オレンジシャンプーは薬局等で市販されてる?※問い合わせました

オレンジシャンプーオーガニックの特徴をまとめています。
天然オレンジの力で毛穴の汚れをスッキリと落とし、洗いながら髪と頭皮を両方をケアできる『オレンジシャンプーオーガニック』

今回は楽天やAmazonで高い評価を得ているこちらのシャンプーの魅力に迫ってみたいと思います◎

配合されている成分や期待できる効果や販売店情報、実際に使った人の口コミなど色々な角度から分析していきますので、興味をお持ちの方は是非ご覧になってみてくださいね(^_-)-☆

素朴さに安心感♪オレンジシャンプーオーガニックの特徴とは?


パッと見た感じ、オシャレさがほぼ感じられないこちらのシャンプー(笑)
でもこのデザインに安心感を覚えるのは私だけではないハズです。

なんとな~く懐かしい感じがして、親しみが湧く。
ハデハデしくない見た目が、逆に質の良さを感じさせてくれます。

そしてその予想通り、オレンジシャンプーオーガニックは成分も安心感が満載◎

『髪にやさしい』にこだわって作られたオレンジシャンプーオーガニックは、洗浄剤としてアミノ酸系洗浄成分を使用し、オレンジをはじめとする7種類のオーガニック成分を配合。

さらに30種類もの天然成分を贅沢に配合し、頭皮に負担がかかりやすいパラべンや合成香料・着色料、鉱物油、ラウリル硫酸Naは一切使用せずに作られています。

そしてオレンジシャンプーオーガニックのスゴいところは、リンスやコンディショナーが要らないというポイント。

キューティクルを保護する天然の保護成分『海藻エキス』を使用することで、リンスを使わなくても指通りの良いサラサラ髪に仕上げてくれるのだそうです。

余計なものを付けないことで頭皮の毛穴がスッキリし、自然なハリツヤが甦る◎

シャンプー1本で済むというのは、ズボラさんにとっても大きなメリットの一つですよね(笑)

オレンジシャンプオーガニックーは薬局にある?問い合わせると・・

ただオーガニックしオレンジシャンプオーガニックーは薬局(ドラッグストア)で取扱っておらず、ほぼほぼ市販されていないので、購入する際少し不便かもしれません。

通販限定商品というワケではないようですが、取扱っている市販店舗はごくごく一部。

カスタマーセンターに薬局(ドラッグストア)での販売状況について問い合わせましたが、上述のように薬局(ドラッグストア)では取扱いナシ、さらに東京都内でも東雲のイオンや聖蹟桜ヶ丘の京王アートマンなど数店舗でしか市販されていないとの回答をいただきました。

通販に慣れている方であれば特別問題はないかと思いますが、欲を言えば実店舗での取扱いを増やしてほしいところですね。

>>抜け毛・ハリコシ対策に!オレンジシャンプーオーガニックはこちら

オレンジシャンプーオーガニックの楽天レビューをまとめてみた◎


髪や頭皮にこだわって作られているものでも、使用感や効果が感じられなければ意味がないもの!!

ということで、今回は楽天でオレンジシャンプーオーガニックを購入した人の口コミを紹介していきたいと思います◎

実際にオレンジシャンプーオーガニックを使った人の評価はいかに?
オレンジシャンプーの評判が気になる方は是非最後までご覧になってみてくださいね(^_-)-☆

【オレンジシャンプーオーガニックの口コミ評価】

髪のハリが違う
ビックリしました。
髪が細い、薄い、ハリがない、朝洗っても夕方にはぺたんとしてしまう髪質に悩んでいましたが、まだ使い始めて間もないのにハリが違います。
もう少し使ってみないと分からないかもしれませんが、自分には合っていると思います。
しっかり泡立ち香りも良い
「根本からふんわりボリュームアップ」という謳い文句に惹かれて購入しました。
最初は髪の毛がパサつくような感じでしたが、1ヶ月ほど使っているとあまり気にならなくなりました。
しかも毎朝ドライヤーをつかわなくても後頭部がふわっと丸くなっていて、手間がかからなくなりました。
少量でしっかり泡立つし、香りも良いので気に入っています。
髪にツヤが出た
初めて使った日は、流し具合が分からず流しすぎたのか髪がパサパサになってしまい、逆にあまり流さないとベタついた感じに。
でも慣れてきたらシャンプーだけとは思えないくらい髪にツヤが出ます。
まとまりも良くなるしサラサラで、頭皮もしっかり洗えていると思います。
地肌が健康になった気がする
はじめは「泡立ちが足りないかな?」と思いましたが、毎日使ううちに抜け毛が少なくなり、髪質が柔ららかくなった気がします。
地肌が健康になった気もしますし、リンスがいらないのも楽です♪
敏感肌でも使えた
敏感肌の息子に購入しましたが、とても良いようです。
気に入って使っています。
しっとりまとまりやすくなる
リンスなしでも髪がゴワつかず、翌日も髪がしっとりとしてまとまりやすかったです。
オレンジの香りも良かったです。
なめらかでキシキシしない
毛が細く猫毛です。
カラーリングをしていてダメージも強いためリンスなしはちょっと心配でしたが、なめらかでキシキシしません。
乾ききる直前だけ多少パサパサしますが、乾ききるとサラサラで、ブラシでといたりしなくても指がサラサラっと入る感じです。
そばらく経つと効果をじっかん
使い始めてしばらくはキシキシ・ヌルヌルした感触に違和感を覚えましたが、商品説明にある通り2週間程すると落ち着きました。
シャンプー時の抜け毛も減った気がしますし、細毛、ハリ、コシに効果的とのことですが、確かに少し丈夫になってきた気がします。

★オレンジシャンプーオーガニックの口コミはアットコスメやAmazon、yahoo!ショッピングにも投稿されています。

「もっとたくさんの人の評価が知りたい!」という方は、楽天以外のサイトも併せてチェックしてみてくださいね♪

オレンジシャンプーオーガニックに成分をチェック!

オレンジシャンプーオーガニックに配合されている成分は以下の通りです。

<オレンジシャンプーオーガニック>

水、コカミドDEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、BG、ジラウレス-10リン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウリミノジプロピオン酸Na、オレンジ油(オーガニック)、リモネン、ウンシュウミカン果皮エキス、ヒバマタエキス、ホホバ種子油(オーガニック)、ゴマ種子油(オーガニック)、パンテノール、オランダカラシエキス、ローズマリー葉エキス(オーガニック)、イチョウ葉エキス、オタネニンジン根エキス、ローマカミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、カンゾウ根エキス、アロエフェロックス葉エキス、セージ葉エキス(オーガニック)、ビルベリー葉エキス(オーガニック)、ラベンダー花エキス(オーガニック)、アルニカ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オドリコソウ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ニンニク根エキス、トコフェロール、エタノール、フェニルトリメチコン、ポリクオタニウム-10、ステアラミドエチルジエチルアミン、フェノキシエタノール、メントール、ツバキ種子油、サザンカ油、コメヌカ油(イノシトール)、グリチルリチン酸2K、スクワラン、クエン酸★リニューアル前のものは若干成分が異なります。

商品説明にもあるように、自然の恵みがたっぷり♪

植物由来の成分から海藻エキス、グリチルリチン酸2Kにスクワランなど確かにこれ1本で十分と言える成分が配合されています。

ちなみに…オレンジシャンプーオーガニックは解析サイトでも批評されていますが、個人的に解析サイトの情報を鵜呑みにするのはオススメできません。

というのも、化粧品にしてもヘアケア製品にしても、解析サイトで行われている“解析”は、入っている成分を判断しているだけのもの。

各成分の配合量が分かるのであればその批評も正しいかもしれませんが、オレンジシャンプーオーガニックをはじめ、化粧品やヘアケア製品の配合量が分かるのはメーカーだけです。

解析サイトを見ると評価が高いものもあれば辛辣なものもありますが、その情報に左右されるのではなく、実際に使って判断されることをオススメします◎

頭皮のニオイやベタつきに悩む若い世代にもオススメ◎

『薄毛が気になる人にオススメ』
『毛根に活力を』
『コシのないぺったり髪に』

これらは全てオレンジシャンプーオーガニックのキャッチコピーなのですが、こういったキャッチコピーを見ると、どうしても40代50代向けの製品だと思ってしまいますよね(^^;

ですがそれは誤りです。

このシャンプーは年代問わず“健やかな頭皮作りを目指す人のための”ヘアケア製品。

皮脂分泌が多く、頭皮のニオイやべたつきが気になりやすい10代~20代にも嬉しい効果が期待できるでしょう。

これは顔の皮膚にも共通して言えることですが、過剰な皮脂分泌は乾燥によって起こるケースが多く、洗浄力の強すぎるシャンプーが原因でニオイやべたつきが発生している可能性があります。

オレンジシャンプーオーガニックは、洗浄力がマイルドなアミノ酸系洗浄成分を使用しているため、適度に潤いを残しつつ、頭皮の乾燥を防ぐことができる◎

こういった理由からニオイやべたつきに悩む10代20代にもオススメできるワケです。

ただしニオイに関しては、すすぎが十分でない、髪を乾かさないうちに寝る、といったことが原因になっている可能性もあるので、洗髪の仕方や洗髪後のケアにも注意したいところ。

遊びや仕事など何かと忙しい10代~20代ですが、毎日しっかり髪と頭皮を洗い、きちんと乾かしてから寝る習慣をつけましょう。

物は試し!シャンプーだけのシンプルケアで髪質が変わるかも?

最近ではシャンプーにコンディショナー、インバストリートメントにアウトバストリートメントなど“足し算するヘアケア”が主流になっていますが、オレンジシャンプーオーガニックは、昨今の美容法とは180℃真逆の“引き算のヘアケア製品”といったところですね。

「あれこれ付ければ良いというものではない」
確かにその考えも一理あるのかもしれません。

本当に髪や頭皮に必要なものを最低限シャンプーだけで済ませる。
様々なアイテムを駆使する美容法に疑問を持っている方は、一度シャンプーだけのシンプルケアに変えてみるのも一つの手段かもしれませんね(*^_^*)

>>オレンジシャンプーの詳細はこちら