【糖質制限の救世主】ローソンのブランパンが注目されるワケは?

コンビニ

糖質制限ダイエット中の人でも安心して食べられるのが、ローソンから発売されているブランパンです。

コンビニ

なんとこちらのブランパン。
コンビニ発の商品とは思えないほど成分スコアが優秀で、まさに糖質制限中にうってつけのものなんですよ~(^_-)-☆

ローソンのブランパンが注目されるワケは?

コンビニで売られている一般的な菓子パン、特にメロンパンやあんパンと言ったものは、たった1個で30g~さらに糖質が多いものだと60gオーバーのものまでありますが、ローソンのブランパンは、なんと1個あたりたったの糖質が2,2g!

ブランパンは2個入りなのですが、1袋食べても5g以下(ケチャップ大さじ1杯よりも少ない!)というのは「素晴らしい!」の一言です◎

ちなみに最近、ファミリーマートがRIZAPと共同で低糖質食品を発売し話題となっていますが、ローソンのブランシリーズと比べると低糖質感はイマイチ。

ファミマ×RIZAP商品の低糖質シリーズの中にもローソンと同じ”ブランロール”があるのですが、こちらは1個あたりの糖質量が14,2g(エリスリトールの糖質量を除くと11g)と、そこまで糖質が抑えられているとは思えないのが実際のトコロです。

ちなみにローソンのブランパンは、お世辞にも「美味しい!」とは言えないのですが、ブランシリーズの中にはチーズ蒸しケーキやパンケーキといった菓子パン系のものあるので「あまりストイックになりたくない・・・」という方にはこういった製品がオススメ◎

もはやコンビニスイーツがスイーツ店顔負けのクオリティーを発揮する時代。
スイーツのみならず、製パン業界もコンビニ業界に苦しめられることになりそうですね。

低糖質の食品は通販がオススメ?

糖質制限効果出ない

炭水化物好きな人にとって糖質制限は思っている以上に過酷なもの。

いくら健康、美容のためとは言え、大好きなものを控えなければならないというのはツラいものですよね(^_^;)

そんなときに頼りになるのが、通販で販売されている糖質制限食品です。

楽天等のネット通販サイトで「低糖質」と検索してみると・・・出るわ出るわたくさんの糖質制限向きの食品の数々!

低糖質パンはもちろん、低糖質カレーや低糖質麺、さらには低糖質チーズケーキなど、ネット通販サイトでは実に多くの低糖質食品が販売されています。

それだけ糖質制限をしている人が多いということですね(^_-)-☆

ちなみにお値段的なことですが、

思った以上にリーズナブルだというのが率直な感想です◎

小麦や砂糖を使わずに工夫を凝らした作り方なだけにもっと高いのかと思いきや、想像よりもお安く、これなら続けられそうといった感じ。

例えば・・・低糖質パンは10個で1,850円(送料無料)で販売されていますし、低糖質こんにゃく麺は30食で2,980円と1食分をわずか100円以下で購入することができます。

さらに砂糖・小麦不使用で100gあたりの糖質量が1,8gと低糖質なチーズケーキも18cmのホールサイズで3,200円(送料別)と、一般的なチーズケーキとあまり変わらない価格で販売されています◎

大量に買っておけば会社に持って行く・・・、なんていうこともできますしね(^_-)-☆

「糖質制限中でも炭水化物が食べたい!」
このようなお悩みをお持ちの方は、通販の低糖質食品を活用されてみてはいかがでしょうか♪

糖質制限中の誘惑?おせち料理にご注意を!

冬場は糖質制限ダイエットを実践する人の忍耐力が試される大切な時期!

特にお正月は、高糖質食満載のツラい時期ですよね(^_^;)

調理工程で砂糖がたっぷり使われるおせち料理にお餅を入れたお雑煮。
また、あんこたっぷりのおしるこも糖質制限中の人にとっては、できる限り避けておきたいメニューです。

そんなお正月メニューの中でも特に注意したいのが「栗きんとん」。

そもそも栗は、ただでさえ糖質が多い食材のひとつである上に、そんな栗をお砂糖でコトコト甘く煮つめた栗きんとんは、糖質制限中の人にとって絶対的に避けるべきものです。

またサイズ的に小さく、ポンポン食べられちゃうのも栗きんとんの厄介なところですね(^_^;)

逆におせち料理の中でも、割と低糖質なのが”かまぼこ”や”なます”です。

「八頭や里芋の煮物も低糖質なのでは?」と思ってしまいがちですが、残念ながら芋類には糖質が多く含まれているため、糖質制限を行なっている人は我慢したいところ。

最近ではお正月におせち料理を食べないという家庭が増えているようですが、糖質のことだけを考えるのであればこの変化も喜ばしいことと言えるのかもしれません。

クリスマスに忘年会、新年会などイベントが目白押しの年末年始は低糖質メニューにこだわっていられない状況が続く難しい時期。

低糖質を心がけている方は、お正月もいつも通りの食事をとることがダイエット成功への一番の近道になりそうですね♪

【超優秀!】低糖質麺を活用して低糖質生活を楽しもう♪

低糖質ブームをうけ、様々な低糖質食品が販売されるこのご時世。

コンビニやスーパーなどで低糖質食品を目にしたことがある、という方も少なくないのではないでしょうか?

糖質の少ない”ブランパン”や、低糖質麺の代表格である”こんにゃく麺”、さらには低糖質バンズを使用した”ハンバーガー”など、巷では数多くの低糖質食品が販売されています。

そんな低糖質食品の中でも特に注目したいのが低糖質麺です。

パスタやうどん、ラーメンは、麺類が大好きな日本人にとって欠かせないもの。
いくら糖質制限中といっても、無性に食べたくなってしまうときは少なからずあるものです。

そんなときに活用したいのが、糖質制限中の強~い味方”低糖質麺”です♪

低糖質麺と一口に言っても、糖質0のいわゆるこんにゃく麺と呼ばれるものから通常の麺に比べて糖質が少ない、いわゆる糖質カット麺までその種類は実に様々。

中には普通の麺と遜色なく頂けるものがあります◎

作り方もいたって簡単ですし、糖質50%オフのカップラーメンを活用すればお湯を注ぐだけでOK!

調理する際は、味付けに糖質の高い調味料を使わないようにするといった作り方の工夫をしていく必要がありますが、その点さえ気をつければ必要以上に麺を我慢する必要はありません。

もちろんこんにゃく麺を活用するのも◎。

鶏むね肉を茹でて裂いたものや、湯がいた豚肉、ゆで卵などを合わせて食べればタンパク質も一緒に摂取できますし、満腹感も得やすくなります。

糖質制限中は糖質を控える代わりに脂質を摂る必要がありますので、オリーブオイルやココナッツオイル等の良質な油で炒めて焼きそばのように調理するのも良いでしょう。

「麺はダメ!」と思ってしまいがちな糖質制限中の食事。
低糖質麺を取り入れたり、作り方にひと工夫して、ストレスフリーの低糖質ライフを送りましょう(^_-)-☆

【美味しいの?】ガストの糖質0麺を食べてみた!

ここ数年の日本は空前の低糖質ブーム!

糖質制限ダイエットに注目が集まって以来、コンビニ業界やファミレス業界でも低糖質メニューの開発が加速し、各社がこぞって低糖質メニューを打ち出していますよね♪

そんな低糖質メニューの中でも私が一番驚いたのが、ガストが提供している「糖質0麺」です。

糖質カットではなく、完全なる糖質0を謳うガストのメニュー。
一体糖質0麺とはどのようなものなのか・・・と思い、実際に食べてきました♪

まずガストで糖質0麺に変更できるメニューは、中華麺→糖質0麺にチェンジ可能な「1日分の野菜のベジ塩タンメン」と、うどん→糖質0麺に変えられる「特製本格辛口チゲ」、そしてこちらも中華麺→糖質0麺に変更できる「糖質控えめ・エビと野菜のさっぱりサラダ麺」の3種類です。

この3つのメニューの中で私がチョイスしたのは、ベジ塩タンメン。
温かくて野菜たっぷりのものが食べたかったので、こちらを注文してみました。

運ばれてきたベジ塩タンメンと対面すると・・・メニュー名の通り、どっさりたっぷりの
野菜の量にまずビックリ。

そして糖質0麺を食べてみてさらにビックリ!
これは・・・麺ではない(笑)

こんにゃく麺を食べたことがある方なら分かると思いますが、私はこの日が糖質0麺デビューだったので、中華麺と糖質0麺の食感の違いに驚いてしまいました(^_^;)

フレッシュネスバーガーで低糖質バンズを食べたときは、普通のバンズと変わらず頂けたのでそのテンションでいってしまったのですが、そもそもそれが間違いだったみたい。

でもスープも美味しかったし、お野菜もたくさん摂れたので、糖質0麺に慣れさえすれば非常に優秀な一品だと思います◎

「低糖質麺に興味あり!」という方は、是非一度お試しされてみてくださいね♪

最初は糖質0じゃなくて、あくまでも低糖質麺から入りたいというのであれば、楽天等で販売されている低糖質パスタや大豆麺(ソイドル)がオススメ。

特に低糖質パスタは「低糖質麺とは思えないおいしさ!」と絶賛されている商品ですので、入り口としては入りやすいと言えるでしょう◎

糖質制限中とは言え、食べたいものを我慢したくないという方は、これらの食品を活用して無理なく低糖質生活を続けてくださいね(^_-)-☆