ほうれい線の「原因」は何?【”事前のケア”が大切!】

ほうれい線を予防するためには、シワができる前からケアをしてあげることが大切です◎

ほうれい線の大きな要因には、「紫外線」や「喫煙」、「睡眠不足」が挙げられます。
特に紫外線対策は、ほうれい線を予防する上で非常に大きな意味を持っているので、日常的に正しいUVケアを行うようにしましょう♪

【紫外線とほうれい線の関係性】
お肌のハリや弾力を生み出す「コラーゲン線維」や「エラスチン」は、真皮の線維芽細胞が作り出しています。

波長の長い紫外線A波は、これらの繊維にダメージを与え、このダメージによってお肌がたるんでしまうのです。

ちなみに、この紫外線A波は雨や曇りの日でも降り注いでおり、厄介なことに窓ガラスをも透過します。

そのため、晴れの日や夏場に関わらず、屋内にいるときでもしっかりと紫外線ケアを行う必要があります。

【あなたの紫外線対策は大丈夫?】
上述しているとおり「UVケアは晴れている日だけ」という方は、UVケアの見直しが必要です。
曇りの日や外出しない時でも、線維芽細胞を破壊する紫外線によってお肌は少しずつダメージを受けているのです。

また日焼け止めの塗り方にも注目しましょう。
日焼け止めは一度塗りの場合、表示されているカット率の1/5~1/4程の効果しか発揮されません。

ほうれい線を予防するためにSPF35から50、PA+++から++++の日焼け止めを薄く重ね付け(3度塗り程度)して、しっかりとお肌を守ってあげるようにしましょう◎

ほうれい線を予防するケアって?

残念ながら一度お肌に深く刻まれてしまったほうれい線は、基礎化粧品だけで無くすことはできません。

ですが、キチンと日常的にケアをすることでほうれい線ができるスピードを遅らせることは可能です。

ほうれい線を予防するためにできること、それは「保湿」です◎
肌トラブルのお話になると、何でも「保湿」で片付けられているような印象をお持ちの方もいるかと思いますが、本当に保湿って大事なんです!

特に紫外線や空調など、お肌が乾燥しやすい環境にいる現代人は、思っている以上に保湿に力を入れなければなりません。

ほうれい線を予防するためにオススメなのが、天然保湿成分を補ってくれるセラミドやアミノ酸が含まれている化粧水です。

洗顔後は、少なからずお肌に必要な天然保湿成分も一緒に洗い流されてしまうため、無防備な状態を基礎化粧品で守ってあげる必要があるのです◎

セラミドやアミノ酸などの天然保湿成分は、お肌のハリを補うためにも効果的な成分ですので、ほうれい線を予防するために取り入れることをオススメします。

またほうれい線は、正しい「姿勢」で生活をすることが予防策のひとつでもあります。
パソコンやスマートフォンを使うときに猫背になっていることはありませんか?

姿勢が悪い状態が続くとたるみが起こりやすくなってしまいます。
化粧品に頼るだけでなく、姿勢にも注意をするようにしましょう。