乳酸菌サプリは菌の種類で選ぶ?【”市販で購入前”に必見!】

乳酸菌サプリ

乳酸菌とひとくちに言っても、その菌によって得意分野が異なります。

たとえば、CMでお馴染みの「乳酸菌シロタ株」は整腸作用が高く、「プラズマ乳酸菌」は免疫力UPに効果が高い…といったようなところですね◎

これはサプリメントに置き換えても同じことで、乳酸菌を摂る目的によって選ぶべき菌が変わってくるのです。

また、乳酸菌は多く摂ったほうが効果が感じられやすいので、含まれている乳酸菌量に注目して選ぶことも重要です。

さらにサプリ選びで気を配りたいのが、乳酸菌の働きをサポートしてくれる成分が含まれているかどうか、というポイント。

乳酸菌は、オリゴ糖や食物繊維をエサにして働きが活発になるので、できればオリゴ糖や食物繊維が一緒に配合されているサプリメントを選ぶと良いでしょう。

下記では、乳酸菌別の特徴をまとめておくので、サプリメントやヨーグルトなどを選ぶ際の参考にしてくださいね(*^_^*)

■乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)
胃液・胆汁などの消化液に強く、生きたまま腸内に到達しビフィズス菌を増やす。
高い整腸作用がある。

■KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)
免疫バランスを整える働きがあり、アレルギー症状の改善や免疫力UPに効果的。

■プラズマ乳酸菌(JCM5805株)
免疫細胞の司令塔であるプラズマサイトイド樹状細胞を活性化し、風邪やインフルエンザに強い身体に。

■LG21乳酸菌
他の乳酸菌と比較して胃で生きる力が強く、ピロリ菌の活動を抑える効果が期待されている。

■モラック乳酸菌
インフルエンザへの効果が期待されている。 

■L-92乳酸菌
花粉症やアトピーといったアレルギー症状の緩和に役立つ。

■ガセリ菌SP株
生きたまま腸まで届き、長く留まることが実証されている。

■フェカリス菌
免疫力を向上し、アレルギーや花粉症に効果があるとして話題に。

乳酸菌サプリはこう選べ!

乳酸菌サプリメントは、ドラッグストアやスーパーなど市販店舗でも購入することができます。

それだけ乳酸菌への注目度が高いということでしょう。
最近では数多くの乳酸菌サプリメントが販売されていますよね(*^_^*)

ですが乳酸菌サプリメントを選ぶ際にひとつ注意したいのが、「乳酸菌サプリならどれでもOK」というワケではない、という点です。

乳酸菌には実に350種類を超える菌が存在し、その菌によって働きも様々です。
つまり、乳酸菌にはそれぞ得意分野があり、目的に合わせた菌を選ぶことが重要ということなのです。

またサプリメントによって、含まれている乳酸菌の量にも差があるため、乳酸菌の配合量にも注意したいところ。

そして何より大切なのが、“続けやすいお値段かどうか”というポイントです。

乳酸菌やビフィズス菌は、一度摂ったからといって効果が持続するわけではありません。
乳酸菌やビフィズス菌は一定期間は腸の中で働いてくれますが、働きを終えると排出されてしまうのです。
そのため、毎日に摂取し、きちんと継続していくことが大切です。

経済的に無理のないサプリメントを選ぶことも、乳酸菌サプリを選ぶ判断材料のひとつ。
毎日続けて健康なカラダを目指すようにしましょう◎