肌の乾燥ケアにも?おすすめの紫外線対策アイテムはコレ!

入念な紫外線対策が叫ばれる今日この頃。

「そろそろUVケアを始めないと…」と悠長に構えている方も少なくないのではないでしょうか?

しかーし!
夏本番だけ紫外線対策をするば良いという認識は大間違い!!

もはやUVケアは年間を通して行うべき“デイリーケア”の一つなのです。

今回は紫外線の肌への影響や日焼け止めの必要性、日焼け止めの選び方など『紫外線』の基礎知識を分かりやすく解説◎

「UVケアの重要性がイマイチ分からない…」という方は是非こちらをご覧になってみてくださいね♪

【種類イロイロ】日焼け止めを選ぶ際のポイントとは?

日焼け止めは実に奥が深いもの。

最近では多種多様な日焼け止めが販売されており、物によって紫外線防止効果が異なるのはもちろん、水に強いものや肌にかかる負担が少ないもの、乾燥しにくいものなど様々な製品が販売されています。

そこで今回は日焼け止めを選ぶ際に注目したいポイントをいくつかまとめていきたいと思います◎

【紫外線防止効果】
日焼け止めのパッケージ等に記載されている『SPF〇〇・PA〇〇』という文字。

これは紫外線をブロックする効果の大小を示すものではなく、どのくらい紫外線を防止できるか、つまり紫外線防止効果がどれだけ持続するかを表しています。

現在日本ではSPF50+ PA++++が最高値とされていますが、この数値が大きければ大きいほど長時間紫外線をカットしてくれるというワケ◎

ただし紫外線防止効果が高ければ高いほど肌への負担も大きくなってしまうので、日常使いの場合はSPF15~30 PA++程度、スポーツ観戦やレジャーではSPF30~50 PA++++など、その日の予定に合わせて使い分ける事をオススメします。

【紫外線吸収剤と紫外線散乱剤】
紫外線をブロックするために使用される紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。

一般的に広く使用されているのは『紫外線吸収剤』で、このタイプの成分は紫外線を防ぐ力が強いというメリットがあります。

ですが防御力が高い分、肌への負担が大きいのも実際のところ。
紫外線吸収剤配合の日焼け止めを使うと百発百中肌が荒れる、という人も少なくありません。

「それなら紫外線散乱剤が使われている日焼け止めの方が良いじゃない!」
そう思ってしまいがちですが…これが一概にそうとも言えません。

もちろん製品にもよりますが、紫外線散乱剤が使用されているものは乾燥しやすい傾向にあり、さらに汗や水で簡単に落ちてしまう商品もあります。

いくら肌が荒れにくくても、落ちやすく紫外線をブロックする効果が得られなければ本末転倒ですので、このタイプの日焼け止めを購入する時は“乾燥しやすくないか”“水に弱くないか”という点に注目すると良いでしょう。

【保湿効果】
日焼け止めを塗ると突っ張ったり乾燥を感じちゃうから使いたくない。

このような方も少なくないかと思いますが、最近では保湿を重視した製品も数多く販売されています。

特にニベアサンのUVクリームは保湿力が非常に高く、乾燥肌さんの紫外線対策にピッタリ♪

時期によってはその保湿力が裏目に出ないか心配になるくらいしっかりと乾燥からお肌を守ってくれます◎

また、ニベアサンのUVクリームは日焼け止め特有のツッパリ感もほぼ感じない(私個人の感想ですが…)ので、膜が張ったような感覚が苦手な方にもオススメ。

最近の日焼け止めはニベアに限らずかなり使用感が良くなっているので、日焼け止めをお探しの方は是非一度店頭のテスターでお試ししてみてくださいね(^_-)-☆

【あぁ怖い…】今すぐ紫外線を始めるべき理由とは?

『紫外線はシワやたるみ、シミの原因になる』
これは良く見聞きする話ですよね。
すでに多くの方がご存知のことでしょう。

そう、紫外線はお肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンといったハリを支える“ハリ物質”を破壊する厄介なもの。

加齢によるコラーゲン生成量の低下やコラーゲンの質が落ちることも少なからずハリの低下に影響していますが、なんと肌老化の8割が光老化、すなわち紫外線ダメージによって引き起こされると言われているのです。

また紫外線は浴びた直後に影響が出る、というワケではないのがまた怖い。

受けた紫外線ダメージを蓄積し、長い年月を経てシワやシミという形であらわれるから厄介です。

UVケアは保湿ケアやニキビケアと違って効果が分かりにくいので、本当に必要なの?と思ってしまうのも無理のないコト。

ですが、肌に受けた紫外線ダメージは“確実”に積み重なっていき、ある日ジワジワとシミやシワとして顔を覗かせ始めるので、欠かさず紫外線対策を行うことをオススメします。

紫外線は夏だけでなく最も少ない12月でも5月の半分程度、2月では真夏の80%も降り注いでいます。

また、大雨の日でさえも30%の紫外線が届いているので、天気に関わらずケアするようにしましょう◎

室内だからと侮るなかれ!紫外線は家の中でも要注意◎

前回「紫外線対策は年間を通して天候を問わず行うべし!」とお書きしましたが、実は室内にいる時も紫外線からお肌を守るケアをする必要があるのです。

というのも、肌に悪影響を及ぼす紫外線にはUVAとUVBの2種類があり、前者のUVAは窓ガラスをも透過して侵入するため、室内にいるときも決して油断はできません。

特にUVAは朝から徐々に増え続け、正午前後でピークに達し、それ以降はあまり減少しないパワフルなもの。

たとえ1日中外出する予定がない時でもきちんとUVケアをしておくことが大切です◎

ちなみに…UVAはコラーゲンやエラスチンを破壊し、お肌のハリ低下や水分保持能の低下を引き起こす光、UVBはシミの原因になる光です。

いずれの紫外線も日焼け止めで防ぐことができますので、屋内や車内にいる時もしっかりとUVケアをするようにしましょう。

紫外線カット効果のあるコスメを使うのも一つの手◎

スキンケアやメイクの時間を短縮させたい場合はメイクアップ効果のある日焼け止めを選ぶのも一つの手段です。

というのも、今年はコントロールカラー×日焼け止め効果を兼ね備えたアイテムが各メーカーから続々と発売されており、どの製品も大人気!!

この手の製品の先駆けとなったスキンアクアのトーンアップUVエッセンスは、アットコスメの顔用日焼け止め部門第1位を獲得し、同じくボディ用ランキングでも堂々の第1位にランクインしています。

また、BBクリームやCCクリームといった紫外線カット効果のあるベースメイク製品を使用するのも◎

BBクリームやCCクリームはスキンケア成分が多く含まれているので乾燥対策にも一役買ってくれますし、何より化粧水で潤いを与えさえすればたった一品でベースメイクを完了させてくれます。
(製品によって使い方は若干異なりますが…)

…とこのように日焼け止めと一口に言っても様々な種類がありますので、ご自身の肌質やライフスタイルに合った製品を選び、紫外線対策に役立ててくださいね(^_-)-☆

保湿も立派な紫外線対策の一つ!

紫外線からお肌を守るためには『保湿』に力を入れることも大切!

紫外線対策と保湿はあまり関係がないようにも思えますが…お肌が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなってしまうのです。

というのも、お肌のバリア機能は肌内部の水分を留める役割を果たす一方で、紫外線など外的刺激からお肌を守る役割も担っており、このバリア機能は保湿が十分でないと(肌が乾燥していると)しっかり機能する事が出来ません。

バリア機能が低下し、紫外線が肌内部に侵入しやすくなれば…かゆみや肌荒れが起こりやすくなったり、シミ、シワが発生しやすくなるのも当然のこと。

かゆみ等のトラブルを回避するためにも、肌老化を防止するためにもしっかりと保湿するよう心がけましょう。

また日焼け止めだけでなく日傘や帽子を活用するのも◎。

日焼け止めだけでは十分な紫外線対策とは言えないので、特に夏場にお出かけをする際は日傘や防止をフル活用して紫外線からお肌を守ってあげてくださいね♪
*頭皮のかゆみや荒れも紫外線が原因で引き起こされる場合があります。
日傘や帽子は頭皮の紫外線対策にも有効ですので、こういったUV対策グッズを取り入れて上手に紫外線対策を行っていきましょう。

~日焼け止めの使用にあたって注意すべきポイント~

日焼け止めは1日中効果が持続するものではないため、2~3時間に1回は塗りなおすようにしましょう。

また開封して日が経った日焼け止めは効果が薄れていたり酸化している可能性があるので、長くとも半年以内に使い切り古いものは使用しないようご注意くださいね(*^_^*)