ライスフォースは20代・30代には早い?おすすめ?【年代別】

あらゆる年代の女性たちから支持されているライスフォース。

でも「20代30代で使うのは早すぎるのかも…」と何となく購入を躊躇っている人も少なくないのではないでしょうか。

で・す・がそれは大間違い!
20代30代でもお肌の潤い不足を感じている人はセラミドを増やすケアをしていくことが大切です◎

ここでは“ライスフォースが合うのはこんな人”というテーマでまとめていきますので、化粧品選びに迷っている人は是非チェックしてみてくださいね(^_-)-☆

乾燥が気になる20代はセラミド量UPに取り組むべし!

まず最初にライスフォースをオススメしたいのは『20代で乾燥に悩んでいる人』です。

乾燥は20代でも30代でも年代を問わず襲ってくるもの。

特に最近では20代の乾燥肌・敏感肌の人が急増しているため、20代でライスフォースを使うのはまったく不自然なことではありません。

そもそも乾燥の原因は、クレンジング&洗顔のしすぎやターンオーバーが正常に行われないこと。

頻繁に洗顔をしたり、洗浄力の強いクレンジングなどを使うと、必要な皮脂まで奪われて肌が乾燥する。

また肌の潤いを維持する役割を担うセラミドは、ターンオーバーの過程で作られるため、ターンオーバーが正常に行われないと、肌の保湿機能が低下して乾燥しまうのですΣ( ̄ロ ̄lll)

中高生のうちからメイク→クレンジングを習慣化していた人は、たとえ若い年代でも肌の潤いが不足しやすくなり、正常に行われるはずのターンオーバーが機能しにくくなっている可能性も。

『ターンオーバーが正常に行われない→乾燥する』でもありますが、『乾燥している→ターンオーバーが正常に行われない』でもあります。

20代など若い年代の方でも乾燥を感じた場合は、ライスフォースしっかりとセラミドを増やすケアを始めておきたいですね◎

【30代必見◎】目元・口元の小ジワは水分量の低下が原因!


次にライスフォースをオススメしたいのが“小ジワに悩む30代”です◎

30代は目尻や口元など薄っすらと表面化したシワが気になり始める年齢層。

鏡を見てシワを発見した人は、これまで見かけなかっただけに相当のショックを受けられたのではないでしょうか?

ですが、そんな方も諦めるのは時期尚早♪

深いシワになってしまうと保湿で改善することはかなり難しくなってきますが、浅いシワであれば潤いを取り戻すことで改善することが可能です(*´∀`*)b

そもそも浅いシワは、肌の乾燥が続くことで現れるもの。
肌の潤いをキープできるようになれば目立たなくなってくれます。

ライスフォースは、肌の水分保持能を改善するライスパワーNO.11が入った潤いUPに最適なアイテム◎

乾燥が気になる人はもちろんですが、急に出現してしまった小ジワに悩んでいる人にもオススメの一品です。

肌内部のセラミドは年齢と共に減少してしまうもの。

将来のためにも30代のうちからセラミドを増やすケアをして、潤い肌を維持していきましょう♪
*年齢に関わらず小ジワに悩んでいる方は試してみてくださいね(^_-)-☆

たるみ&毛穴の開きもセラミド量UPで改善♪


セラミドは乾燥やシワだけでなく、たるみや毛穴の開きにも効果を発揮するエイジングケア成分◎

もちろん肌のたるみによって毛穴が楕円型に広がる“たるみ毛穴”にも効果的です。

そもそもたるみの原因は、肌の弾力が失われること。

そして肌弾力の低下は、肌内部の水分量が減り、保湿力が低下することによって引き起こされます。

また毛穴の開きも肌が乾燥し水分が不足すること、すなわち保湿力の低下によって起こるため、肌の水分量を維持する働きを持つ『セラミド』を増やすことで、たるみも毛穴もダブルで改善が期待できる、というワケです(*´∀`*)b

でも、わざわざライスフォースのような“セラミドを増やす化粧品”を使わなくても、“セラミドが入っている化粧品”を使えばいいのでは?と思ってしまいますよね(*^_^*)?

しかし“セラミドを増やす化粧品”には、それなりのメリットがあります。

そのメリットについて書く前に、まずは人間の皮膚に存在しているセラミドの種類について説明していきましょう。

【セラミドはその種類によって働きが異なる!】
人間の角質層には、水分を保持する力が強いセラミドや、バリア機能の維持に役立つセラミドなど様々な種類のセラミドが存在しています。

これらのセラミドは、セラミド1、セラミド2(*)などと分類されており、セラミド配合化粧品には単体、または複数種類のセラミドが入っています。
(*)セラミドAP、セラミドNPなどと記載されている場合もある

ただし肌内部に存在する全てのセラミドを配合している化粧品はまずありません。

ただでさえ、肌内部にあるセラミドとほぼ同等の化学構造を持つ『ヒト型セラミド(*)』は高価な成分。
(*)セラミド1、セラミドNPなどと表示されているセラミド

たとえすべてのセラミドが入っていたとしても、とても日常使いできる価格では販売できないことでしょう。

ですがセラミドを増やす化粧品を使えば、肌に存在する全セラミドを増やすことが出来ます◎

確かにセラミドが入った化粧品も保湿力が高く、優秀ではありますが、全てのセラミド生成をサポートできるのはライスフォースなどセラミドを増やす成分が入った基礎化粧品だけ。

ライスフォースをはじめライスパワーNO.11が配合された化粧品はややお高い傾向にありますが、その効果を考慮すれば無理もないと言えるのではないでしょうか(*^_^*)

セラミド配合の化粧品でイマイチ変化が見られなかった人は“セラミドを増やす”にスイッチしてみては?

もしかするとお肌の水分量がUPして嬉しい効果が感じられるようになるかもしれませんよ♪

ライスフォースの成分についてまとめてみた◎


ここではライスフォースの成分を解析していきたいと思います。

まずは解析する前に…ライスフォースに含まれている成分をチェック!

<ディープモイスチュアローション>
有効成分:ライスパワーNo.11
その他成分:水、エタノール、BG、DPG、濃グリセリン、グリチルリチン酸2K、DL-PCA・Na液、大豆リゾリン脂質液、ヒアルロン酸Na-2、植物性スクワラン、天然ビタミンE、PEG(120)、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、POE(25)POP(30)、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、メチルパラベン

<ディープモイスチュアエッセンス>
有効成分:【有効成分】ライスパワーNo.11
【その他成分】水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、濃グリセリン、エタノール、BG、DPG、POE・ジメチコン共重合体、オクタン酸セチル、オリブ油、植物性スクワラン、天然ビタミンE、POPメチルグルコシド、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、グリセリンモノステアリルエーテル、POE(7)ラウリルエーテル、軽質流動イソパラフィン、ヒアルロン酸Na-2、グリチルリチン酸2K、POEステアリルエーテル、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、EDTA-2Na、メチルパラベン

<ディープモイスチュアクリーム>
有効成分:ライスパワーNo.11
その他成分:水、オクタン酸セチル、BG、植物性スクワラン、濃グリセリン、ジメチコン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、ベヘニルアルコール、ステアリン酸、ステアリン酸ポリグリセリル、ステアリン酸PG、ラウリン酸ソルビタン、ミリストイルグルタミン酸Na、グリチルリチン酸2K、粘度調整剤、pH調整剤、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

*サクッと解析*
★グリチルリチン酸2K
抗炎症成分及び抗アレルギー作用を持つ成分。
肌の炎症を抑えるだけでなくニキビ予防にも効果アリ。

★大豆リゾリン脂質液
浸透性が高く、優れた保湿力を持つ成分。

★カミツレ油
抗炎症作用、抗アレルギー作用を持つ成分。
ニキビや肌あれ、敏感肌など肌トラブルに効果的で、美白作用があることでも知られている。

★植物性スクワラン
オリーブオイルなどから抽出した植物性のエモリエント成分。
保湿力が高く、肌のターンオーバーを促進する作用がある。

最後に…クリームは3種類のパラベンが使用されていますが、表示が全て末尾に記載されているためそこまで配合量は多くないのでは、と推測されます。

ただし、すべて『アレルギー・刺激テスト済』とのことですが、ローションはエタノールが成分表記の頭の方に記載されていることからも、敏感肌さんは刺激を感じる可能性がありますので、心配な方は様子を見ながら使い始めることをオススメします◎

セラミドをどんどん作り出せる環境を作ろう!


セラミドはお肌を健やかに保つ上で欠かすことのできない重要な成分!

あまり知られていませんが、セラミドを増やしてくれる食べ物も身近にたくさん存在しています。

最初の方でも書きましたが、セラミドはターンオーバーの過程で生成されるもの。

栄養バランスの乱れや睡眠不足、ストレスなどが巡り巡ってセラミド生成の妨げに繋がってしまいますので、規則正しい生活習慣を送ることにも気を配っていきたいですね◎