安全な韓国コスメの見極め方は?私のおすすめアイテムはコレ!

リーズナブルでフォトジェニックな韓国コスメ?

『美容大国』と称されるだけあり、韓国発のコスメは魅力満載なアイテムが勢ぞろいしています。

でも「韓国コスメって本当に安全なの?」と疑問に思っている人も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は韓国コスメを使用する上で注意したいポイントをまとめていきたいと思います◎

【安全性は大丈夫?】日本のコスメと韓国コスメはどう違う?

カタツムリクリームに毒蛇パック、BBクリームにティントコスメなど、革新的なアイテムを世に送り出してきた韓国コスメ。

今となっては日本でも定番となっていますが、はじめてBBクリームが出てきた時はその優秀さに驚かされたものです。

でも、韓国の化粧品は信頼できるのか?
そんな疑問をお持ちの方も多い事でしょう。

結論から言うと、韓国コスメの中には信頼できないものは存在します。
ですが、これは日本のコスメでも同じこと。

つい最近ではダイソーが販売していた化粧品から微量のホルムアルデヒドが検出され自主回収が行われましたし、大手化粧品メーカーであるカネボウの美白化粧品ですら白斑事件を起こしてしまうほどです。

そのため『韓国コスメ=安全ではない』と考えるのは正しくありませんが、一点だけ注意したいポイントがあります。

それは日本と韓国の薬事法の違いです。

日本のみならず世界各国では、化粧品の安全性を確保するための“薬事法”が定められており、化粧品や医薬部外品、医薬品の製造・取扱いにあたってルールが決められています。

日本はこの薬事法の内容が特に厳しいことで知られており、その安全性の高さゆえ中国や韓国で人気がありますが、韓国で販売されているコスメは韓国の薬事法に則って作られているため、日本とは配合成分の縛りが異なってきます。

韓国の薬事法は日本の薬事法ととてもよく似ており、いい加減な化粧品ばかりというワケではありませんが、その点に不安がある方は使用を避けた方が無難◎

韓国コスメは“効果”を重視したものも少なくないので、実感力を求める方にはオススメですが、日本産という“安心感”求める方にはあまり向かないかもしれません。

安全な韓国コスメの見極め方は?

安全な韓国コスメを見極めるポイント。
それは日本に輸入代理店があるかどうかです。

代表的なブランドはMISSHAですね。

エチュードハウスやホリカホリカ、アイオペなども正規の輸入代理店があり、日本の薬事法に則って日本仕様の成分に改良してから販売されています。

もちろん物によって肌に合う合わないはありますが、これは日本の化粧品でも同じこと。

大手メーカーの化粧品であればほぼ確実に輸入代理店を通して販売されていますので、韓国コスメを選ぶ際はその点に注目していくと良いでしょう◎

また、実際に使用した人の口コミを参考にするのもオススメです。

前回も書いたように韓国コスメは効果を重視した化粧品が少なくないため、場合によっては刺激が強かったり肌トラブルを起こしやすかったりということがあります。

口コミを見れば何となくその化粧品の傾向が見えてきますので、商品を購入する前に実際に使用した人の感想に目を通しておくことをオススメします。

【安いけど…】並行輸入品にご注意を◎

韓国コスメを個人輸入して販売している人も少なくありません。
いわゆる『並行輸入』というものですね。

並行輸入品は韓国コスメに限らずリーズナブルなので買ってしまいたくなりますが…個人的にはあまりオススメできません。

というのも、個人輸入して売られているものは何の保証もなく、万が一のことがあった場合でも一切責任をとってもらえません。

あくまでも自己責任。
これはなかなかにリスキーなことです。

例えばメルカリやラクマなどでも韓国コスメを個人輸入して安く売っていたりしますが、やっぱりこれにも手を出さないでおきたいところ。

以前使用したことがあり、問題なく使えたという場合は購入しても良いかもしれませんが、それでも保管状況など管理体制が十分である保証はありません。

化粧品は直接お肌に付けるもの。

これは韓国コスメに限らずどの国の化粧品にも共通して言えることですが、きちんと安全性が確保されている販売店から購入するよう注意したいですね◎

イイものたくさん?怖がらずに使ってみるべし!

ここまで少しネガティブな印象に偏ってしまいましたが、私自身は韓国コスメ推奨派です。

MISSHAのクッションファンデなんて何個リピートしたことでしょうか。
アイオペのクッションファンデも何個リピしたかな…。

というのも、韓流ドラマを見ても分かるように韓国の女性はとにかくお肌がつやっつや。

ツヤを重視するお国柄なのか、MISSHAもアイオペもとにかくツヤ肌に仕上げてくれて、ツヤを求める私にピッタリなのです…?

しかもMISSHAにいたってはお値段も超リーズナブル。
最近クッションファンデのリフィル2個パックが発売され、さらにコストパフォーマンスが高くなっています。

もう10年ほど前になりますが、現地で買ったクリームも保湿力が抜群でしたし、同じタイミングで買ったアイシャドウも発色が良くてもっと買っておけばと後悔したほど。

どちらも肌トラブルなく使えたので私のお肌には合っていたのでしょう。
韓国コスメを使って悪いイメージを抱くことは一切ありませんでした◎

韓国コスメと一口に言っても色々な製品がありますが、安全なメーカーのものを選べばまったく問題ありません。

安全なものさえ選んでいれば『韓国コスメ=怖い』と思う必要はありませんので、使用を検討されている方は思い切って試してみてはいかがでしょうか♪

ティントリップで皮むけトラブル続出?!

ここ数年日本で注目されている韓国コスメと言えば…ティントリップですよね♪

普通の口紅やグロスとは違う何とも言えない発色感に、食事をしても落ちにくいという機能性の高さ。

塗ってすぐ落ちてしまう口紅にガッカリしていた私は早速飛びついたワケですが…ティントリップはちょっと注意が必要かもしれません。

ネット上でも言われていますが、やはりその情報通りティントリップは唇が荒れやすいです。

私は割と皮膚が丈夫な方で、唇の皮がめくれたり荒れたりということはないのですが、ティントリップを使った翌日は百発百中、見事に唇の皮がめくれてしまいます。

しかも血が出たように赤黒くなっていたこともあり、あまりの荒れっぷりに使用をストップ。

それまで使っていた唇に戻してからはそういったトラブルも起こらなくなりましたが、何があるか分からないなぁと痛感したものです。

ちなみに…私が使ったティントリップは韓国製のものではなく日本製のもの。

たまたま合わない製品にあたってしまっただけなのかもしれませんが、(2~3個使って全滅だったけど)、ティントリップの『角質に浸透して唇そのものを着色する』という性質を考慮すると、皮膚への負担は避けられないのかもしれませんね(^-^;

結局は買う側の判断に委ねられる◎

今回は「韓国コスメは安全なのか」という点についてお伝えしてきましたが、韓国製であれ日本製であれ安全なものもあればそうでないものもあります。

とことん安全性を重視するのであれば、MISSHAやエチュードハウスのようなきちんとしたメーカーの化粧品を選んだ方が良いですし、別に気にならないという方は見た目や値段だけで選んでも良いと思います。

ですが化粧品は直接お肌に付けるものですので、やはり万が一のリスクも考えて選んでおきたいところ◎

最悪の場合、色素沈着やかぶれといった肌トラブルに繋がってしまう事もあるので、私個人の意見としては安全性にこだわって選ぶことをオススメします。