドロドロだった番組スタッフの血液がサラサラに変化し、スタジオが騒然となりましたね(^_-)-☆

これだけ材料が少なくて簡単に作れるのであれば続けられそうな気がする…(笑)

下準備も必要ないし、特別用意しなければいけないものもないしでとても手軽な健康ドリンクですよね。

さらに、ゴールデンベリーのレシピを検索してみると、ゴールデンベリーを練りこんだパンやジャム、パウンドケーキなどもヒットしました◎

オフィスでつまむ時はそのままで、自宅でいただくときはジュースやスイーツで…など色々な楽しみ方ができるのもゴールデンベリーの人気の秘密と言えそうですね(*^_^*)