SPFとPAの違いは?意味を知って日焼け止めを選ぼう!

日焼け止めの効果を表す「SPF」。
このSPFが何を意味するのかをご存知でしょうか?

今回は日焼け止めの決め手となる「SPF」について分かりやすく説明していきたいと思います♪

まず説明しなければならないのは、紫外線には「紫外線A波(UVA)」と呼ばれるものと「紫外線B波(UVB)と呼ばれるものがあるというポイントです◎

それぞれの特徴がコチラ↓↓
*エネルギーは比較的弱いが、地表に届く紫外線の約95%を占める。
*浸透力が高く雲やガラス、衣服を通り抜け真皮にダメージを与える。
*シワやたるみを引き起こす。
*強力なエネルギーを持ち、肌表面にダメージを与える。
*炎症を引き起こし、日焼けの原因となる。
*シミやそばかすの原因となる。

さてここでSPFのお話に戻りましょう。

SPFは「サンプロテクションファクター」の略で、この2種類の紫外線のうちの「UVB」を防ぐ指標として使用されています。

私たちのお肌はUVBを浴びてから平均して20分ほどで影響を受け始めると考えられており、SPFの後にくる数字は、その時間をどれだけ伸ばせるかを示した数値となります。

FPF30であれば20分×30=600分、SPF50であれば20分×50で1000分ということになりますね。

つまり…SPF50の日焼け止めには実に16時間40分も日焼けと食い止める力がある、というワケなのです。

とは言えこの数値も、塗り方や使用量によって効果が得られない場合があり、さらに「数値が高い=良い」という単純なものではありません。

SPFの値が高いものは、お肌への負担も大きくなり特にお肌が弱い人にとってはダメージとなってしまう可能性があるのです。

海や山のレジャーに行く際は、SPF30~SPF50のものがオススメですが日常使いにはSPF15~SPF30で問題ありません。

日焼け止めは毎日使うものです。
だからこそお肌への負担が少ない製品を使うようにしましょう(^_-)-☆

PAって何?

日焼け止めのパッケージに記載されている「PA」は、その日焼け止めの紫外線A波(UVA)の防止効果を表す目安の数値として表示されるものです。

日本ではPA++++が解禁される2013年まではPA+++が最高値とされていましたが、肌の深部にまで入り込むUVAの影響が予想以上に大きいことがわかったことから、より高い防止効果が期待できるPA++++が必要であると判断され、PA++++の日焼け止めが広く流通されるようになりました。

ちなみにUVAは肌が黒くなる直接的な原因ではないものの、浸透性が高い波長であるため、窓や衣類を通り抜け真皮にまで到達するという性質があります。

しかもその波長は真皮にまで届き、お肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンを作り出す線維芽細胞に直接ダメージを与えてしまう恐ろしいもの!

だからこそ日焼け止めでブロックすることが肌老化を食い止めるために必要不可欠なのです。

ですが、PAの数値が高ければ高いほど良いのかと言われると、実際はそういうものではありません。

SPF、PAのどちらにも言えることですが、数値が高いものは高いほどお肌への負担が増えてしまいます。

また日焼け防止効果の高いものに含まれている“紫外線吸収剤”は、旧表示成分に指定されている敏感肌さんには不向きの成分です。

必ずしも紫外線吸収剤が使用されている製品を使うことで肌荒れが起こるわけではありませんが、肌トラブルが起こりやすいのは紛れもない事実。

効果の高さだけを基準に選ぶのではなく、自分のお肌に合った製品を選ぶようにしましょう◎