【学生の方必見】正しい毛穴ケアのススメ!〇〇に要注意?

毛穴の開きが気になる、毛穴の黒ずみが気になる、テカリをどうにかしたい…。

このような悩みを抱えている学生さんも多いのではないでしょうか?

正しい毛穴ケアのススメ!洗いすぎに要注意?!

あらゆる肌悩みの中でも、毛穴トラブルは目立ちやすく、メイクで隠すのが難しい厄介なもの!

出来る事なら一刻も早く解消したいところですよね(ΦωΦ)

ということで、今回は学生さんが知っておくべき『正しい毛穴ケアのやり方』を分かりやす~くご紹介♪

今行っている毛穴ケアそのものがトラブルを引き起こしている可能性も多くありますので、ご自身のスキンケアと照らし合わせながらチェックしてみてくださいね(^_-)-☆

【何事もやり過ぎは禁物!】

「毛穴が黒ずんだりテカってしまうのは、しっかり洗えていないことが原因。」

このように解釈して頻繁に洗顔をしている人も少なくないかもしれません。

が、しかし、これは毛穴トラブルを加速させるNG行為であり、正しい毛穴ケアではありません。

そう、実は肌が乾燥すると、必要な皮脂を補おうと過剰に皮脂が分泌され、余計に黒ずんだり、テカリやすくなってしまうのです。

確かに学生のうちは皮脂の分泌量が多いため、出過ぎた皮脂を適度に取り除くことは大切ですが、これはあくまでも“適度”にほどほどにが◎。

1日3回以上洗顔をすると、皮脂不足になってしまう可能性大ですので、朝晩の2回にとどめておくようご注意くださいね☆

定番の毛穴ケアグッズがトラブル悪化の可能性に?!

毛穴ケアと一口に言ってもアプローチの仕方は様々。

毛穴ケアの定番といえば、毛穴パックやスクラブといったものが有名ですが、残念ながらこれらの毛穴ケアアイテムはオススメできません。

というのも、毛穴パックやスクラブは、お肌を傷つけるリスクが高く、逆に毛穴トラブルを悪化させてしまう可能性が高いのです。

また、角栓を押し出す器具(プッシャー)もオススメできないアイテムの一つ。

実際に私自身、学生の頃…今から10年以上前に角栓プッシャーを使用していたのですが、毛穴がより大きく広がってしまい、何年経っても元に戻らず大後悔しています。

今思えば、学生の頃は手っ取り早く効果を得るために、お肌に悪いことをたくさんしていたなぁ…と猛反省(x_x;)

「間違ったケアをすると、一生元に戻らなくなる可能性がある」ということをきちんと理解した上でケアするようにしましょう。

開いた毛穴を引き締めるためには、とにもかくにも保湿が第一◎

しっかり水分をキープできていればテカリも抑えられますので、無理やりなケアをするのではなく、基本に戻って“徹底保湿”を心がけてくださいね♪

※皮脂分泌が多い学生さんには、毛穴を引き締める効果がある「収れん化粧水」もオススメです。

【アナタは大丈夫?】知っておくべきスキンケアのNG行為とは?

毛穴トラブルを抱える学生さんに多いのが、肌に合わない基礎化粧品を使っているケース。

これは毛穴ケアに限ったことではありませんが、スキンケアは自分の肌質に合ったものを使ってこそ良い効果をもたらします。

逆に肌質に合わないアイテムを使ってしまえば、肌悩みが悪化してしまう可能性もあるという事。

ここで学生さんが注意しなければならないのが…、「デパコス」です。

というのも基本的にデパコスは、大人の女性が使用することを前提に作られているため、学生さんが使うと過保湿になる場合があります。

もちろん「すべての製品が合わない」ということではありませんが、特にエイジングケアラインのアイテムなどは過保湿になる可能性が高いので要注意。

皮脂分泌が多い場合は油分たっぷりのアイテムではなく、比較的さっぱりとしたアイテムをチョイスすると良いでしょう。

また、たとえ肌に合うアイテムを選べていたとしても、ケア方法が間違っていれば十分な効果は得られません。

正しいケア方法を身につけることは、肌に合う商品を選ぶことと同じくらい大切!

下記にお手入れの注意点をまとめておきますので、間違ったお手入れをしていないか確認してみてくださいね♪

【正しいケア方法まとめ】

<洗顔編>
★冷たい水や熱いお湯で洗うのはNG!
水では不要な皮脂が落ち切らず、熱いお湯だと必要なうるおいまで洗い流してしまいます。
顔を洗うときは、人肌より少し冷たい程度のぬるま湯を使いましょう。

★シャワーの直当ても避けるべし。
角質層は非常に薄く、デリケート。
シャワーを直にあてると角質が剥がれてしまう可能性があるため、一度手に受けてからすすぐようにしましょう。

★ゴシゴシ洗いは禁物。
シャワーの直当てと同じく、ゴシゴシ洗いも肌に大きな負担をかけてしまいます。
お風呂上がりや洗顔後にタオルでゴシゴシ拭く行為もダメージ要因になってしまうので、軽く顔をおさえる程度にとどめてあげてくださいね♪

<保湿編>
★洗顔後はスピード勝負!
洗顔後のお肌は急激に乾燥してしまうもの。
そのため、いかに時間を置かずに保湿を済ませるかが重要になってきます。
もちろん入浴後の保湿もスピーディーに◎
具体的な時間としては…、長くとも3分以内に保湿するよう心がけましょう。

★きちんと浸透させてから次に移るべし。
化粧水が浸透しきらないうちに乳液やクリームをつけてしまうと、せっかくの効果が半減してしまいます。
また、浸透してからでないとその後に使うアイテムの肌なじみが悪くなり、ベタつきを感じやすくなってしまうので、きちんと浸透させてから次のステップに進むようにしましょう。

そのほか、古い化粧品の使用も肌にダメージを与える要因の一つです。
特に油分が多く含まれている保湿クリームやリキッドファンデーション、日焼け止めは酸化しやすいので、使用期限や正しい保管状況を守って使用してくださいね☆