毛穴パックのやりすぎはよくない?【メリット&デメリット】

毛穴に詰まった角栓をスッキリ取り除いてくれる毛穴パック。

小鼻のブツブツ毛穴に悩む人にとっては頼りたくなる一品ですが…、『毛穴パック=肌に悪い』という話もよく耳にしますよね(ΦωΦ;)

そこで今回は毛穴パックのメリット・デメリットや、過去に毛穴パックで大失敗した私個人の体験談など、毛穴ケアについて深く掘り下げていきたいと思います◎

今まさに毛穴パックを使用しようとしている人は要注意。
後々後悔しないためにもしっかりとパックのメリットデメリットを頭に入れておきましょう!

毛穴パックのメリット・デメリットをきちんと知っておこう◎

毛穴パックには肌に張り付けて剥がすシートパックと、クレイ等が配合された洗い流すパックの2種類があります。

シートパックのメリットは、一度でスッキリと角栓を取れること。
そして洗い流すパックのメリットはシートパックに比べて肌への負担が少ないことです。

ただしいずれの方法もデメリットは避けられません。

特にシートパックは、シートを剥がす時の肌負担が絶大!
さらに肌を保護する役割を担う皮脂膜も一緒に取り去ってしまう可能性があるため、個人的にはオススメできません。

また、洗い流すタイプのパックもシートパック程の刺激がないとは言え、皮脂を取り去ることで肌が乾燥しやすくなるというデメリットが。

必要な水分や油分が除去されてしまうのは、シートパックも洗い流すパックも同じだということをまずは覚えておきましょう。

ただし詰まった角栓をそのまま放置すると、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなるため、時には毛穴パックが有効な場合も◎

毛穴パックを必要としない状態をキープするのが一番良いことですが、毛穴の汚れや角栓が気になる場合はパックでケアをするのも一つの手段だと言えるでしょう。

知っておくべき毛穴パックの注意点とは?

前回も書いているように『毛穴パック=100%よくないもの』ではありません。

これは毛穴パックに限ったことではありませんが、要はやり方次第で良くも悪くもなる、ということ◎

そもそも毛穴パックは、毎日行うようなものではありません。

毎日毛穴パックをしようものなら、肌はボロボロ、毛穴にも逆効果だということをしっかりと理解し、あくまでもスペシャルケア(定期的なケア)として行うようにしましょう。

そして頻度ですが、これは使用する毛穴パックに記載されている通りに使うのが◎。

特に記載がない場合は週に1回~隔週程度のお手入れをオススメします。

また毛穴パック後のスキンケアも重要なポイント。

毛穴パックをした後のお肌は水分や油分が失われ無防備な状態にあり、そのままの状態を放置すると、毛穴トラブルが悪化してしまう可能性があります。

化粧水や保湿クリームで保湿するのはもちろんですが、シートパックでケアした後は、パックした部分を氷や保冷剤などで冷やしてお肌を鎮静させるのもオススメです。
*保冷剤や氷は清潔なガーゼなどでくるんで使用!

毛穴パックを行う上でよくないのは“やりすぎ”と“パック後の保湿不足”。

よく「毛穴パックのやりすぎはよくない」と言いますが、自身の経験からも言えることですので、毛穴パックを始める時は頻繁にやりすぎないようご注意くださいね(^_-)-☆

~正しい毛穴パック(シート)のやり方~

さて、それでは早速“正しい毛穴パックのやり方”についてまとめていきましょう。

シートパックのパッケージ等にやり方が記載されている場合はその通りに使用するのが◎ですが、一応ここでも基本的なシートパックのやり方をご説明します。

<毛穴パックのやり方>
①パックする部分をしっかりと水で濡らし、シートパックを肌に貼って密着させる。
               ↓
②シートが乾燥したら一気に剥がさず、少しずつゆっくり剥がしていく。             ↓

③シートを剥がしたら時間を置かずに化粧水や保湿クリームで保湿する。

以上がシートを使った毛穴パックのやり方です。

毛穴パックをする際の注意点としては、『シートパックを直接濡らすのではなく肌を濡らすこと』と『シートが乾くまで剥がさない』こと。

いずれも効果が弱まってしまうので使用方法は守るようにしましょう。

また、シートパックを使用するタイミングは洗顔後がオススメです。

あらかじめ肌の汚れを取っておくとより高い効果が期待できるので、タイミングにこだわる方は洗顔後に使用すると良いでしょう。

ただし化粧水を付けてからパックをすると効果が薄れてしまう可能性があるので、洗顔後の保湿は“パックしない部分だけ”に行うようご注意くださいね(^_-)-☆

※入浴後に使うと効果的という意見も少なくありませんが、このタイミングでパックをすると赤みや痒みといったトラブルが起こりやすくなるとも言われています。

角栓プッシャーは本気でオススメしない!

専門家の間でも賛否ある毛穴パック。

角栓に悩む人がいる限り毛穴に特化したグッズは今後もどんどん発売されることと思いますが、角栓を押し出す『角栓プッシャー』たるものも数多く販売されていますね。

ですがこの角栓プッシャーは本当に要注意。

確かに角栓プッシャーを使うと、毛穴に詰まった角栓が“にゅるっ”と出てきて快感とも言える気持ち良さがあるのですが…、これを使うと確実に毛穴が大きくなってしまいます。

私が角栓プッシャーを使っていたのは今から10年ほど前のことですが、その時に広がった毛穴は今も戻らず、使用していた鼻の両脇は今でもポツポツと角栓が顔を出したままΣ( ̄ロ ̄lll)

もう本当に角栓プッシャーだけはだめ!
100%おすすめできません×

にゅるっと角栓が出る気持ち良さにハマってしまい、毎日でもやりたくなるところもこの器具の怖いトコロで…、癖になっちゃうんですよね( ノД`)

後先考えずにゴリゴリ使ったツケが10年経った今でもついて回り、大失敗だったと後悔しています。

毛穴パックのやりすぎもだめですが、角栓プッシャーのような無理矢理押し出すようなやり方も絶対にだめ。

毛穴パックは賛否ありますが、角栓プッシャーは賛否の『否』しかないので、使用を検討している方は思いとどまることをオススメします◎

角栓除去作用に優れた洗顔料を使うのも一つの手!

結論として“シートタイプ”の毛穴パックと“洗い流すタイプ”の毛穴パックのどちらがおすすめなのかというと…やはりダメージの少ない洗い流すタイプの方がおすすめです◎

角栓プッシャーに関してもそうですが、無理な力を加える方法は経験から言ってもおすすめできません。

「その時のスッキリ感が得られれば良い!」という方はシートパックの方が適しているかもしれませんが、将来のお肌のことを考えるのであれば少しでも負担が少ない洗い流すパックを使用するのが賢明。

もちろん毛穴パック以外にも方法はあります。

例えば、毛穴の汚れや角栓を吸着するパワーが強い『クレイ』配合の洗顔料や、タンパク質を分解する酵素が入った洗顔料を使用するのも一つの手段です。
*角栓の7割はタンパク質で構成されている!

クレイ配合の洗顔料やタンパク質分解酵素が配合された洗顔料がどこに売ってるのかというと、これはドラッグストアやドンキホーテなどでも売られていますし、通販限定の商品も数多く販売されています。

特に人気があるのはクレイ洗顔料だと『泥練洗顔』、そしてタンパク質分解酵素が配合された洗顔料では『suisai ビューティクリアパウダーウォッシュ』が高評価で、いずれもDSやバラエティーショップ、通販で購入することができます。

お住まいの地域によってどこに売ってるかは異なるので、「ココなら確実に買える!」とは言えませんが、公式サイトを見ればどこに売ってるか調べることが出来るので、気になる方は一度公式HPをチェックしてみてくださいね♪

洗顔料も使用頻度にご注意を◎

クレイ洗顔料や酵素配合の洗顔料も毎日ではなく定期的に使用することをオススメします。

皮脂を吸着する作用が強いものは、たとえ洗顔料でも乾燥しやすくなってしまうので、頻繁に使わないよう注意しましょう◎