くろあわわ|モニターの声や評価は高い!?悪い口コミはあるの?

2017年10月上旬に発売が開始されたどろあわわの姉妹商品『くろあわわ』♪♪

アットコスメでは★5.8と非常に高い評価を獲得しており、その人気の高さから注目人数も日に日に増えていますが…実際に口コミを見てみると、この商品はモニターさんの口コミが大半を占めているんですね~(´∀`;)

【モニターだらけ?】くろあわわの評判を調べた結果…◎

モニターばかりなのが悪いとは言いませんが、やっぱり悪い評価が少ないのはモニターさんの口コミばかりだから??

実際にアットコスメで“購入者のクチコミ”に絞り込んでみると、全口コミ数12件中、残ったのはたったの2件。

1つは★7と高評価でしたが、もう一つは★2とイマイチな結果となっていました。

というか★7を付けている人もちょっとモニターさんっぽい…。

間違いなく購入者であろう方の口コミを見てみると、「相変わらずのモコモコ泡で贅沢な気持ちになるが、乾燥してお肌の調子が良くない」と厳しい意見が投稿されていました。

確かにどろあわわの口コミにも「乾燥する」といった意見が多く投稿されていますが、くろあわわはどろあわわに輪をかけてさっぱり感が強い商品。

「乾燥する」という声があっても不思議ではありません。

ただし逆に言えば脂性肌さんの強い味方にはなり得るということ。

毛穴の汚れやベタつきなどを取り除く力は強いワケですから、そういった効果を期待する方は使ってみる価値アリと言えるのかもしれません。

くろあわわに限らずすべての化粧品にいえることですが、その人の肌状態によってしっくりくる商品は違ってくるもの。

悪い口コミがあるから…とハナから否定せずに、使ってみることも大切なのかもしれませんね。

【どろあわわと違う?】くろあわわの全成分を調べてみた◎

まずはくろあわわに配合されている成分を見てみましょう◎

<くろあわわ>
水・グリセリン・ベントナイト・ミリスチン酸・BG・ステアリン酸・水酸化K・ラウリン酸・デシルグルコシド・グルコマンナン・ヒアルロン酸Na・黒砂糖エキス・豆乳発酵液・サクシノイルアテロコラーゲン・ステアリン酸グリセリル(SE)・炭・ココイルメチルタウリンNa・ステアリン酸PEG-150・泥炭・ミリスチルアスパラギン酸K・コカミドプロピル

以上がくろあわわの成分です。

くろあわわはどろあわわに配合されているエタノールやメチルパラベン、プロピルパラベンが無配合となっており、お肌へのやさしさは強化されているご様子◎

また、どろあわわに比べてグリセリン(保湿剤)の記載順が前にきているので、洗浄力の強さをカバーしようとする努力も感じられます。

そして炭や泥炭といったくろあわわ最大の特徴とも言える成分たち。

毛穴汚れやくすみに効果的とされる炭や泥炭ですが、くろあわわに使用されている炭はスリランカ産のヤシの実から作られる活性炭が用いられており、泥炭は九州地方の土壌から採れた天然泥炭を採用。

いずれも上質かつ吸着力に優れたものを求め、数ある種類の中から選び抜かれた原料が使用されているようです。

そしてもう一つ忘れてはならないのが、この洗顔料に含まれている『グルコマンナン』という成分。

グルコマンナンはこんにゃくの原料でもあり、100%天然由来のお肌にやさしい成分です。

この成分には古い角質や角栓を取り除く作用があるため、これによって毛穴汚れやくすみの改善が期待できます。

またくろあわわには、保湿成分としてヒアルロン酸やコラーゲン、豆乳発酵液、黒砂糖エキスを配合◎

毛穴汚れや余分な角質を落としつつ、割としっとり洗い上げてくれる…といった印象です。

どろあわわはどちらかと言うと毛穴汚れを重視した商品のように思えますが、くろあわわは炭+泥炭+グルコマンナンを配合することで、毛穴×古い角質の除去の両方に効果を発揮してくれそうな感じ。

ターンオーバーの乱れによるくすみにお悩みの方にもオススメの一品だと言えるかもしれませんね(^_-)-☆

【元祖どろ洗顔】“どろあわわ”と“くろあわわ”の違いとは?

アットコスメで★5.8を獲得している『くろあわわ』。

こちらは元祖泥洗顔“どろあわわ”の姉妹商品で、今年の10月上旬に発売されたニュータイプの洗顔料。

どろあわわとの違いはというと…くろあわわは、どろあわわに入っていない『炭』や『泥炭』が配合されているんですね(*´∀`*)b

どろあわわに配合されているクレイだけでも毛穴汚れに効果的ですが、さらに汚れを吸着する力に優れた『炭』を配合することで、より高い効果が期待できる◎

これがくろあわわの大きな特徴です。

またこういった特徴から、くろあわわは肌が汚れがち&メイクが残りやすい“夜”の使用が推奨されており、朝はしっとり感の高いどろあわわを使ってね、とオススメされています。

使い分けを勧めているところを見ても…くろあわわの方が洗浄力が強いのは間違いなさそう。

「ゴッソリ汚れを取れる」というのは逆に言えば「皮脂までゴッソリいく可能性がある」ということですからね(´∀`;)

重度の乾燥肌の人は様子を見ながら使い始める必要があるかもしれません。

ただし、くろあわわにもどろあわわと同じく豆乳発酵液やヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が入っているので、普通肌の人であればそこまで過敏にならなくて良さそう。

むしろ脂性肌さんにとっては頼りになる一品とも言えるかもしれません◎

ちなみにどろあわわとくろあわわはいずれも通常価格¥2,980円(+税)で販売されており、いずれの商品も同じ条件で定期コースが組まれています。

価格やサービス面に違いはないので、その点はご安心くださいね(^_-)-☆

【くろあわわ】夜洗顔の使用がオススメされているワケとは?

メーカーによると、くろあわわは夜の洗顔時に使うのがオススメなのだとか◎

確かに朝と夜はお肌の汚れ具合が違うもの。

就寝時は皮脂こそ分泌されるものの、特別汚れがつきやすいワケではないため軽めの洗顔で良しとされていますし、逆に夜は1日の間に分泌された皮脂や付着した汚れ、メイク残りなどをしっかり落とすべき時ですから、軽めの洗顔では物足りなさが残ります。

夜の洗顔時に余計な皮脂を落としきれていなかったり、メイクが肌に残ったままだと、毛穴に角栓が溜まりやすくなり、黒ずみの原因に…。

そこで汚れを吸着力に優れたくろあわわの出番!というワケですね♪

また、使い分けをせずに洗浄力の強い洗顔料を朝に使ってしまうと、お肌が乾燥する…というデメリットも避けられません。

朝と夜はそれぞれ肌の状態が違うわけですから、メーカーが使い分けるよう推奨するのも納得です◎

ちなみにくろあわわの使い方はというと…

①泡立てネットに水またはぬるま湯を含ませ、余分な水分をしっかり切ってネットの間に2~3cm分出す。
②泡立てネットを軽く丸めて空気を含ませるようにしながら、クシュクシュと泡立てる。
③ツノが立つくらいになるまでしっかり泡立て、泡立てネットの根元から泡を絞り取る。
④Tゾーン→Uゾーン→口元・目元の順番に、泡をころがすように優しく洗い、しっかりと洗い流す。

*生え際やフェイスラインのすすぎ残しに注意!
*長い時間泡をのせたままにすると乾燥しやすくなるので、顔全体を洗い終えたら時間を置かずに洗い流すのが◎。

以上がくろあわわの使い方です。
どろあわわの使い方と同じですね(^_-)-☆

毛穴汚れが気になる人はもちろん、ベタつきやザラつき、くすみに悩む人にもオススメ!

洗顔料の泡立てが苦手な人も一度試してみてはいかがでしょうか♪

【初回半額?】くろあわわのお試しは定期コースがオススメ♪

肌に合う合わない人がハッキリ分かれる泥洗顔料。

毛穴汚れやくすみに効果的な“クレイ”が入った洗顔料は、人によって乾燥を感じやすいのが悩ましいところですが…、こればっかりは使ってみないと分からないもの。

これはくろあわわにも言えることですよね(^-^;

くろあわわは定価¥2,980(+税)で販売されていますが、肌に合うかどうか分からないのに3千円超えの出費はちょっとリスキー。

そんな方にオススメなのがくろあわわの定期コースです◎

そう、実はくろあわわは定期コースに申し込むだけで、初回お届け分を半額(1,490円+税)でGET出来ちゃうんですよ~(´艸`*)

しかも送料も無料なので、くろあわわの商品代金だけでOK!!
これは何とも有難いサービスですよね♪♪

でも定期コースに解約の縛りはつきもの。

「〇回は継続してください…」といった条件があると申し込みにくいものですが、くろあわわのフリー定期コースは1回だけでも解約OKなので、その点も安心です。

ただし6ヵ月以上定期コースに申し込んでしまうと、最低6回の受け取りが必須となるので、お試しでと考えている方は間違えないよう注意が必要!

最後に…くろあわわは着色料や香料、鉱物油、石油系界面活性剤などお肌に負担がかかる成分は極力カットされていますが、それでも100%アレルギーが起こらないワケではありません。

くろあわわに配合されている成分にアレルギーがある方は、かかりつけの医師の判断を仰ぎ、アレルギーがない方も使用中に赤みや痒み、刺激などの異常が出た場合は使用を中止するようにしましょう。

<くろあわわ/全成分>
水・グリセリン・ベントナイト・ミリスチン酸・BG・ステアリン酸・水酸化K・ラウリン酸・デシルグルコシド・グルコマンナン・ヒアルロン酸Na・黒砂糖エキス・豆乳発酵液・サクシノイルアテロコラーゲン・ステアリン酸グリセリル(SE)・炭・ココイルメチルタウリンNa・ステアリン酸PEG-150・泥炭・ミリスチルアスパラギン酸K・コカミドプロピル