適当洗顔でニキビができる原因は?知っておきたい4つの事!

ニキビを予防するためには、お肌を乾燥させないことが大切です。

特に大人ニキビは、お肌が乾燥することによって毛穴周辺の角質が硬くなり、それによって塞がれた毛穴の中でニキビの元となるアクネ菌の繁殖が進行してしまうことが多いため、乾燥させないことが非常に重要!

そのためにできることは、「正しい洗顔」と「保湿」です。

ここでは洗顔をする際に注意したいポイントをいくつかまとめていきましょう♪

①水温は33℃~36℃が適温!
洗顔をするときに気をつけたいのがお湯の温度です。
暑すぎたり冷たすぎてしまうと、皮脂などの汚れ落ちが悪くなったり、お肌に負担がかかったり、洗顔後の過乾燥に繋がってしまうため、洗顔時は33℃~36℃の“ぬるま湯”で行うようにしましょう。

②素洗いは丁寧に。
洗顔料をお肌につける前の素洗いは面倒だからしていない、なんていう方も少なくないのでは?
実はこの素洗いでもホコリや汗はある程度取り除くことができるのです。
また、きちんと素洗いを行うことでお肌に直接洗顔料が触れて刺激になるのを防ぐこともできるので、必ずぬるま湯で素洗いをするようにしましょう。
 
③泡をしっかり作る。
洗顔の命は「泡」です。
これは毛穴の奥の汚れをきちんとかき出すためでもあり、お肌を傷つけないためでもあります◎
もし毎回泡を作るのが面倒というのであれば、泡で出てくるタイプの洗顔料を使うのも良いでしょう。

④すすぎ残しがニキビのもとに?!
いくら綺麗に洗っても、洗顔剤がお肌に残ってしまえば元も子もありません。
すすぎは最低20回。
見落としがちなフェイスラインやこめかみ、髪の生え際のすすぎ残しに注意してしっかりと落としてあげましょう。

顔の洗いすぎがニキビを作るってホント?!

「ニキビができちゃったから洗顔を徹底しないと!」

確かにニキビができると「皮脂が多いから」と思ってしまいがちですよね(*^_^*)

でもそれは大間違い!
洗顔は一歩間違えると、ニキビを悪化させてしまうデリケートなものなのです!

一見しっかり洗顔をして、皮脂をばっちり落とすことがニキビ予防に効果的であるように思えますが…実はこの“皮脂のとりすぎ”こそがニキビを作る(悪化させる)原因のひとつ。

「皮脂」というと“テカリ”や“脂浮き”など、何となくネガティブなイメージを持ってしまいますが、皮脂というものは本来、私たちのお肌を守るために必要なものなのです。

必要な皮脂まで洗い流してしまうと、お肌のバリア機能が低下してし、乾燥を招き、その結果、毛穴周りの角質が硬くなってニキビが発生したり悪化してしまいます。

もちろん洗顔は必要ですが、必要以上に皮脂を取ってしまうのは逆効果!
1日の中で何度も洗顔するなんていう行為は言語道断です。

洗顔をする際は、とにかくお肌とニキビを傷つけないよう十分に泡を立て、指や手で洗うのではなく「泡で洗う」よう心がけましょう。

また洗顔の頻度は1日2回までに抑え、ニキビの原因である“乾燥”を招かないよう注意しましょう(^_-)-☆

大人ニキビの原因を知って美肌を取り戻せ! 

■ 生理前になるとニキビができる。
■ ニキビ自体がカサついて乾燥している。
■ 口周りやあごのあたりにニキビができる。
■ 小さくポツポツしたニキビが繰り返しできる。

これらはすべて“大人ニキビ”の症状です。

本当は大人ニキビなのに、普通のニキビだと勘違いしてケアをしてしまっては治るどころか悪化してしまう可能性も!

ここでは治りにくく繰り返しやすい厄介な“大人ニキビ”の原因をまとめていきたいと思います◎

【大人ニキビと普通のニキビの違い】
思春期の頃や脂性肌さんにできるニキビは、皮脂が過剰に分泌され、それによって毛穴がつまることが原因で起こります。

その一方で大人ニキビは、古い角質の蓄積と肌の乾燥が原因で起こると言われており、このタイプは徹底した保湿とターンオーバーの促進が急務になります。

分かりやすく大人ニキビのメカニズムを説明すると…↓↓

肌の代謝の悪化→ターンオーバーが遅れる→毛穴を古い角質が塞ぐ。

さらには、ターンオーバーの乱れによって乾燥したお肌は毛穴を塞いでいる角質を分厚く、より強固なものにしてしまい、塞がった毛穴の中でアクネ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうのです。

脂っぽいニキビであれば、保湿力(油分)の高い基礎化粧品を控えたり、きちんと洗顔をすることがニキビの改善に役立ちますが、大人ニキビの場合はうるおいをたっぷり与えてあげなければなりません。

ここを間違えてしまえば治るものも治らないのがニキビの難しいところ。

大人ニキビにお悩みの方は保湿に加え、ビタミンやミネラルといったニキビを予防する栄養素を意識的に摂り、お肌の状態を大きく左右する“ストレス”を溜め込まないよう日常的に意識するようにしましょう◎

お湯洗顔って本当にお肌に良いの?

「乾燥肌の人は、洗顔料を使わずにお湯で軽く流す程度にしましょう。」とよく言われていますが、メイクをキレイに仕上げるためには乾燥肌の人でも洗顔料を使用することをオススメします◎

というのも、お湯洗顔だけでは寝ている間に酸化した皮脂を取りきることができない場合があるのです。

酸化した皮脂が残っていると、お肌に悪いだけでなく化粧崩れの原因となってしまいます。

おでこや小鼻周りなど皮脂分泌の多いパーツを主にやさしく洗顔してあげれば、お肌への負担は最小限に抑えられますよね♪

もちろん時間をかけずパパッと済ませたり、乾燥を助長する熱めの水温設定を避けることも大切です◎

また乾燥肌さんは、コットンを使って化粧水をさせると、コットンの毛羽立ちで皮膚を傷つけてしまう可能性があるため、手のひらでじっくりと浸透させることをオススメします。

もちろんペチペチ叩き込むのは御法度!
スキンケアはとにかくやさしくが基本です。

特に洗顔後のお肌はバリア機能が弱くなっている状態にあるので、できるだけソフトにケアをするようにしましょう◎

そして洗顔したあとの保湿はスピード勝負です。
みるみるうちに乾燥が進行してしまうので、洗顔後はすぐに保湿をしてお肌を守ってあげてくださいね(^_-)-☆

色白だとシミができやすいワケとは?

「紫外線を浴びても赤くなるだけで黒くはならない」
そんな方も少なくないのではないでしょうか?

私は日に焼けると黒くなるタイプなので、「赤くなるだけ」という友人を見ているとついつい羨ましく思ってしまいます。

ちなみにこの“日焼けをする人”と“しない人”の差は、体内のメラニンの量が多いか少ないかにあるようです。

色白でメラニン量が少ない人は、黒くならず一時的に赤くなるだけという一方で、日焼けをして黒くなる私のようなタイプは、メラニン色素が多く作られているんだそう。

これだけ聞くと、日焼けをするタイプのほうが圧倒的にシミができやすそうに思えますが、これがそんなに単純な話ではないのです。

メラニン色素というものは、皮膚の深部に侵入してくる紫外線を防ぐ役割があり、むしろ赤くなるだけの色白さんのほうが、ガードが弱いためシミが出来やすくなってしまうんだそう。

紫外線を防ぐために生成されたメラニン色素はターンオーバーによって排出されて、皮膚はちゃんと元の色に戻ってくれるので、意外と日焼けをしやすい肌の方がシミができにくいのです。

ですが私のようなタイプでも、ターンオーバーがきちんと行われていなかったり、慢性的に紫外線を浴び続けているとシミとしてお肌に残ってしまうので、保湿や角質ケア、UVケアなどはしっかり行っていきたいですね♪

ストレスと敏感肌の関係とは?

「これまでは問題なく使えていたのに急に刺激を感じるようになった。」
「赤くなったと思ったら落ち着いたりと肌トラブルが繰り返される。」

このような状態にお悩みの方は、敏感肌になっている可能性があります。

生まれつき敏感肌だという人も中にはいますが、最近特に多い敏感肌の原因と言われているのが「ストレス」です。

気温の変化や紫外線、1年中稼動している空調などの“外的ストレス”に加えて、栄養バランスの悪い食事や睡眠不足、不安や悩みといった“内的ストレス”は、免疫力を下げたり、冷え体質を作ってしまったりと敏感肌につながる要素を多く抱えています。

私たちはストレスを感じると、自律神経が乱れてしまい、交感神経が優位になります。

副交感神経がリラックスした休息モードのときに優位になる神経である一方で、交感神経は興奮をもたらすもの。

この交感神経が優位になると免疫力が低下し、さらにストレスホルモンが分泌されることで免疫機能が抑え込まれてしまうのです。

この状態では、外部刺激からお肌を守ることができなくなり、これによって痒みや肌荒れが起こってしまう、というワケなんですね。

ですが、勘違いしてはいけないのは交感神経が優位であることは悪いことではない、ということです。

大事なのは、交感神経が働くべき時にきちんと働き、副交感神経が働くべき時にはきちんとスイッチを切り替えられる体を維持することです。

ストレスを強く感じた時などはこのスイッチがうまく切り替わらなくなってしまうので、そうならないよう、ストレスの解消方法を身につけたり、夜はゆっくり湯船に浸かる時間を設けてリラックスできる時間を作る、といった工夫をすることが大切です。