守り髪とharuのシャンプーを比較!おすすめはどっち?

“アミノ酸シャンプー”や“ノンシリコンシャンプー”など、髪や頭皮にやさしいと謳うヘアケア製品が注目を集めるこのご時世。

『守り髪』と『halu』もこういった特徴を持つ、ヘアダメージに悩む人向けのヘアケア製品です。

同価格帯ということもあり、比較されやすい守り髪とhalu。

今回は中立な目線から両者の特徴を分析していきたいと思います◎

【守り髪】両シャンプーの特徴を分析!【haru】

まず始めに守り髪とhaluのキャッチコピーを比較してみましょう◎

【守り髪】 
ハリ・ツヤ・コシが高まる。
シャンプーを変えただけなのに元気になっていく髪を実感。

【halu】
今ならまだ間に合う。
抜け毛、白髪をシャンプー1本で解決!

両者ともエイジングケアをアピールするキャッチコピーですね♪

詳しく特徴を見ていくと、守り髪はヘアダメージの補修に加えて切れ毛やパサつきの予防をメインに、そしてhaluは抜け毛や白髪、頭皮のベタつきの改善を狙って作られているようです。

こうして比較するとちょっと狙いが違うようにも思えますが、“ノンシリコン”と“髪や頭皮に良い成分をたっぷり配合している”という点ではいずれも共通◎

守り髪には、熱を加えることで毛髪内部のタンパク質(アミノ基)と結合する『ナノリペアーEL』という成分が配合されていますが、この成分にはドライヤーやヘアアイロンなどの熱に反応することで毛髪のダメージホールを埋め、キューティクルを整える働きがあります。

キューティクルが整うと髪にツヤが出てハリもUPするので、髪のツヤ不足やボリュームダウンに悩む人にはピッタリ。

さらに守り髪にはアミノ酸系の保湿成分やアルガンオイル、シアバターに加水分解シルクといった美髪成分も含まれているため、髪のパサつきや切れ毛に悩む人にも嬉しい効果が期待できると言えそうです。

その一方でharuには、育毛成分『キャピキシル』が配合されており、その他にも頭皮サイクルを整える『リンゴ果実培養細胞エキス』や『サクラ葉エキス』など頭皮環境の改善や育毛に効果的な成分が配合されています。

また、白髪の原因であるメラノサイトの機能低下(不全)を改善すべく、ヘマチンや渇藻ミネラルといった白髪ケア成分を配合◎

もちろんコメヌカやオリーブ油といった保湿成分も入っています。

上述のように両者の狙いがやや異なるので単純比較は出来ませんが、シャンプーとして面白いのは断然『haru』。

リンス・トリートメントが要らないという点も守り髪にはない、haruならではの特徴のだと言えますね♪

守り髪とharuの洗浄成分を比較してみた◎

お次はシャンプーの質を決めると言っても過言ではない『洗浄成分』について書いていきたい思います◎

まずは守り髪とharuの洗浄成分をチェック!

【守り髪】
オレフィン(c14-16)スルホン酸na
ココイルグルタミン酸TEA

【haru】
ココイルグルタミン酸TEA
ココイルメチルアラニンNa

守り髪とharuの両製品に使われている『ココイルグルタミン酸TEA』は、アミノ酸系の洗浄成分で、刺激が低く洗浄力もマイルド。
毛髪を保護したり修復する効果もあるとされています。

そして『ココイルメチルアラニンNa』は、アミノ酸洗浄剤としてよく使われる成分で、低刺激かつ程よい脱脂力を持っています。

そして『オレフィン(c14-16)スルホン酸na』。

なぜこの成分を最後にしたかというと…これがちょっとデメリットアリの成分なんですね(´∀`;)

市販シャンプーは洗浄力が強い洗浄剤(ラウレス硫酸など)が使用されているからと避けている人も少なくないかと思いますが、守り髪に使われている『オレフィン(c14-16)スルホン酸na』はそういった洗浄成分に負けず劣らず強い洗浄力を持つ成分です。

しかもココイルグルタミン酸TEAよりオレフィン(c14-16)スルホン酸naの方が多く入っている(先頭に記載されている)ので、その点を考慮しても「ちょっとなぁ…」といったところ。

適度に洗浄力があるのは良いトコロでもありますが、わざわざ高いお金を出してオレフィン(c14-16)スルホン酸naメインのシャンプーを買うのもどうかなという印象です。

これはあくまでも洗浄剤をメインに考えた場合ですが…、頭皮乾燥が気になる方は気を付けた方が良いかもしれませんね(^^;

ただし洗浄力が弱いシャンプーにもデメリットがないワケではありません。

整髪料を付けている人や皮脂が多い人の場合、洗浄力がマイルドなシャンプーだと汚れを落としきることが出来ない可能性が出てきてしまうのですΣ( ̄ロ ̄lll)

皮脂を取りすぎると頭皮が乾燥して、そこから抜け毛や痒みといったトラブルに繋がっていく可能性がありますが、逆にキレイに洗えていないとそれはそれで別のトラブルの要因に。

『頭皮にやさしいシャンプー=頭皮環境を良くしてくれるもの』というイメージは間違いではありませんが、メリットとデメリットをきちんと理解した上で使っていくよう注意したいですね◎

【守り髪】ベースメイクシャンプーの口コミまとめ

今回はアットコスメやAmazonに投稿されている守り髪の口コミを紹介したいと思います♪

次回はharuの口コミをまとめていきますので、そちらも併せてご覧になってみてくださいね(^_-)-☆

【守り髪 シャンプー】

①昔から髪質が良くなく乾燥しがちだったのですが、こちらのシャンプーとトリートメントに変えて、固かった毛先がずいぶん柔らかくなりました。
驚くほど髪質が改善するわけではありませんが、どうやら私の髪とは相性が良いようです。
香りも強すぎずお気に入りです。

②やさしい香りで洗い上がりもしっとり。
お値段は高めですが、買ってよかったです。

③現在使い始めて2ヶ月ほどですが、確実にパサつきが改善されてきました!
シャンプーの泡のもっちり感がすごくて、頭皮からきっちり洗えているのに毛先が潤う感覚あり。
洗う時にふんわりと香る上品なローズの香りもリラックスできてエステ気分です。
今まで色々なノンシリコンシャンプーを使ってきましたが、使い心地、洗い上がり共に抜群に良いです。

④泡立ちも香りも良く、シャンプーとしての使用感に全く不満はありません。
しかしダメージのある私の髪には効果はほとんど感じられませんでした。

⑤ネットで色々調べて評価が高かったので買ってみました。
結論から言うと、髪をボリュームダウンしたかった私には合いませんでした。
良く見てみたら守り髪はボリュームが出るタイプのものだったんですね(^_^;)
ハリが出て健康な髪にはなりますので、髪質によってはとても良い商品なのかもしれません。

【haru】黒髪スカルプ・プロの口コミまとめ

お次はharu 黒髪スカルプ・プロシャンプーの口コミをまとめていきましょう♪

【haru 黒髪スカルプ・プロシャンプー】
①友人の家で使ってみてよかったので購入しました。
シャンプーして3分~5分ほど放置してから流していますが、乾くとトリートメントをしたかのようなシットリ&サラサラヘアになります。
文句なしに良いです。

②シャンプーだけで大丈夫なのか不安でしたが、1度使っただけで髪がツヤツヤになりました。
期待を込めて使い続けていきたいと思います。

③今まですすぐ時に抜け毛が気になっていたのですが、haruを使うようになってそれがなくなりました。
髪を乾かすと地肌がスッキリした感じがあり、何よりフワ・サラッと仕上がって良かったです。

④ドライヤーで乾かさなくても髪がうねらないし、周りの人から「美容院行った?」とよく聞かれるようになりました。
母も使った翌日に生え際が立ち上がったと言っています。

⑤頭皮の汚れは最高にきれいに落ちますが、洗い流した後にきしみをかんじます。

⑥洗ってる最中の指通りはいいのですが、乾かすときにもったりして重いです。
かなりしっかり流してもダメだったので、私のように量の多い人には合わないのかもしれません。

⑦神経質なくらいすすいでるのに、すごくベタベタします。
しかもベタベタする割には髪が広がるし絡まるし、べたつくから汚れや埃もつきやすいように感じます。
しっかりした髪質で量の多い私には合いませんでした。

守り髪もharuも安心の返金保証付き♪

『どちらも合う合わないがハッキリしている』
これが両者の口コミを見た後の率直な感想です。

そもそも守り髪は口コミ数自体が少なく、参考になる口コミも少なめ。
(アットコスメの口コミはサクラと思わしきものが多い)

一方でharuはAmazonでは評価があまり高くないものの、楽天では高評価とサイトによってバラつきがある。

人によって使用感や香りの感じ方も違えば、髪質によって洗った後の仕上がりも異ってくるので当然と言えば当然ですが…ここまで評価が分かれてしまうと
購入するのに勇気がいるものですよね(^^;

ですが、そんな方もご安心を♪

実は、守り髪もharuも始めて使う人のための『返金保証制度』を設けているんです(ノ∀`)

この手の返金保証は“肌に合わなかった人”を対象にするものが多い傾向にありますが、守り髪もharuも“満足できなかった人”を対象にしているので、香りが苦手、ベタつきが気になるといった理由でも返金してもらうことが可能◎

これなら香りの好みがハッキリしている方でも気軽にお試しできるのではないでしょうか(^_-)-☆

ただし一つ注意点。

守り髪は『定期コース』に申し込んだ人のみが返金対象となり、普通に買ってしまうと保証が付きません。

haruは購入方法に関係なく保証が付きますが、守り髪は定期コースのみ対象となるので、その点だけはご注意くださいね♪
*守り髪の定期コースは1回だけでも解約OK。

ヘアダメージ軽減のために生活習慣も見直すべし!

頭皮トラブルやヘアダメージを改善するためには、生活習慣を見直すことも大切!

栄養不足や睡眠不足も頭皮や髪に大きなダメージを与えてしまいますので、思い当たる方は生活習慣の改善にも力を入れるようにしましょう◎

またこれからの時期は頭皮&髪の大敵である紫外線量が増える季節。

帽子や日傘を活用して紫外線から頭皮と髪を守るよう心がけましょう♪