髪のハリ・コシのケアに必要な事は?【ボリュームアップの秘訣】

年を重ねるとどうしても髪のふんわり感が失われてしまうもの。

抜け毛が増えたり、髪が細く切れやすくなったり…と髪質の変化に戸惑っている人も少なくないのではないでしょうか。

残念ながら加齢とともに肌が衰えるのと同様、髪の衰えも避けることはできません。

ですがお手入れの仕方次第で老化スピードを遅らせることは可能です。

ということで今回は、若々しい髪をキープするために知っておきたいヘアケア情報についてまとめていきましょう♪

健康な髪は頭皮の状態で決まる!


ハリ・コシのある健康な髪を維持するためには、髪や頭皮に負担をかけないこと!

これが第一です。

髪や頭皮にダメージが与えられてしまっては、髪が脆くなるのも当然のこと。
では具体的にどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

まず最初に挙げられるのが、毎日のシャンプーです。

日々何気なく行っているシャンプー。
実はこのシャンプーの仕方が悪いと頭皮にダメージが加わり、健やかな髪が生えてこなくなってしまう場合があります。

ゴシゴシ頭皮を擦って洗うのはもちろんご法度。
シャンプーやコンディショナー、トリートメントなどのヘアケア剤のすすぎ残しも頭皮環境を悪化させハリ・コシを失う要因のひとつです。

また、熱すぎるお湯で洗髪するのも良くありません。
熱いお湯で洗顔すると乾燥しやすくなるように、頭皮も熱いお湯で洗ってしまうと乾燥しやすくなり、トラブルを起こしやすくなってしまいます。

他にも過度なブラッシングや力任せのタオルドライなど、頭皮や髪にダメージを与えるNG行為は意外と多くあります。

毎日行う洗髪こそ、頭皮や髪をいたわってあげることが大切◎

そしてカラーリングやパーマを頻繁にされている方も注意が必要です。

これらは頭皮だけでなく髪そのものにもダメージを与え、本来のコシ・ハリを奪い、とても脆い状態になってしまいます。

最近では、様々なメーカーからトリートメント成分が配合された“カラートリートメント”たる商品も販売されているので、ボリュームアップを目指している方は一度試してみると良いかもしれません。

髪をボリュームアップさせたいなら、正しいヘアケア法を身につけることが不可欠!

ボリュームアップのために育毛剤や育毛シャンプーを使うのも無駄ではありませんが、まずは正しい方法でケア出来ているかを見つめ直してみましょう◎

髪のボリュームアップにオススメのシャンプーとは?


効率的にハリ・コシをアップさせたい場合はシャンプーにこだわるのも一つの手段です。

というのも、市販されているシャンプーの多くは洗浄力の強い『高級アルコール系』と呼ばれる洗浄剤が使われています。

髪や頭皮が健康な方であればこのタイプの洗浄剤が使われているものを使っても特別問題はありませんが、髪・頭皮が弱っている方が使用すると、頭皮環境を悪化させてしまう場合があります。

頭皮の乾燥はあらゆるヘアトラブルの元凶。
頭皮が乾燥しにくく、負担が軽減できるシャンプーを選ぶことで、髪質の向上が期待できます◎

特にアミノ酸シャンプーは、その名の通りアミノ酸から作られた合成界面活性剤が使用されており、洗浄力がマイルドで薄毛や抜け毛、ハリ・コシ不足にお悩みの方にオススメ。

頭皮の痒みやフケが気になる方にもオススメです。

また、ノンシリコンシャンプーもハリ・コシUPが期待できます。

シリコンは指通りを良くしたり、滑らかな髪を演出するために配合されている成分なのですが、シリコンはしっとり感が強いため、人によっては髪がペタンとしてしまいます。

そのため軽やかなふんわりヘアに仕上げたい人はノンシリコンのシャンプーを選ぶのも良いでしょう◎
※アミノ酸シャンプーはノンシリコンのものが多い。

ただしノンシリコンシャンプーは、ヘアダメージが強い方にはやや不向きなので、ご自身の髪の状態に合ったものを選ぶようにしましょう。

育毛に役立つ食べ物&栄養素とは?

健やかな毛髪を育むためには食生活に気を配ることも大切!

無理なダイエットや栄養バランスが偏った生活を送っていると、たとえ20代でも抜け毛や薄毛、ハリ・コシ不足に悩まされることになってしまいます。

ということで、ここでは髪のハリ・コシUPに効果的な食べ物&栄養素についてまとめていきましょう♪

【髪のハリ・コシUP食材はコレ!】

<タンパク質>

毛髪の99%はこのタンパク質で形成されていると言われています。
そう、つまりタンパク質は“髪の素”となる重要な栄養素なのです。

ダイエット中の方はタンパク質を敬遠してしまいがちですが、それでは抜け毛や薄毛になりやすくなるのも当然のこと。

3食しっかりとタンパク質を補うようにしましょう◎

★タンパク質を多く含む食材

卵・肉類・魚類・牛乳やチーズ等の乳製品など
*ヘルシーな鶏ささみや鶏ムネなら罪悪感なく食べられますよ♪

<亜鉛>
亜鉛は髪の主成分であるケラチンの生成に不可欠な栄養素です。
亜鉛が不足するとケラチンの生成がスムーズに行われなくなり、髪が形成されない恐れがあるため、この栄養素もしっかりと補給しましょう。

★亜鉛を多く含む食材

牡蠣・アーモンド・カシューナッツ・たらこなど
*サプリメントで補うのも◎
亜鉛を摂りすぎると副作用が出てしまう場合があるので、上限摂取量には注意が必要です。

<ビタミン類>

ビタミンB群は食べ物に含まれるタンパク質の代謝に役立つ栄養素。
さらにビタミンB2とB6は皮脂分泌を抑える働きもあるため、脂性タイプの方は積極的に摂ると良いでしょう。

またビタミンEは抜け毛の原因となる過酸化脂質の生成を抑制し、これによって頭皮の血行を促進する作用が期待できます。

★ビタミンB、ビタミンEを多く含む食材

ビタミンB2:卵・うなぎ・レバー・納豆など
ビタミンB6:かつお・まぐろ・レバーなど
ビタミンE :アーモンド・アボカド・うなぎ・ごまなど

最後に…食べ物から摂取された栄養は、生命を維持するために必要な部位(内臓など)から順番に供給され、頭髪や爪など直接関係のない部分は後回しになると言われています。

十分な量を摂取しないと頭髪に栄養が行き渡らなくなる可能性がありますので、毎日の食事でしっかりと補っていくようにしましょう◎

女性ホルモンの減少も髪の衰えに影響する!

髪の衰えには女性ホルモンも大きく影響してきます。

というのも、女性ホルモンには『プロゲステロン(黄体ホルモン)』と『エストロゲン(卵胞ホルモン)』がありますが、プロゲステロンには育毛を維持するような働きがあり、エストロゲンには髪の成長を促す働きがあるのです。

出産を経験された方は、産後の抜け毛を体験されたかと思いますが、これはまさしくホルモンバランスの乱れによるもの。

産後の抜け毛はホルモンバランスが整えば自然と元に戻りますが、女性ホルモンの分泌が急激に減少する40代~50代は、育毛力もガクンと減少してしまうのです。

ですが、だからと言って諦める必要はありません◎

エストロゲンと似た作用を持つ“イソフラボン”。
エイジングケア成分としても有名なこの栄養素ですが、イソフラボンには女性ホルモンのバランスを整える作用があります。

イソフラボンは豆乳や豆腐、納豆といった調理要らずの大豆製品から手軽に摂ることができ、ヘルシーなのも有難いトコロ♪

比較的安価な食品が多いのも嬉しいポイントですね。

ちなみに…エストロゲンは、髪の成長を促すだけでなく、美肌の素とも言われるコラーゲンの産生を促す『美ホルモン』です。

育毛のためだけでなく、お肌のエイジングケアのためにもきちんとホルモンバランスを整えておきたいですね(^_-)-☆

*睡眠不足も女性ホルモンやエイジングケアの大敵!
育毛・美肌のためにしっかり睡眠をとりましょう。

頭皮ダメージを減らすことが育毛の第一歩!

頭皮は健康な髪を育むための“土台”です。

頭皮が健康な状態でなければ健康な髪も育たない、ということをしっかりと覚えておくようにしましょう◎

これまでに紹介したもの以外にも、紫外線や髪が濡れたまま寝る…など頭皮環境を悪化させる要因はいくつかあります。

これらのNG行為に身に覚えがある方は出来ることから改善していき、健康な毛髪作りに取り組んでくださいね(^_-)-☆