「何もしないスキンケア」にはどんな効果が?肌断食の注意点

最近流行っている『肌断食』という美容法。

肌断食とは、

MEMO
一定期間スキンケアやメイクを一切しない、または極力控える美容法

のことを言います。

これまでスキンケアやメイクをバッチリしてきた人にとっては、目からウロコの肌断食。

今回はそんな“何もしない美容法”について詳しくまとめていきましょう。

~何もしない美容法~ 肌断食ってどんなもの?


まずは肌断食がどのようなものかという点について書いていきたいと思います◎

冒頭でも書いているように、肌断食とはその名の通り化粧水や乳液、クリームなどのスキンケアを一切やめる美容法のことを言います。

朝の洗顔は水やぬるま湯だけで行い、保湿は何もしない。
そして夜の洗顔も基本的には水やぬるま湯だけで済ませ、メイクをしたときは純石けんのみで洗顔する。
そして朝と同じようにその後のケアは何もしない。
あまりにも乾燥する場合はワセリンを塗ってもOKですが、そうでない場合は一切の保湿を断つ。

これが肌断食です。
*土日など休日を利用して実践する

とは言え、断食(食べる方の)にプチ断食があるように、肌断食にも化粧水だけはOKなど、やや条件が緩いものもあります。

が、基本的に肌断食というと、上記に書いた洗顔後全く何もしない方法が主流。

でも「これが本当に肌に良いの?」と思ってしまいますよね(^^;
入念にスキンケアをしてきた人は特に疑問に思うことでしょう。

こんな方は試してみる価値あり

ですが私たちが毎日使っている化粧品には、お肌に良い成分ばかりではなく、肌に負担となる成分もたくさん配合されています。

メイクも基礎化粧品も肌にとっては異物。

その異物を断つことで美肌効果が得られるというのも、あながち間違いではないと言えるのではないでしょうか。

確かにスキンケアをすることで、乾燥が緩和されたり、ハリが出るなど嬉しい効果があるのも事実。

しかしその一方でコスメの成分がアレルギーや肌荒れを引き起こし、逆効果になるケースがあるのも事実です。

「しっかりスキンケアをしているのに、なかなかお肌の調子が上向かない…」
そんな方は肌断食にトライするのも一つの手段かもしれません。

実践する前に知っておくべき“肌断食の注意点”とは?


肌断食をすると、人によって一時的にニキビや肌荒れ、角栓などが現れることがあるようです。

ですが、ニキビ等の症状はあくまでも一時的なもので“肌が生まれ変わろうとする過程で現れるもの”なのだそう。

確かにそれまでと違って何もしないわけですから、お肌の調子が不安定になるのも当然と言えば当然かもしれません。

ただし万が一痛みなどが出はじめた場合は、皮膚科を受診するのが◎です。

肌が弱い人は要注意

また、アトピー性皮膚炎や敏感肌など肌が元々弱い人は、始める前にかかりつけの医師に相談されることをオススメします。

何もしないことで乾燥やニキビが改善されるケースも少なくないようですが、中には肌断食を実践したことでお肌の状態が悪化した人もいるようなので、敏感肌ではない人も、こまめに肌の様子をチェックするようにしましょう。

部分保湿もアリ

最後にもうひとつ注意点。

前回乾燥を感じた場合はワセリンを塗ってもOKと書きましたが、乾燥しているにも関わらず、ワセリンを塗らずに我慢しすぎるのはご法度です。

ただしこの時に顔全体に塗るのではなく、乾燥が気になる部分にだけ塗るようにしてください。

顔全体に塗ってしまっては何もしないで頑張っている意味がなくなってしまうので、部分的に保湿するようご注意くださいね(*´∀`*)b

[kanrenc id=”453″]

“保湿が必須”は思い込みかも?

肌断食を始める時は“思い込みを捨てること”も大切です。

「保湿をしないと乾燥するハズ」
「何もしないなんて肌に良いワケない」

これは長年しっかりとスキンケアを続けてきたことによる“思い込み”である可能性もあります。

そもそも肌には『自ら潤う力』が備わっています。
スキンケアの役割はあくまでもその力が足りない場合のサポート役。

スキンケアありきで考えてしまっては、肌本来の力を弱めることになりかねません。

ですので「何もしないと乾燥するハズ…」といった思い込みを持たずに、まっさらな状態で肌断食を始めることをオススメします。

洗顔した直後につっぱり感があっても、何もしないでしばらくしたら自然と肌がしっとりしてきた!

そんな人は、肌そのものが持つ保湿能力があるということです。

初めて肌断食をする前は何かと不安もあるかと思いますが、「こうあるべき!」という固定観念は捨てて、出来るだけ気楽に始めるようにしてくださいね(^_-)-☆

やり過ぎケアを見直すだけでも美肌効果が期待できる!

ここまで肌断食について見てきて「私にはちょっとハードルが高い…」と思った人も少なくないハズ。

そんな方は肌断食ではなく、やりすぎケアを見直してみてはいかがでしょうか。

何度も言っているように、化粧品やスキンケア製品に含まれている成分には、お肌に負担をかけるものも少なくありません。

ファンデーションで肌を覆い、目元や口元も化粧品をがっちり装備。
メイクを落とす時はクレンジングと洗顔料で肌に負担をかけ、そのあとのスキンケアでさらに摩擦や成分によるダメージが加わる。

これではお肌に大きなダメージが与えられるのも無理のないことです。

メイク用品選びやナチュラルメイクも大切

何もしないとまでは言わなくとも、洗顔料で落とせるメイク用品を選ぶことでクレンジングを省けますし、クレンジングをしないことで肌本来の潤い力がUPする可能性があります。

アイライナーやマスカラもお湯でオフできるぬるま湯タイプのものに切り替え、アイシャドウは無添加のものなど肌にかかる負担が少ないものを選ぶ◎

肌断食に不安がある方でも、使用するメイク用品を変えたり、ナチュラルメイクを心掛けるくらいなら気楽にトライできるのではないでしょうか。

メイクのやりすぎはスキンケアのやりすぎを招き、これらの習慣は一度身につく付くとなかなか変えられなくなってしまいます。

肌断食に興味を持ったアナタは今が変われるチャンスかも?

最近ではクレンジング不要のファンデーションも増えてきているので、時間がある時に見に行ってみてはいかがでしょうか♪

肌断食を始める前に…


肌断食は美容家や専門家の間でも賛否が分かれる美容法です。

人によって合う化粧品と合わない化粧品があるように、肌断食の恩恵が受けられる人とそうでない人がいますので、初めに肌断食をするときはこまめにお肌の様子を観察していくようにしましょう。