髪の毛が”ボリュームダウン”する原因は!?【女性の方必見!】

髪の毛ボリューム

年を重ねるごとに深刻化する髪のボリューム不足。

CMや雑誌などで髪のボリュームアップを謳ったヘアケア製品が数多く紹介されていることから考えても、ボリューム不足に悩む女性が多いことが分かりますよね。

顔のたるみやシワがエイジングサインの象徴であるのと同じように、髪のボリュームダウンもエイジングの象徴。

若々しい印象をキープするためには、髪のボリュームを衰えさせないことがとても重要です◎

ここでは、ハリのあるふんわりとしたヘアスタイルをキープするために女性が注意すべきポイントをまとめていきましょう。

【女性が知っておくべきボリュームダウンの原因とは?】
抜け毛や薄毛といった髪のボリューム不足に直結する最大の要因は「頭皮が弱くなること」です。

敏感肌の方が老化しやすいのと同じで、頭皮が弱ったままの状態を放置してしまうと、抜け毛や薄毛が進行しやすくなり、20代や30代の人でもボリューム不足に悩まされる…といったことが起こってしまいます。

では、頭皮が弱る原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、一つ目は紫外線です。

「夏場に抜け毛が増える」という方も少なくないかと思いますが、これは紫外線によって頭皮がもろくなり、髪の毛が抜け落ちてしまうため。

何か対策を、とトリートメントを塗る人が多いようですが、抜け毛を改善するためには髪の毛だけでなく頭皮のケアにも力を入れる必要があるのです。

また、カラーリングやパーマを繰り返したり、頭皮に合わないシャンプーやトリートメントの使用も頭皮にダメージを与える原因となります。

特にカラーリングやパーマといった強い薬剤の使用は、頭皮だけでなく髪そのものにもダメージを与えてしまうため、本来髪にあるハリやコシまで奪い髪自体を非常にもろい状態にしてしまいます。

ボリューム不足が気になる方は、とにもかくにも頭皮への負担を最小限に留めることが第一。

ポニーテール等の髪の毛を引っ張るヘアスタイルも頭皮の血流が悪化し、髪を作る栄養が十分に行きわたらなくなってしまいますので、頭皮や髪に負担がかからないヘアスタイルを心がけるよう注意しましょう◎

整髪剤が薄毛の原因に?!知っておくべき整髪剤の注意点とは?

髪のボリュームをUPさせたり、スタイリングをキープさせたいときに活躍してくれる「整髪剤」。

男女問わず多くの方が日常的に整髪剤を使用していることと思いますが…この整髪剤も一歩間違えれば抜け毛や薄毛、髪のボリュームダウンにつながるものだということをご存知でしょうか?

普通に使用する分には問題ありませんが、整髪剤は毎日しっかりと落とさないと頭皮に付着した剤が毛穴に詰まり、毛根を弱らせてしまう危険性があるのです。

毛根が弱ると髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなり、細くて切れやすくなったり抜けやすくなる恐れがあるため、その日のうちにきちんと洗髪をすることが大切!

「今日は疲れたから…」とそのまま寝てしまっては、頭皮に深刻なダメージを与えることになってしまいますので、整髪剤は使ったその日のうちにしっかりと落とすようにしましょう◎

また、頭皮が弱っているときに整髪剤を使用するとさらに頭皮環境を悪化させてしまう場合があります。

髪のボリュームをアップさせるために使っている整髪剤が髪のボリュームダウンの原因になっている…ということも考えられますので、整髪剤選びはくれぐれも慎重に行い、成分等にこだわって選ぶことをオススメします。

【知っておくべき!】頭皮環境の悪化はシャンプーが原因?!

紫外線や不規則な生活、栄養バランスの偏りなど頭皮環境を悪化させる要因は日常の中に数多く潜んでいます。

合わないシャンプーを使い続けることも頭皮環境を悪化させてしまう要因のひとつですが、もう一つ忘れてはならないのが「シャンプーのやり方」です。

洗顔と同じで、やり方を間違ってしまえば頭皮を傷つけることに繋がる。
この点を肝に銘じて、正しいシャンプーの仕方をしっかり身につけましょう!

【シャンプーをするときのご法度行為とは?】
①大量にシャンプーを使う。
たくさんの泡を作るためにシャンプーをたくさん使う人が多いようですが、泡立てれば汚れが落ちるというわけではありません。

特に市販されているシャンプーは洗浄力が強いため、少ない量でも十分に汚れを落とすことができますし、何より剤そのものが頭皮に残ってしまうと頭皮の毛穴詰まりの原因となってしまいます。

②髪の毛にシャンプーつける。
シャンプーの目的は「頭皮の汚れを落とすこと」です。
髪に付着したホコリ等は、シャンプーの前に行う余洗いやブラッシングで落ちるものなので、髪の毛にシャンプーをつける必要はありません。

むしろ”髪を洗う”ことに専念してしまい、頭皮の汚れを十分に落としきれない方がよっぽど問題!

シャンプーは髪につけていくのではなく、頭皮に揉みこむようにしましょう◎

③爪を立てる
爪を立てて洗うと頭皮が傷つき、弱ってしまいます。
当たり前のことと言えば当たり前のことですが、頭皮が痒いときは爪を立てて洗うと気持ちが良いものですよね(笑)

でもそこはぐっと我慢!
気持ち良さを優先して爪を立てた洗う行為こそが痒みを生み出す原因となっている場合もありますので、ゴシゴシ洗いたい気持ちを抑え、指の腹でマッサージするように洗ってあげましょう。

④熱いお湯での洗髪
洗顔にも言えることですが、熱いお湯は皮膚への刺激が大きく頭皮環境を悪化させる原因になります。

頭皮も顔の皮膚とつながった一枚の皮。
顔を洗うときと同じようにぬるま湯を使うよう心がけましょう◎

冬でも臭う!年中気になる頭皮のニオイの原因とは?

「夏場だけでなく寒い冬場でも頭皮の臭いが治まってくれない…。」
このようなお悩みをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?

頭皮の臭いが気になると何となく周りが気になって自信が持てなくなってしまうもの
ですよね(´・ω・`)

気温が高く、汗をかきやすい夏なら臭いやすいのも分かるけど、どうして冬場でも臭ってしまうのか。

その原因は、やはり頭皮の汚れが落としきれていないことが原因だと考えて良いでしょう。

そもそも頭皮はカラダのあらゆる部位の中でも皮脂腺が多く、非常に汚れやすいパーツ。

そのため、汗や皮脂が盛んに分泌される夏場だけ注意していれば良いというものではないのです。

また、整髪剤をつけている方は特に入念に頭皮を洗ってあげる必要があります。

頭皮に整髪剤が残ってしまうと、寝ている間に分泌される汗と混ざり合って雑菌が繁殖し、臭いが発生をさせる原因になってしまいます。

そしてもうひとつの臭いの原因。
それが「自然乾燥」です。

冬場は早く温かいリビングなどでくつろぎたいから…と自然乾燥で済ませている方も少なくないかと思いますが、濡れた髪は雑菌の繁殖を進行させてしまいます。

ですから洗髪後は必ずドライヤーを使用し、キチンと髪を乾かしてあげるように心がけましょう◎

アナタは大丈夫?その頭皮ケアが頭皮を乾燥させる原因かも!?

頭皮の乾燥はフケや痒み、髪のパサつきといったあらゆるトラブルの原因となります。

そう、乾燥によってお肌の健康が失われるのと同じように、髪や頭皮の健康も乾燥によって奪われてしまうのです(ΦωΦ)!

特に外気も屋内も乾燥する冬場は、頭皮の乾燥に注意すべき時!

お肌を丁寧にお手入れするように、頭皮もやさしくいたわりながらケアしてあげるよう心がけましょう◎

でも…頭皮の乾燥を防ぐためにはどのようなことに注意していけば良いのでしょうか?
ここでは頭皮を乾燥させないために抑えておきたいポイントをまとめていきましょう。

【頭皮乾燥を加速させる原因とは?】
①刺激の強いシャンプー
市販されているシャンプーはボディーソープや洗顔料よりも洗浄力が強く、こういったシャンプーは必要な皮脂や頭皮のうるおいを守る細胞間脂質、天然保湿因子といった保湿成分まで一緒に流してしまいます。

さらに頭皮がすでに乾燥している場合、強い刺激が加わることでかぶれてしまうこともあるため、乾燥が気になる方は洗浄力のマイルドなアミノ酸系のシャンプーやオーガニックシャンプーに変えることをオススメします。

②洗い方に問題アリ!の場合
爪を立てて洗う、シャンプーを大量につける、熱いお湯で髪を洗う。
これらは頭皮乾燥を招くNG行為です。

洗顔に置き換えると分かりやすいかと思いますが…ゴシゴシ洗ったり、洗顔料をたくさんつけたり、熱すぎるお湯で洗うとお肌に大きな負担がかかってしまいますよね。

それと同じで、シャンプーをするときもなるべく頭皮に負担をかけずに洗い上げることが頭皮の乾燥を防ぐ重要なポイントになってくるのです。

頭皮も皮膚の一部であり、とってもデリケートなもの!
その点をしっかりと覚えておくようにしましょう。

最後に・・・冬場など乾燥が気になる時期は、頭皮用ローションやオイル等で保湿してあげるのも有効な手段です。

冬は室内にいても暖房によって乾燥しやすくなってしまいますので、ローションなどで潤いを補ってあげるなどプラスαのケアをしてあげると良いかもしれませんね(^_-)-☆