その肌荒れの原因は「花粉」かも!?【※敏感肌さんは必見】

暖かくなるのは嬉しいけど…春は『花粉』が飛ぶ季節。

鼻はムズムズ、鼻水は知らずに垂れて、くしゃみも連発、目も痒い。
花粉症の方にとっては非常につらい時期ですよね。

でもこの花粉。
実は肌にも悪影響を及ぼす美肌の大敵でもあるんです!

ということで、ココでは花粉と肌トラブルの関係についてまとめていきたいと思います◎

花粉症じゃなくても要注意!その肌荒れの原因は花粉かも?

春先は肌荒れが起こりやすい悩まし~い季節。

幾分寒さが和らぎ、過ごしやすくなったとホッとしたのも束の間、今度は『花粉』に悩まされる…なんていう方も多いのではないでしょうか。

そう、花粉は鼻がムズムズしたり、くしゃみが出たりといったアレルギー症状だけでなく、肌トラブルをも起こし得る厄介なもの!

特に敏感肌さんはしっかり花粉対策を行っておく必要があります◎

そもそも花粉によって、肌に赤みが出たり痒みが出るなどのアレルギー症状には『花粉症皮膚炎』というれっきとした名前があります。

そしてこの花粉症皮膚炎の怖いトコロは、鼻水やくしゃみなど花粉症の症状がない人にも現れる、という点。

「私は花粉アレルギーじゃないから大丈夫」と思っている人でも、毎年花粉の時期に肌荒れが起こる人は花粉症皮膚炎を疑うべきかもしれません。

また春は冬に引き続き、まだまだ空気が乾燥していて、敏感肌に傾きやすい時期。

敏感肌じゃないから、花粉症皮膚炎じゃないからと油断せずに、しっかり保湿をして肌荒れ予防に努めましょう!

花粉で肌が荒れる原因とは?

「そもそもどうして花粉の時期は肌荒れが起こりやすくなるの?」と疑問に思っている人も多いハズ。

そこで今回は花粉によって肌荒れが起こるメカニズムについて書いていきたいと思います◎

【肌荒れが起こる原因は大きく分けて二つ】
まず一つ目の原因。
それは『免疫機能』の過剰反応です。

そもそも人間の体には、外部から侵入しようとするウイルスなどの異物を排除し、体を守ろうとする『免疫機能』が備わっています。

花粉はそこまで人体に害がないため、異物と判定する必要はないのですが、時に免疫機能が勘違いして花粉を異物と認識してしまうことが。

そしてこの花粉を撃退するために放出される物質(ヒスタミン)が刺激となり、体がアレルギー反応を起こした結果、鼻水やくしゃみといった症状が出ます。

そして一度異物判定をされた花粉は、肌に付着しただけでアレルギー反応を起こすようになり、結果、肌の痒みやかぶれ、肌荒れといった花粉症皮膚炎を引き起こすようになるのです。

そしてもう一つの原因は、バリア機能の低下です。

冬は乾燥しやすく、肌のバリア機能が低下しやすい季節。

この時期にしっかり化粧水やクリームなどで保湿を行い、バリア機能が正常に機能してくれていれば、花粉シーズンになっても肌荒れ知らずで過ごすことが出来ますが、バリア機能が低下していると、花粉が肌内部に侵入し、炎症が起こりやすくなってしまいます。

またバリア機能が低下していると、お肌の潤いを維持できなくなってしまうため、余計に肌が乾燥しやすくなり、敏感肌の改善が難しくなる…。

この負のスパイラルから抜け出すためには、やはり保湿を徹底するほかありません。

もちろん乾燥肌・敏感肌にならないための予防も大事!
化粧水でたっぷりの水分を与えて、乳液やクリームなどでしっかり蓋をする。

冬~春の肌が揺らぎやすい季節は、刺激の少ない化粧水を選んであげるのも、肌荒れ対策の一つだと言えるでしょう◎

【知っておくべき!】花粉症皮膚炎の予防法まとめ◎

前回も少し触れていますが、花粉症皮膚炎は“花粉が肌に付着すること”で起こります。

ということは…花粉が肌に付かないよう工夫をすれば、症状を和げることが出来る、というワケなんですね(*´∀`*)b

例えばマスクやサングラス、帽子といった日焼け対策にもなるグッズたち。
これらは花粉による肌荒れ防止にも有効です◎

特にバリア機能が低下している敏感肌は、花粉だけでなく紫外線も侵入しやすい状態にあるため、マスクやサングラスを活用しておきたいところ!

ただしマスクは皮膚との間で起こる摩擦によって、敏感肌や肌荒れが悪化してしまう場合があるので、その点だけは注意が必要です。

『摩擦=肌のバリア機能の低下=敏感肌』と連鎖してしまうため、なるべく刺激を与えない方法でブロックするようご注意くださいね◎

また鼻をかみすぎると、乾燥や皮剥けが起こってしまいますし、目を擦ると色素沈着やシワの原因になってしまいます。

肌荒れを悪化させないためにも、鼻水や目のかゆみが深刻な人は、耳鼻科や眼科を受診すると良いかもしれませんね(^_-)-☆

肌荒れ中に注意すべきスキンケアのポイントとは?

花粉で肌荒れを起こしている時は、肌への負担最小限に食い止めることが大切!

肌のためにと思って行うスキンケアも、やり方によっては逆効果になってしまう場合があるので注意が必要です。

前回も書いているように、肌に摩擦が加わるとそれだけでダメージが加わってしまいますし、刺激の強いスキンケアアイテムの使用も肌にとって大きな負担となってしまいます。

洗顔する際はたっぷりの泡でやさしく洗い、成分がシンプルな基礎化粧品でケアしてあげるのが◎

そしてメイクにも一工夫したいところです。

“落ちにくさ”がウリをウォータープルーフ製品を使っている人も多いかと思いますが、このタイプのアイライナーやマスカラは、洗浄力の強いクレンジング剤でないと落とすことが出来ません。

ですが洗浄力の強いものは、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、バリア機能を低下させてしまうため、肌が荒れている時だけでもオフしやすいアイテムを選ぶのが◎

またリキッドファンデーションやクリームファンデーションなど油分が多いものは花粉が付着しやすくなるので、パウダーファンデーションやお粉を重ねてあげると良いでしょう。

最後に…花粉で肌トラブルが起こっている時にオススメのスキンケア成分は『セラミド』と『グリチルリチン酸』です。

セラミドは保湿力が高く、バリア機能の強化に役立ちますし、グリチルリチン酸は抗炎症作用+抗アレルギー作用を持つ肌荒れに効果的な成分です。

セラミドと一口に言っても様々な種類がありますが、刺激が少なく、肌になじみやすいヒト型セラミドが配合されているものがオススメですよ(^_-)-☆

規則正しい生活は美肌作りの第一歩◎

お肌のバリア機能は、栄養不足や睡眠不足、ストレスなど生活習慣によって働きが鈍る場合もあります。

花粉に負けない丈夫な肌を取り戻すためには、バリア機能の強化が不可欠ですので、生活習慣の乱れを自覚している人は改善するよう心がけましょう◎

4 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。