食生活がカギ?脂性肌さんが注意したい”2つ”のポイント!

脂性肌は、その人の体質や間違ったスキンケア、ストレスといった様々な原因が考えられますが、それ以外にも「食生活」が大きく影響しているケースがあります。

大きく分けて脂性肌さんが注意したいポイントはこの2つ。

①皮脂の過剰分泌を誘発する食べ物を摂りすぎている。
②過剰な皮脂分泌を制御し、皮脂量をコントロールする栄養素が不足している。

まず①について解説していきましょう。

そもそも皮脂は中性脂肪を主成分として構成されており、中性脂肪になりやすい食べ物を多く摂取すると、皮脂分泌が増加すると言われています。

そのため脂性肌にお悩みの方は、このような食べ物を食べ過ぎないよう注意が必要です。

★バター/生クリーム/チーズ/卵/脂身の多い肉類といった動物性脂肪の多い食品。
★砂糖や果糖が多く含まれる食品。
★アルコール

続いて②です。
皮脂の分泌をコントロールする栄養素は以下のものが挙げられます。

★ビタミンB2
★ビタミンB6
★ビタミンC

もちろん足りない栄養素をサプリメントで補うのも効果的ですが、“手の加えられていない”栄養素に勝るものはありません。

サプリの利用も決して無駄ではありませんが、きちんと毎日の食事から摂ることを意識するようにしましょう(*^_^*)

スキンケアにも要注意!脂性肌の改善方法とは?

脂性肌の場合、どのようなことに気をつけてスキンケアを行えば良いのでしょうか。

たっぷり保湿するとギトギトになっちゃいそうだから、保湿は軽めが正解?
ベタつきをそのままにしておくと、ニキビができちゃうから洗顔はしっかりするのが良い?

実はこれ、どちらもNGなのです。
そもそも脂性肌でも乾燥肌でも、ケアの仕方は基本的に変わりません。

どちらの肌タイプにも共通して重要なのは『皮脂をとりすぎない』、『優しく洗顔する』、『保湿はしっかり』、この3点です。

乾燥肌と違う点を挙げるとすれば、脂性肌の方は油分の少ないアイテムを選ぶのがベターというポイントです◎

ニキビの元となるアクネ菌は油分をエサにして繁殖してしまうので、ニキビトラブルを避けるためにも油分が控えめになっているスキンケアアイテムを選ぶことをオススメします。

また、アルコールの使用されているものは、水分が失われてしまうため避けたほうが無難でしょう。

脂性肌の人は、保湿を控えめに済ませる方が多く見られます。
ですが、乾燥肌と同じく脂性肌を改善するためにも適切な保湿は必要不可欠です。

洗顔をするときも皮脂を落としすぎないようやさしく洗い上げ、洗顔後はしっかりとしっかりと保湿をする。

まずはこういった根本的なスキンケアから見直してみてくださいね(*^_^*)