ケミカルvsノンケミカル!肌に優しい日焼け止めはどっち?

今や季節を問わずマストアイテムとなっている日焼け止め。

紫外線は、シミやシワを作り出す厄介なもの!
冬本番や曇りの日でも、しっかりと私たちのもとに降り注いでいるため、一年中使用しておきたいところです。

が、しかし、「日焼け止めを塗ると、決まって肌荒れを起こしてしまう…」という敏感な肌の持ち主も多いハズ。

ケミカルタイプとノンケミカルタイプの日焼け止めはどう違うの?

そこで今回は、敏感肌さんが知っておくべき、日焼け止めの種類『ケミカル』と『ノンケミカル』の特徴をまとめていきたいと思います◎

なかなか肌に合う日焼け止めに出会えない方は要チェック!
低刺激な日焼け止めをお探しの方も是非ご覧になってみてくださいね♪

【ケミカルとノンケミカルの違い】

ケミカルとノンケミカルの違いは、ズバリ紫外線を防ぐ成分として、「紫外線吸収剤」が使用されているか、それとも「紫外線散乱剤」が使用されているか、という点にあります。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、それを化学反応させることで肌内部に入り込むのを防ぐもので、紫外線散乱剤は、金属や粘度を粉状にした成分によって、お肌の上で紫外線を跳ね返し、侵入を防ぐもの。

そう、ケミカルとノンケミカルは、紫外線防ぐメカニズムそのものが全く異なっているのです。

では、肌トラブルが起こりにくいのは、ケミカルとノンケミカルのどちらなのか…?

次回はその点について詳しく解説していきましょう◎

【ケミカルvsノンケミカル】肌にやさしい日焼け止めはどっち?

肌に刺激を与えにくいのは、ケミカルか、ノンケミカルか。

答えは、『ノンケミカル』です。

前回もお伝えしているように、ケミカルタイプの日焼け止め、すなわち紫外線吸収剤がしようされているものは、一度紫外線のエネルギーを吸収することから、まれに刺激を感じる場合があります。

ケミカルタイプの日焼け止めにも、白浮きしにくいい、伸びがいい、汗で崩れにくいといったメリットがありますが、肌へのやさしさにこだわるなら、ノンケミカルの日焼け止めを選ぶのが◎。

ただし、日焼け止めのパッケージに「紫外線散乱剤使用」と書かれているものでも、紫外線吸収剤が混ざっているケースがあるため、成分表示をしっかりと確認するようにしましょう。

<紫外線吸収剤の主な成分>
パパラメトキシケイ皮酸2エチルヘキシル、サリチル酸2エチルヘキシル、オキシベンゾン、ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、4-tert-ブチル-4-メトキシ-ベンゾイルメタンなど

<紫外線散乱剤の主な成分>
酸化チタン、酸化亜鉛、マイカ、アルミニウムなど

ちなみに…紫外線吸収剤の一種である「オキシベンゾン-3」には、女性ホルモン作用があるため、2歳以下の乳幼児への使用は避けることをオススメします。

日焼け止めの正しい使い方・選び方をマスターしよう◎

ケミカルでもノンケミカルでも、正しい使い方をしなければ十分な効果は見込めないもの!

日焼け止めはただ塗るだけでは不十分。
紫外線ダメージを最小限に食い止めるために、正しい使い方を身につけましょう◎

【アナタは大丈夫?日焼け止めの正しい使い方】

①こまめな塗り直しが功を奏す。
「朝、日焼け止めを塗ったらそれっきり…」という人も少なくないハズ。
しかしこれでは十分な紫外線対策とは言えません。

たとえ、外出前に日焼け止めを塗ったとしても、摩擦で取れたり、汗で流れたりすると、紫外線をカットする効果も落ちてきてしまうのです。

常に紫外線から身を守るためには、2~3時間に1回程度塗り直すよう心がけ、特に紫外線の強い時間帯(10時~14時くらい)や、レジャーなど紫外線が強い環境では、定期的に塗り直すようにしましょう。

②海やプールではウォータープルーフタイプが◎。
最近では高い紫外線防止効果が備わっている日焼け止めも少なくありませんが、いくら紫外線をカットする力が強くても水に弱ければ十分な効果が得られません。

基本的に日焼け止めは水に弱く、汗でも簡単に流れ落ちてしまうもの。

海やプールなど、水のレジャーを楽しむ時は、耐水性に優れたウォータープルーフタイプの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

③シーンによって使い分けるべし。
日焼け止めは、少なからず肌に負担を与えるもの。
これはSPF・PA値が高くなるほど大きくなるため、その時その時に合わせて使い分けるのが賢明です。

日常生活を送る分には、SPF15/PA+程度で十分。
屋外で軽いスポーツを楽しむ場合でも、SPF15~30/PA++程度で問題ないと言われています。

ただし、塗布する量が少ないと効果が期待できなくなってしまうので、惜しまずたっぷりと使用するようにしましょう。

④古い日焼け止めは使わない。
これは日焼け止めに限ったことではありませんが…古い化粧品は肌に悪影響を及ぼす可能性があるため、使用を避けるのが無難です。

そもそも、日焼け止めはワンシーズンで使い切るのが良いとされており、開封してから1年以上経ったものの使用は基本的にご法度。

においや色に問題がない場合でも効果が弱まっている可能性は大いにありますので、なるべく早めに使い切り、時間が経過しているものは破棄することをオススメします。

⑤ノンケミカル=必ずしも肌にやさしいワケではない。
“敏感肌向け”と言われることが多いノンケミカルタイプの日焼け止め。
しかし、これは絶対ではありません。

特に注意すべきは、金属アレルギーの人。

そう、ノンケミカルタイプの日焼け止めには、金属アレルギーの人が反応を起こしやすい「酸化チタン」が使用されているため、このタイプの人は合わない可能性が高いのです。

「ノンケミカル=肌にやさしい」と言われているのは、あくまでも一般論の話。

体質によっては、ケミカルタイプの日焼け止めが肌に合う、という事もありますので、ご自身の肌質に合ったものを選ぶようご注意くださいね(^_-)-☆