利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度は!?毎日は使わない?

ここでは利尻ヘアカラートリートメントの使い方についてまとめていきましょう◎

初めて利尻ヘアカラートリートメントを使用する人はもちろん、これまでに使用した経験がある方も、今一度正しい使い方をチェックしてみてくださいね♪

【いつ使うの?】利尻カラートリートメントの使い方Q&Aまとめ

【利尻ヘアカラートリートメントの使い方まとめ】

Q.使用頻度はどのくらい?

A.利尻ヘアカラートリートメントの使用頻度は、毎日ではなく1週間~10日に一度程度が正解◎
このトリートメントは、シャンプーをするたびに少しずつ退色してきますので『白髪が気になるようになったら使う』というスタンスで使用するようにしましょう。
使い始めなどは毎日(2日連続)など、使用頻度を短くされている方もいるようですが、一般的なシャンプーやトリートメントのように毎日使用するものではないことを理解しておきましょう。

Q.放置時間は何分くらい?


A.放置時間は髪が濡れた状態で塗付するか、乾いた状態に塗付するかで異なります。

濡れた髪に使う場合→10分程度
乾いた髪に使う場合→30分程度

1時間ほど置いている方も少なくないようですが、長時間放置することで刺激を感じやすくなる場合もありますので、長く置く場合はあくまでも自己責任で!

Q.敏感肌や妊娠中・授乳中でも使ってOK?


利尻ヘアカラートリートメントはパラフェニレンジアミン等の酸化染料を使用していませんが、100%アレルギーが起こらないと言えるものではありません。
特にお肌が弱い方や、肌質がデリケートな妊娠中・授乳中はトラブルが起こりやすい状態にありますので、必ずパッチテストをしてからつかいはじめるようにしましょう◎

パッチテストの方法はこちら↓↓

MEMO
★二の腕の内側に、水で溶いた「白髪用利尻カラートリートメント」を綿棒などで10円硬貨大ぐらいに塗る。
その後、乾かしてそのまま48時間程度放置し、かゆみや赤み等の異常がないかチェックする。

@コスメ│利尻カラートリートメントの口コミはここでチェック!


今回はアットコスメに投稿されている利尻ヘアカラートリートメントの口コミ&評判をまとめていきたいと思います。

白髪用ヘアカラートリートメント ブランドシェアNO.1の利尻ヘアカラートリートメントは本当に評判が良いのか?!

購入を検討されている方は、是非ご覧になってみてくださいね(´艸`*)

【利尻ヘアカラートリートメントの評価】

悪い口コミ

タオルと枕と爪だけが染まって、肝心の白髪がまったく染まりませんでした!
ちゃんと染まるように、シャンプー&トリートメントを一緒に使い、温タオルやシャワーキャップも使いました。
しかし爪も手も染まったのに白髪は染まらず、さらに頭皮に湿疹が出来てしまい、痒みとフケが治るのに2ヶ月程かかりました。

良い口コミ

ほどほどに染まります。
カラートリートメントはヘアケアをしながらじっくり染めていくものなので、一定期間使い続けて色をなじませていくことが大事です。
正直手間はありますが、使っていくうちに髪の手触りが良くなっていくのは嬉しい。
ただ、がっつり白髪染めしたい人には向かないでしょうね。
乾いた髪に塗って1時間…その間にドライヤーで温めたりと色々やりましたが生え際の白髪は染まりませんでした。
色々調べたところ、どうやらシリコンやヘアケア剤がついてると染まりにくいらしいことが分かり、もう一度チャレンジしました。
まずは前日に固形石鹸で髪を洗い、翌日生え際の白髪に塗って、ドライヤーで温めて、シャワーキャップかぶり1時間放置。
すると7割がた色が入っていました。
翌日もう一度同じことを繰り返したところ、ほぼ満足できるくらい染まりました。
髪の手触りもとても良く、気に入っています。
LPLPを使い終わったので、こちらのダークブラウンを使ってみました。
これは濯ぐ時から手触りが良いですね。
LPLPに慣れていると香りがないのが少し寂しく感じますが、翌日は美容院でヘアマニキュアをした後のような艶感がありました(^^)
色も結構入っています。
こめかみ部分は若干残っていますが、許容範囲です。
1回目からしっかり染まりました!
ダークブラウンを使いましたが、元々の髪まで染まっちゃって色がトーンダウンしたのはちょっと残念。。
でも根元の方もしっかり染まったし、2週間くらいは色保ちもしたので満足しています。
髪もサラサラしっとりで使用感も気に入っています。

【利尻ヘアカラートリートメントの評価まとめ】


アットコスメでの口コミ評価は、かなり辛口の★2.9。

実際に口コミを見てみると、カラートリートメントがどのようなものか、つまり一度でしっかり染まるものではない、という点を理解されている方からは評価が高く、そうでない方からは「染まらない」という厳しい評価が下されているように感じました。

もちろん、カラートリートメントの特性を知っていても尚効果が感じられなかったと低評価を付けている人もいらっしゃいます。

染まる染まらないというのは、その方の髪質や髪の状態なども少なからず関係してくるので、一概に口コミを見ただけで良悪を判断することはできませんが、実際に染まりの良さを感じている方がいるのも紛れもない事実◎

アットコスメ以外にも楽天レビューやAmazonレビューで評判をチェックすることができますので、気になる方はそちらも併せてご覧になってみてはいかがでしょうか。

失敗しないために!利尻カラートリートメントのデメリットとは?

利尻ヘアカラートリートメントのメリットは大きく分けて2つ。

まず一つ目は、『自宅で簡単に白髪ケアが出来ること』

そしてもう一つは『髪や頭皮にやさしいこと』です。

「定期的に美容院に行くのが面倒」
「美容院で染めたりセルフカラーをすると頭皮がピリピリしたり痒みが出たりする…」

このような方には特に向いているでしょう◎

ヘアダメージの“原因”とは?知っておきたい3つのポイント

ただしそんな利尻ヘアカラートリートメントも、どのようなものかを十分に理解しないで使うと「こんなはずじゃなかった」とガッカリすることになってしまいますので、デメリットやリスクについても書いていきたいと思います。

まず一つ目は『白髪染めのように一発でしっかり染まるものではない』というポイント。

利尻ヘアカラートリートメントは、カラーリング剤ではなく、ヘアマニキュアなので、白髪染めのように一度で白髪をなくすことはできません。

またシャンプーをするたびに少しずつ色落ちしていくため、1週間~10日に一度程度使用していく必要があります。
*色落ちの程度には個人差があります。

シャンプーでヘアカラーが色落ちする原因は?〇〇成分がおすすめ

そしてもう一つはリスクについてです。

こちらのヘアカラートリートメントは、髪や頭皮の健康を考え、ジアミンやタール系色素、パラベン、酸化剤、シリコン、香料、鉱物油は使用されていません。

しかしながら、だからと言ってアレルギーの危険がゼロかというと、そうとは言い切れないのが実情です。

実際に「湿疹が出た」「痒みが出た」とアレルギー反応が出てしまった方もいますので、副作用の危険性を回避するためにもパッチテストをしてから使用するようにしましょう。

利尻ヘアカラートリートメントは、天然利尻昆布をはじめ、たくさんの美髪成分が配合されています。

多くの敏感肌さんから支持される一品ではありますが、100%アレルギーの危険性がないわけではないので、安全のためにパッチテストは欠かさず行うようにしてくださいね(^_-)-☆

…と、このようにデメリットやリスクもありますが、手軽に白髪をケアしたい方にとって頼りになる一品であることは間違いありません◎

カラートリートメントに興味をお持ちの方は、この機会にシェア率NO.1の利尻ヘアカラートリートメントをお試ししてみてはいかがでしょうか♪

やっぱり無関係じゃない!ストレスで白髪が生える理由とは?


皆さんは白髪の原因というとどのようなものを思い浮かべますか?
やはり「ストレス」と答える方が一番多いでしょうか。

確かにストレスも白髪の原因のひとつです。

そもそも白髪は、メラノサイトという細胞で作られる『メラニン色素』が十分に働かないことで発生します。

私たちの毛髪は出来たその瞬間は色が付いておらず、このメラニン色素が混ざり合うことで黒や茶といった髪色になっていくのです。

しかし『ストレス』は髪に色を付けるために不可欠なメラノサイトの働きを弱めてしまうことが分かっています。

そう、実はこの細胞は、神経細胞と似た性質をもっているためストレスに弱く、ストレスがかかっていると正常な働きができなくなってしまうのです。

さらに、ストレスがかかると自律神経のバランスも乱れがちになるため、血行が悪くなって頭皮から髪の毛へ充分に栄養が送られなくなる…といったこともストレスが白髪の原因とされる理由のひとつです。

また、生活習慣の乱れ栄養不足も白髪の原因になります。

白髪とストレスに大きな関わりがあることは事実ですが、食事や睡眠など生活習慣が原因で白髪になることもあり得ますので、健康な髪作りに役立つ、ミネラルやアミノ酸、ビタミンなどをしっかり摂り、良質な睡眠をとるよう心がけましょう◎

【必読】カラートリートメントとパーマ・カラーは併用してOK?

利尻ヘアカラートリートメントを使っている時にパーマをかけたり他のカラー剤を使っても良いのか?!

これは利尻ヘアカラートリートメントを使う上で知っておくべきポイントですね◎

さて結論から言ってしまうと…、『絶対にNG』というワケではありません。

ただしパーマや他のカラー剤と併せて使うと思い通りの髪色に仕上がらなかったり、変色してしまう場合があり、稀に苦情につながってしまうケースもあるようです。

他のカラートリートメント製品などでも

『パーマやカラーリングを受ける際は、施術前後1週間程度は使用しないようにしましょう』

とされているものが多いので、これらの施術を受けるときは間隔をあけてあげた方が無難かもしれません。

こちらの認識不足のせいで美容師さんに苦情を言うようなことになったら申し訳ないですからね(´∀`;)

というか…苦情を言うのも嫌だけど、髪の状態が悪くなるのはもっと耐えられない!!

しかし、それでも「白髪が目立っちゃうのが嫌!」という方は、美容院やサスティ(利尻ヘアカラートリートメントのメーカー)に電話で問い合わせてみるのも◎

施術内容によっては問題なく使える場合もあるようなので、心配な方は直接問い合わせてみると良いかもしれませんね(^_-)-☆