混合肌ニキビの対策法とは?知っておきたい”2つ”のポイント!

混合肌さんは、同じお肌に脂っぽい場所と乾燥する場所が共存しているため、2種類のニキビに注意が必要です。

そもそもニキビとひとくちに言っても、必ずしも同じ原因でできるものではなく、肌質によって注意点が変わってくるのです。

ここでは、脂性肌さんが注意したいポイントについてまとめてみましょう◎

【オイリーな場所は油分の少ないアイテムを】
おでこや鼻など、テカりが気になるパーツも乾燥対策は必要!
なぜなら、実はテカリも“乾燥が原因で引き起こされるものだから”なのです。

ですがひとつ注意したいのが、皮脂が過剰に分泌されているパーツは、油分が少なく水分が多く含まれているクリームを使用するようにする、というポイントです。

皮脂が多い場所に油分たっぷりのクリームを塗ってしまうと、毛穴が詰まるニキビができやすくなってしまうので、皮脂量が多い場所に塗るのはNG。

とは言え、化粧水を塗ったあとのフタは必要なので水分がたっぷり含まれているクリーム等を使用するようにしましょう◎

【乾燥部分は徹底的に保湿!】
Tゾーンが脂っぽいから、と全体をサッパリしたケアにしてしまうと、乾燥している部分がさらに乾燥し、挙げ句の果てにはUゾーンだけ粉吹きが起こってしまうことも!

皮脂の過剰分泌もニキビの原因ですが、乾燥し毛穴が詰まってしまうこともニキビの大きな原因のひとつなのです。

ですから、ニキビができやすい混合肌さんは場所によって基礎化粧品を使い分けたり、重ね塗りをしたり、というような“ポイント別のスキンケア”をしてあげることが有効◎

「ニキビ = 脂っぽい」ではなく、「ニキビ = 乾燥」もあるということを覚えておくようにしましょう。

【混合肌の化粧水の選び方】

「混合肌さんはしっとりタイプを選ぶようにしましょう!」と言いましたが、しっとりタイプと言っても様々な種類がありますよね。
 
ということで、今回は混合肌さんが選ぶべきしっとり化粧水について書いていきたいと思います♪

【刺激の少ない化粧水を】
ホルモンバランスの乱れが原因で混合肌が引き起こされている場合があるため、お肌に負担のない化粧水を選ぶようにしましょう◎
ホルモンバランスが崩れていると、少しの刺激でもお肌が反応しやすくなっている可能性があるので、できるだけやさしい成分のものをチョイスしてくださいね(*^_^*)

【買いやすい価格のもの】
化粧水は何といってもたっぷり使うことが大事なことです。
あまり高価格なものだと使用量ケチってしまい、十分にうるおいが与えられないという無意味なことになってしまうので、手頃はお値段のものをたっぷり使用するよう心がけてください。

【自然由来の成分を選べ!】
合成成分がたくさん入っている化粧水は、お肌に負担がかかる恐れがあります。
ですがいくら自然由来の成分が使われていても、お肌に合わない製品もあるので、目安として頭に入れておいてくださいね◎

混合肌は、化粧水で水分をたっぷり与えることで改善が期待できます。
思い当たる節がある方は、今日からスキンケアを見直してみましょう(^_-)-☆