洗顔後は何もつけない?話題の“肌断食”で健康素肌へ!

「肌断食」という言葉をご存知でしょうか?

肌断食とは、その名の通り一定期間すべてのスキンケアを断つことを言います。

一見無謀とも思えるこの行為。
肌断食とは一体どのようなものなのでしょうか…?

【化粧品は“異物”】
ファンデーションやアイシャドウなどが“化粧品がお肌に負担をかけるものである”という認識は、少なからず皆さんお持ちのことだと思います。

でもこれは化粧品に限らず、化粧水や乳液といった基礎化粧品においても同じこと。

中にはお肌に負担となる成分が一切含まれていない製品もありますが、大半の基礎化粧品には防腐剤や香料などの添加物が含まれており、これらの成分は私たちのお肌にとって「異物」以外の何者でもありません。

特に敏感肌の人は、添加物の入っているコスメを使い続けることでアレルギーをや肌トラブルを引き起こしやすくなってしまうため、使用する化粧品の成分には注意が必要です。

【スキンケアは本来不要なもの?!】
洗顔後に化粧水や保湿クリームなどでケアをするのはもはや当然のことですよね(*^_^*)

ですが、本来であれば保湿というものは過剰に行う必要はないのです。

保湿が必要になるのは、過剰なクレンジングや洗顔によってお肌が乾燥してしまうからにほかなりません。

乾燥しないお肌を作るためには、クレンジング剤を使わないと落とせないような“しっかりメイク”を避けることです◎

美しく見せようとメイクをする、でもそのメイクのおかげでクレンジングが手放せなくなり素肌は乾燥していく…。

この負のスパイラルを抜け出すためにも、メイク法を見直して行くことが大切であると言えるでしょう。

【肌断食の必要性】
クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→クリームといったスキンケアの流れが習慣化している方も多いかと思いますが、上述しているように基礎化粧品は必ずしも必要であるとは限りません。

むしろ基礎化粧品を使うことでお肌が悲鳴をあげている可能性もあるのです。

肌断食は、そんな自分のお肌の状態を知るいいきっかけになります。

洗顔後は何もつけないでお肌を観察してみましょう。
洗顔後のツッパリ感があっても、何もつけないでおくと自然としっとりしてくることがあります。

この場合は「自分自身が持っている保湿能力が機能している」ということです。

実際に肌断食を行ったことで、乾燥が和らいだり、吹き出物が改善されたという例も少なくありません。

自分の肌状態を見直すために、週末などを利用して何もつけない断食期間を設けてみることをオススメします。