ビタミンCの“美容効果”は?【美肌を目指す女子必見!】

優れた美容効果を持つ『ビタミンC』

その美白作用や抗酸化作用に注目が集まり、様々な化粧品に用いられているこの成分ですが…実際にどのような効果が期待できるのかを、詳しく理解していない人も少なくないのではないでしょうか。

ということで今回は、今さら知らないなんて許されない!
ビタミンCの美容効果について詳しくまとめていきたいと思います(^_-)-☆

【だから優秀!】ビタミンCに期待できる美容効果とは?


ビタミンCが美容成分として重宝される理由。
それはビタミンCが、ありとあらゆる方面で活躍してくれるためです。

ビタミンCに期待できる美容効果はと言うと…

★活性酸素を抑える(抗酸化作用)
★できてしまったメラニン色素の還元
★新陳代謝を促進
★皮脂分泌をコントロール
★コラーゲンの生成を促進する

これだけの働きをビタミンCたった一つでこなしてくれる!
これは素晴らしいというほかありません?

メラニン色素を還元する作用によってシミやそばかす、ニキビ跡を薄くしたり、新陳代謝を促進することでシミやそかばすの定着を防ぐ。
さらにターンオーバーの乱れを防ぐ効果も期待できます◎

また皮脂の分泌量をコントロールすることでニキビ予防に役立ち、テカリ予防にも効果テキメン。

そしてコラーゲンの生成を促進することで、お肌のハリ・弾力UPにも効果を発揮する。

これこそが数多くの化粧品にビタミンCが活用されている理由です。

ちなみにビタミンCは、出来てしまったシミやそばかす、ニキビ跡を改善するだけでなく、これから出来るであろうシミ等を予防する効果も期待できます。

そう、ビタミンCにはメラニン色素の発生に深く関わる『チロシナーゼ』という酵素の働きを阻害する作用があり、この作用によってメラニン色素の発生そのものを抑え、シミやそばかすといった色素沈着を抑える効果が期待できるのです(´艸`*)

美白化粧品のみならず、ニキビケアに特化した化粧品やエイジングケア化粧品など様々なコスメに用いられているビタミンC。

ビタミンCに期待できる美容効果を知れば、これだけ人気があるのも納得と言えるのではないでしょうか♪

【知っておくべき!】ビタミンC誘導体には様々な種類がある◎


ビタミンCと一口に言っても全て同じものというワケではありません。

例えば、皆さんがよく見聞きするであろう『ビタミンC誘導体』。

この美容成分は、ビタミンCの酸化しやすい&肌に浸透しにくいという弱点を克服すべく人工的に改良されたもので、肌に浸透した後にビタミンCに変化するという性質を持っています。

また、ビタミンC誘導体の中でも様々な種類が◎

『リン酸アスコルビルMgマグネシウム』や『リン酸アスコルビン酸ナトリウム』は水溶性のビタミンC誘導体で、『テトラヘキシルデカン酸アスコルビル』は油溶性のビタミンC誘導体。

油溶性のビタミンC誘導体は、乳液やクリームなど油分が多く含まれる美容アイテムに用いられています。

そしてアプレシエ(APPS)と呼ばれる進化系ビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性両方の性質を持つ成分で、この成分には真皮にまで浸透しやすいという特長があります。

さらにAPPSはその浸透力も凄まじく、従来のビタミンC誘導体に比べて100倍もの浸透力を持つとも言われているんですよ~(ノ∀`)?

肌に浸透しやすいよう改良されたビタミンC誘導体を、さらに浸透しやすくすることで、100倍もの浸透力UPに成功!!

これがアプレシエの素晴らしいトコロです◎

最後にもうひとつ忘れてはならないのが、水溶性ビタミンC誘導体の『VCエチル(*)』という成分。
(*)3-O-エチルアスコルビン酸

VCエチルは、即効性×持続性×安定性を全て兼ね備えた進化型のビタミンC誘導体で、その美白効果は3倍濃度のアスコルビンリン酸マグネシウムを上回ると言われています。

…とこのように、ビタミンC誘導体と言っても様々な種類があり、刺激の強さや浸透力、即効性の有無や持続力はその成分によって異なります。

進化型と呼ばれるAPPSやVCエチル配合の化粧品は比較的お値段が高い傾向にありますが、高い美容効果を狙うならこれらの成分が入っているものをチョイスするのがオススメ◎

ただしAPPSは、安定性が低く酸化しやすいというデメリットがあるため、APPS配合の化粧品を使うときは保管方法に注意が必要だと言えそうです。

<関連記事>

ビタミンC誘導体の効果や特徴は!?※知っておきたい注意点

ビタミンCの摂取推奨量と効率的に摂取する方法まとめ◎

肌に塗った場合だけでなく、食べ物から摂取しても同様の効果が得られるビタミンC♪

ということでここでは、ビタミンCを効果的に摂取する方法について書いていきたいと思います◎

まず最初に1日の摂取量について。

ビタミンCの推奨摂取量は、男女ともに15歳以上で100mgとされています。
1日100mgと言われてもピンとこない方のために、ビタミンCの含有量をまとめてみると…

<各食品100gあたりのビタミンC含有量>
赤ピーマン →150mg
 ピーマン →75mg
  柿   →70mg
 キウイ  →69mg
モロヘイヤ →65mg
 イチゴ  →62mg

中ぐらいの柿一つで約150g前後ですから、柿を丸ごと食べれば1日の推奨摂取量がクリアできるということになりますね(^_-)-☆

もちろん他にも野菜を摂取されると思いますので、何となく気を付けていれば決して難しい数字ではありません。

ただし健康を維持するためには800mg以上、美容のためには1000mg(3000mg~5000mgという専門家も!)とされているので、より高い効果を狙うのであれば、もっとたくさんのビタミンCを補給するのが◎。

しかしビタミンCは一度に大量に摂っても体外に排出されてしまうので、こまめに摂取するようにしましょう。

またビタミンCは熱に弱く、水にさらすと溶けてしまうため、出来るだけ生のまま摂取し、水にさらす時間も短くすることが大切です。

空腹時より満腹時の方が吸収率が良くなる、アミノ酸の一種であるL-システインと一緒に摂ることで吸収率が高まる、といった特徴もありますので、ビタミンCの性質を生かした摂り方をして効果UPに繋げていきましょう(^_-)-☆

ビタミンCを過剰摂取するとどうなるの?


「ビタミンCの摂り過ぎで副作用は起こらないの?」

そんな疑問をお持ちの方も多いかと思いますが、基本的にビタミンCの摂取上限は定められておらず、過剰に摂取しても副作用は起こりにくいと言われています。

ただし、空腹時の大量摂取(2000mgほど)や、10000㎎の摂取で下痢や吐き気などの症状が起こるケースは稀にあるようなので、やはり飲み方には少し注意した方が良いかもしれません。

また、腎機能障害がある場合は、結石のリスクが高まるため注意が必要。
さらにサプリメントで摂った場合、お腹が緩くなる人もいるようなので、お腹が弱い人は注意した方が良いかもしれませんね(*^_^*)

ちなみに…私も美肌目的でビタミンCのサプリメントを飲んでいますが、私はビタミンCを飲んでお腹が緩くなったと感じたことはありません。

あくまでも個人差はあるかと思いますが、決して“よくあるケース”ではないので、その点はご安心くださいね♪

あともう一つ注意点。

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインにはビタミンCを破壊する作用があるため、飲みすぎには気を付けたいところです。

いくら美肌のためにサプリメントで補ってもカフェインで帳消しになってしまっては本末転倒ですので、ノンカフェインのものを選ぶなど工夫されることをオススメします◎

最後に…前回も書いている通り、ビタミンCは1度に大量に摂取しても体内に蓄積できない分は排出されてしまいます。

しっかり美肌効果を発揮してもらうためにも、サプリメントを摂る際は1日数回に分けて飲むようにしましょう。

ビタミンCは健康維持に不可欠な栄養素!


ビタミンCは美容効果だけでなく、抗ストレス作用やガン予防など健康を維持するためにも不可欠な栄養素です。

ビタミンC不足を自覚している方は、すぐに食生活を見直し、十分なビタミンCを摂るよう心がけましょう!

7 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。